【シンガポールニュース】イノベーション指数、シンガポールは8位後退もアジアでトップ堅持

~The Straits Times 7月24日~

米コーネル大学とフランスの経営大学院インシアード、国連機関の1つである世界知的所有権機関(WIPO)が共同で発表した「2019年版グローバル・イノベーション・インデックス(GII)」でシンガポールは3つランクを下げ8位と後退したがアジアではトップを堅持した。

129カ国・地域を対象とした調査では、東南アジア8ヵ国全てが100以内にランクした。シンガポール以下は、マレーシア(35位)、ベトナム(42位)、タイ(43位)、フィリピン(54位)、ブルネイ(71位)、インドネシア(85位)、カンボジア(98位)と続いた。

インデックスは、知的財産出願率、モバイルアプリケーションの作成、教育支出などの80の指標に基づいて評価を行い順位付けを行っている。

シンガポールは政府の安定・効率、高等教育で高評価だったが、環境持続可能性、ビジネスの洗練度、外国からの直接投資の指標が下落した。