【シンガポールニュース】高糖度のパッケージ飲料の広告、全面的に禁止

~The Straits Times 10月10日~

シンガポール保健省は10日、糖度の非常に高いパッケージ飲料の広告を全面的に禁止すると発表した。こうした広告禁止はシンガポールで世界でで初めてとなる。

今回の発表では、広告規制だけでなく、糖分の中~高程度の飲料について、パッケージの前面に不健康であることを示すラベルの表示が求められることも明らかになった。

ラベルの表示の対象となるのは、ボトル、缶、パックに入っているインスタントドリンク、ソフトドリンク、ジュース、培養ミルクおよびヨーグルトドリンクなど。

今回の決定は2016年から開始している糖尿病の予防対策の一環。エドウィン・トン保健大臣は、これらの変更は、消費者がより多くの情報に基づいた選択を可能とすることと、製造業者に飲料の糖分を減らすよう促すことを目的としていると述べた。

保健省と健康促進委員会(HPB)は、昨年12月から8週間に渡って、(1)糖分・栄養情報のラベルの義務化、(2)広告規制の強化、(3)飲料メーカー、輸入業者への砂糖税課税、(4)糖分の高いパッケージ飲料の販売禁止、の4つの規制案について一般から意見を募った。

回答者4,000人のうち、84%がラベルの義務化を、71%が広告規制をそれぞれ支持した。回答結果から砂糖税導入と、糖分の高いパッケージ飲料の販売禁止についてはさらなる検討が必要だと判断された。

【シンガポールニュース】海外在住シンガポール人、保険料支払いの選択が可能

~Channel NewsAsia 9月30日~

シンガポール保健省(MOH)は30日、海外在住のシンガポール人に対して政府による医療保険MediShield Lifeの保険料を支払う義務はないと発表した。

海外に住むシンガポール人に対しては、MdiShield Lifeが適用されるが、海外に永住しているシンガポール人は保険料の支払いをするか否か選択できることになる。

ただし、保険料を支払わないことを選択したシンガポール人が帰国して生活する場合は、未払いだった保険料に利息を加えた額を支払う必要がある。

また、保険料支払いを止めていた海外在住シンガポール人がシンガポールでの治療を選択しMdiShield Lifeを利用した場合は、支払い停止期間が解除され、これまで未払いだった保険料に利息を加えた額を支払う必要も発生する。

【シンガポールニュース】ジカウィルスの国内感染者は258人に

~Channel NewsAsia 9月5日~

シンガポール保健省(MOH)と水資源環境省(NEA)は5日、共同声明で新たに16人がジカウィルスに感染したことを発表した。これでジカウィルスの国内感染者は258人になった。

新に感染が確認された16人のうち、11人の感染はアルジュネ・クレセント地区、シム・ドライブ地区、パイヤ・レバ・ウェイ地区、カラン・ウェイ地区との関連が確認されており、1人がジョーセン・ロード地区での感染が確認されている。残る1人の感染ルートは現在のところ明らかになっていない。

8月28日に41人の集団感染が確認されて以来、NEAは蚊が繁殖していないか側溝の中を調べる害虫駆除作業や殺虫剤散布を行ってきた。

NEAは前日、引き続きジカ熱の流行地域を中心に殺虫剤散布を行っており、蚊の繁殖が確認された共居住建物内63カ所を根絶したと発表したばかりだった。。

【シンガポールニュース】ジカ熱に41人が感染、渡航歴なし

~Channel NewsAsia 8月28日~

シンガポール保健省(MOH)は28日、41人がジカウィルスに感染したと発表した。感染者にジカ熱感染が深刻な中南米への渡航歴がないことから、国内で感染した疑いが強いと見られている。

感染者はアルジュネ・クレセントあるいはシム・ドライブ地区の居住者や外国人労働者。すでに34人は完治しており、残る7人はタン・トク・セン病院で治療を受けている。

前日、MOHと水資源環境省(NEA)はアルジュネ・クレセント在住の47歳マレーシア人女性がジカ熱に感染したと発表したばかり。MOHとNEAは、国内感染が拡大する恐れがあると警戒を強めた。

シンガポール大学病院によると、ジカウイルスへの感染が原因とされる小頭症の確立は1~10%。 MOHとNEAは、感染が確認された地区に仕事場や居住地がある妊婦に対して、細心の注意を払うよう呼び掛けた。

【シンガポールニュース】 販売店でのたばこ製品の陳列を禁止

~Channel NewsAsia 12月9日~

シンガポール保健省(MOH)は9日、2017年から販売店でのたばこ製品の陳列を禁止すると発表した。たばこの販売・広告に関する法律を国会に提出してからの実施となる。

販売店は、既存の収納ユニットをそのまま、あるいは改造してたばこ製品を保管する必要がある。販売店によっては、新規で収納ユニットを設ける必要がある。いずれの場合は収納ユニットは不透明なもので消費者から製品が見えないようにすることが義務付けられる。

MOHによると、たばこ製品の広告の誤用を防止する目的で、各販売店が使用できる価格リストが標準書式化される。

保健担当大臣アミー・コー氏は、管轄省は新しいガイドラインを理解してもらうための各販売店に働きかけていくとした上で、法案の改正により、禁煙者だけでなく禁煙しようと考えている喫煙者から少しでもたばこ製品が目立たないようになればいいと述べた。 同時に販売店側にも、たばこ製品販売の利便性が薄れ、販売数の減少や販売停止のきっかけになればと語った。

【シンガポールニュース】 西アフリカ3カ国からの来訪者にビザを取得を要求

~The Straits Times 11月04日~

シンガポール政府は11月5日から、エボラ出血熱が猛威をふるっている西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネ3カ国の国民に対し、ビザの取得を義務付ける。 エボラ出血熱の国内感染拡大を防ぐのが狙いだ。

これら3カ国の国民は、シンガポールに入国する際、出発地にかかわらずビザを取得する必要がある。 入国規制を設けることで、万が一の場合、入国者と接触した人物の特定が簡素化される。

シンガポールに入国する3カ国の国民は月に30人のペース。 シンガポール保健省は8月より、国内感染の水際対策を強化。

現時点では、ギニア、リベリア、シエラレオネ、コンゴ共和国、マリ共和国からの渡航者・帰国者に発熱の症状がみられた場合は、直接タントクセン病院に収容されることになっている。