【シンガポールニュース】消費者のデジタルシフトで倉庫・物流の非PMET需要強まる

~The Straits Times 8月11日~

コロナ禍で消費者のデジタルシフトが加速するなか、倉庫・物流など特定のセクターでのPMET(専門職、マネージャー、エグゼクティブ、技術者)以外の人材の需要が強まっている。

Circuit Breaker明けの6月2日から7月末までに求人ポータルサイトFastJobsに求人情報を投稿した企業は3,000社で、Circuit Breaker中より87%増加した。

FastJobs社の統計によると、Circuit Breaker後は倉庫・物流分野が小売・ホスピタリティ分野を追い越し、求人案件でトップにたった。FastJobsのリム・フイシャンGMは、倉庫・物流分野の中小企業での雇用が活発化しているという。

人材紹介会社MCI Career Servicesのアンジェラ・アン氏は、倉庫・物流分野で業務プロセスが完全自動化されるまでには数年かかることから、今後数年間の持続的な労働力需要を予想。なかでも倉庫アシスタント、フォークリフト運転手、配達サービスなどの役割が求められるという。

PMET以外の求人では、月額給与(中央値)が1,500~2,250Sドルで、全て分野で100Sドル未満の変動がみられる。コロナ禍の市場では多くの企業で給与が削減されるなか、より積極的な求職者は柔軟で需要的な姿勢をみせている。