【東南アジア市場編】 タトゥーと入浴規制について

★訪日外国人の観光誘致を考える Vol.13

正直、東南アジアからの訪日客に同行していてもあまり感じないが、温泉を観光目的として日本にやってくる外国人観光客が増加傾向にあるそうだ。そんな中、タトゥー問題で頭を抱える温泉地が多いという。

8月6日付け産経ニュース(ウェブ)でも、【日本の議論】のなかで、タトゥーのある外国人観光客に対する温泉施設の苦悩ぶりや今後の対処法について意見が述べられていて非常に興味深い。個人的には、明確な情報さえ提供していれば、入浴を拒否するところ、許可するところそれぞれあっていいと思っている。

この記事でも紹介されているが、「タトゥースポット」というウェブサイトをのぞくと、タトゥーがあっても利用できる温泉・銭湯・サウナなどは意外と多いと感じる。現時点で、204の温泉施設や580を超える銭湯の情報が提供されている。

一方で、苦肉の策として、タトゥーをテープで覆い隠せば入浴を認めるという旅館やホテルもあるようだが、いっそうのこと入浴を拒否してもいいのではないかと思ってしまう。街角で見かける体の広範囲がカラフルな若者を見ていると、隠すのにも限界があるような気がしてならない。 

タトゥーをいれている華人系シンガポール人/マレーシア人は多い。タトゥーをファッション感覚でいれているのであれば、そのファッション性を疑わずにはいられないようなカラフルなものも目立つ。幼い顔をしているのに体中が刺青だらけの若者を見かけることも、ここシンガポールでは珍しくなくなった。常夏の国の服装のせいか、むしろ目立つほどだ。

こうした華人系シンガポール人/マレーシア人が日本で温泉を楽しみたいというのなら、残念ながら日本語表示しかないウェブサイトだが、「タトゥースポット」でがんばって情報を収集してもらいたい。

日本への温泉旅行を計画している家内の姪が、一緒に旅行する同僚の何人かがタトゥーを入れているというので、「タトゥースポット」を紹介してやった。どうしても皆で温泉を楽しみたいという彼女から、ちょくちょく翻訳の依頼がある。

日本語のわからないシンガポール人の姪に翻訳料でも請求してやろうか? それともこのウェブサイトの管理人に外国語表示の設定を提案してみようか?

*KAMO CONSULTANCYは東南アジア諸国からの旅行者が求める旅程を考案するインバウンドコンサルタントです