【シンガポールニュース】7~9月期のGDP成長率は前年同期比2.2%増

~The Straits Times 11月22日~

7~9月期の国内総生産(GDP)成長率は前年同期比2.2%増と速報値(2.6%増)から下方修正された。

前年同期比ではアナリストによる事前予想2.4%も下回り、前期の4.1%から大きく減速した。一方、前期比では3%増となり4-6月期の1%増を上回った。

7~9月期は、金融・保険、製造、ビジネスサービスがの経済成長を牽引した。

シンガポール通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)は、2018年通年の経済成長率を3.0~3.5%とし、2019年は米中貿易摩擦の影響を受け1.5~3.5%の成長を予測した。

【シンガポールニュース】2018年通年の経済成長率、2.5~3.5%に据え置き

シンガポール通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)は13日、第2四半期の成長率を3.8%から3.9%に上方修正し、2018年通年の経済成長率を2.5~3.5%と据え置きした。

第2四半期の経済成長率は、上方修正されたものの前期比(季節調整済み)0.6%減と失速し、ロイター通信社の事前予想の4.1%を下回った。

ユーロ圏や日本などシンガポールの主要貿易市場の景気は下期に向かって減速すると予想されており、MTIはシンガポールの経済成長率も今後減速に向かうとみている。

また、米中による追加関税の応酬で貿易摩擦が長期化する恐れもあり、世界経済がより不透明な時代に突入する可能性があると警戒感を示した。

【シンガポールニュース】  7~9月期のGDP, 前年同期比4.6%増

~Channel NewsAsia 10月13日~

シンガポール通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)が13日に発表した7~9月期の国内総生産(GDP)成長率は速報値で前年同期比4.6%増だった。

GDPの大幅増は2014年第1四半期以来で、今年第2四半期の前年同月比2.9%やロイター通信社の事前予想3.8%を上回った。前期比でも事前予想の3.2%を大きく上回る6.3%増だった。

GDP成長をけん引したのは前年同期比15.5%と大きな伸びをみせた製造業で電子機器、バイオ、精密機器が好調を維持した。

GDPの3分の2を占めるサービス業も、金融、保険、小売・卸売、運輸・倉庫が堅調で前年同期比2.6%増だった。 一方、民間セクターが不調続きの建設業は6.3%減だった。

【シンガポールニュース】経済成長率予想、1~2%へ下方修正

~The Straits Times 5月12日~

シンガポール通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)は11日、通年の経済成長率予想を1~3%から1~2%に下方修正した。

MTIは英国のEU離脱(Brexit)と中国企業の債務増加によりが世界経済の先行きがより不透明になっているとし、経済減速に拍車がかかる可能性を示唆した。

シンガポールの第2四半期の経済成長率は前年同期比2.1増だったが、成長率は前期比0.3%増にとどまった。GDPの5分の1を占める製造業は電子部門と製薬部門が牽引して前期の0.5%減から1.1%と増加に転じたが、MTIは安定的な成長は堅持できないとみている。

また、製造業以外では主要産業のほとんどで成長率が減速し、サービスは第1四半期の1.7%増から1.4%増へ、建設も4%増から3.3%増へそれぞれ減少した。

下期の経済減速は避けられないとの見方が強く、OCBCエコノミストのセレーナ・リン氏は第3四半期以降はBrexitの影響などによる景気減速がみられ、景気後退につながる恐れを指摘した。リン氏は通年の経済成長率を1.8%と予想。

【シンガポールニュース】 インター校に通う生徒の79%が外国人

~Channel NewsAsia 4月5日~

4日、国会の質疑応答で、現地インターナショナル校に通う生徒46,500のうち36,900人が外国人居住者であることが明らかになった、

シンガポール通産省政務官ロウ・イェンリン氏が回答したもので、それによると今年1月末までの統計によると、シンガポールのインターナショナル校に通う生徒のうち79%が外国人で、16%は永住権保持者、5%がシンガポール国籍の市民であった。

ロウ氏は、外国企業による活発な経済活動や投資をするうえで、駐在員の子供向けの教育施設は重要な役割を果たしていることにも言及した。 また、同氏は、シンガポールの経済成長の側面からも、民間教育機関が需要の多様化に対応していると評価。

シンガポール経済開発局の年次報告でも、インターナショナル校に関する外国人駐在員や居住者の要求には対応しており、十分な教育施設が設けられていることも強調。

【シンガポールニュース】 2015年の経済成長は2.1%

~Channel NewsAsia 1月4日~

シンガポール通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)は4日、2015年通年の経済成長率(速報値)がプラス2.1%だったと発表。 政府による事前予想値のプラス2.0%。 民間エコノミストの事前予想値プラス1.9%で上回った。

2015年第4四半期の経済成長率は前年比2.0%増で、1.8%増だった第3四半期を上回った。また四半期別でも季節調整済みで前期比5.7%増と、プラス1.7%増だった第3四半期を大きく上回った。

DBS銀行エコノミストのアイヴァン・シャー氏は、2015年通年の経済成長率が事前予想を上回ったものの、この6年間でもっとも低い経済成長率であることを指摘。また、米FRBによる利上げによる資本逃避や中国経済減速による影響など引き続き不安要素が残ることにも言及した。

また、シャー氏は2016年の経済成長について、回復が見込まれるまでの最初の半年から9ヶ月までは低い水準で推移し、通年の経済成長率はプラス2.1%と予想した。

【シンガポールニュース】 11月の消費者物価指数は0.8%減

~Channel NewsAsia 12月23日~

シンガポール通貨金融庁(MAS)とシンガポール通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)は23日に発表した11月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比0.8%減だった。 CPI減速は13ヶ月連続となった。 自家用車両保有にかかわる経費と住居費を除くコア・インフレ率は0.2%だった。

11月のCPI減速は食品とサービスにかかわる経費減少が牽引。 食品は、生鮮品の価格や飲食店のメニュー価格がわずかの上昇でとどまり、前月の1.8%から1.6%に減少した。 また、11月に政府による医療援助MediShield Lifeの開始によりヘルスケアのコストが下がったことで、サービス全般が前月0.8%から0.7%に微減。 

一方、航空券価格は下がったが、海外旅行の経費は上昇した。 また、住宅賃借費は賃貸市場の低迷が続き前月同様3.0%減と横ばいで推移。 運輸経費は、前月の2.3%減から1.7%減に落ち着いた。 MASとMTIは、1年前と比べ燃料費が高くなったことが主因だと分析。

より生活実感に近いコア・インフレ率が0.2%減となったことについて、MASとMTIは食品とサービスにかかわる経費減少が影響した主因だと分析した。

【シンガポールニュース】 7~9月期GDP,速報値で前年同期比1.4%

~Channel NewsAsia 10月14日~

シンガポール通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)が14日に発表した7~9月期の国内総生産(GDP)成長率は速報値で前年同期比1.4%で、4~6月期の成長率2.0%から減速した。

四半期ベースでは、7~9月期のGDPが前期比0.1%増と予想の0.1%減を上回ったことで、テクニカル・リセッションを回避した。

製造は前年同期比6.0%減。 電子製品、医薬品、船舶構造物の製造生産高が大きく落ち込んだことが主因となった。MTIによると、四半期ベースでは前期の17.4%減に続いて3.6%落ち込んだ。

建設は前期2.0%から1.6%に減速。民間住宅等の建築の低迷が響いた。四半期ベースでは前期の12.4%増から0.8%減とマイナスに転じた。サービスも前期3.6%から3.0%に減速。卸売り・小売り、金融、保険が伸び悩んだ。

【シンガポールニュース】 7~9月期の国内総生産(GDP)成長率は2.8%

~The Straits Times 11月26日~

シンガポール通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)が25日に発表した7~9月期の国内総生産(GDP)成長率は速報値の2.4%を上回る2.8%だった。

金融・保険、製造が好調で、特に非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比1.1%増となり、2012年以来はじめてプラスに転じた。

しかしながら通年の成長率は前年の3.9%を下回る3%と予想。また、2015年通年のGDP成長率については、2~4%内に落ち着くとみている。第4四半期のGDP成長を牽引している製造、運輸に対しても、前年同期比で下回ると予想。

2015年の世界経済情勢については、米国経済の回復に期待が持てるものの、ユーロ圏は懸念されるデフレにより回復は見込めないとしている。また中国経済に関しては、成長率は引き続き低く推移すると予想。

【シンガポールニュース】 1~3月期のGDP成長率は前年同期比4.9%

シンガポール通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)は20日に発表した1~3月期の国内総生産(GDP)成長率は前年同期比4.9%で、前期比では2.3%と市場予想を上回った。

産業別では、製造がバイオ医療・化学薬品の生産増により前年同期比9.4%、前期比で7%とけん引した。建築は前年同期比6.7%だったが、民間の建築プロジェクトが下火になったことで前期比では7%減速した。金融・保険では前年同期比5.4%だったが前期比は10.5%減速。 ビジネスサービスも前年同期比で3.4%だったが、不動産市場の低迷で前期比は1.3%にとどまった。

今後の見通しとして、MTIは、アメリカ市場、ユーロ圏市場の回復により、これら主要市場でシンガポール製品の需要が高まるものと期待。一方で、中国は金融引き締め策により成長率が鈍化し、アセアンは国内需要の高まりにより市場が回復すると予想。

2014年通年のGDP成長率について、MTIはこれまでどおり、2~4%内に落ち着くとみている。