【シンガポールニュース】11月のチャンギ空港利用者数は540万人

~The Straits Times 12月21日~

チャンギエアポートグループ(CAG)が21日に発表した統計によると、11月のチャンギ空港利用者数は前年同月比4.5%増の540万人だった。交通量は2.3%増え31,910便、航空貨物の取扱量は前年同月と変わらず189,000トンだった。

11月はインドーシンガポール間の利用者数が15%増と大きく伸び、主要市場10ヵ国への往来利用者数増加を牽引した。11月は主要市場10ヵ国全てで利用客数が前年同月比で上回り、インドの他、ドイツ(30%)、アメリカ(22%)、ニュージーランド(17%)2桁の伸びとなった。

インドーシンガポール間では、11月16日から12月15日までにIndiGo Airlinesによるヴィジャヤワーダ行きとJet Airwaysによるプネー行きの直行便(週2便)サービスが始まったほか、Jet Airwaysはデリーとムンバイへの直行便を週7便に変更した。

CAGによると、12月1日現在、チャンギ空港では100社以上の航空会社が運航しており、シンガポールと世界中の約100の国と地域の約400の都市を結んでいる。

【シンガポールニュース】セレター空港の新旅客ターミナルが年内に開業

~Channel NewsAsia 7月4日~

チャンギエアポートグループ(CAG)はセレター空港の新旅客ターミナルを年内に開業すると発表。

8,000万Sドルの総工費が費やされた2階建てのターミナルは、総敷地面積が10,000平方メール。年間旅客処理能力が70万人と2016年時の6倍以上となる。

出発ロビーには4つのチェックインカウンター、6つの出国レーン、2つの身体検査ゾーンが設置され、搭乗する200人を収容できる待合スペースが完備される。

また、ビジネスジェットやプライベートジェットを利用する旅客のためのSeletar Business Aviation Centreと呼ばれるプライベートチェックインエリアも設けられる。

同空港のコー・スウリン副所長は、今後は運航便数が増加することが予想されるが、処理能力としては十分の規模だと述べた。

【シンガポールニュース】4月のチャンギ空港利用者数は前年同月比5.1%増の543万人

~Channel NewsAsia 5月25日~

チャンギエアポートグループ(CAG)が25日に発表した統計によると、4月のチャンギ空港利用者数は前年同月比5.1%増の543万人だった。

4月はロンドンとミュンヘンを結ぶ新たな直行便が就航したことで、欧州の利用客数が前年同月13%増と伸びた。

その他市場別では、インドやスリランカをはじめ中国、日本、ベトナムの利用客数が増加した。

CAGによると4月はオーストラリアとインドへの連結網が強化された。シンガポール航空はシドニーへのフライト数を週33便から35便へ、また週3便だったキャンベラへのフライトを1日1便とした。さらにアーメダバードへのフライトを週5便に増やした。

交通量は前年同月比4.6%増の31,990便で、航空貨物の取扱量も4.5%増の179,410トンだった。

【シンガポールニュース】1月のチャンギ空港利用者数は530万人

~Channel NewsAsia 2月26日~

チャンギエアポートグループ(CAG)が26日に発表した統計によると、1月のチャンギ空港利用者数は前年同月比0.9%増の530万人だった。

昨年は1月28日、29日の春節が利用者数増加の要因となったが、今年は旧正月が2月にあり、利用者数の増加率も穏やかとなった。

主要市場10ヵ国のうちでは、日本、インド、タイの利用客数が前年同月比でそれぞれ11%、9%、9%と伸びた。バンコク、チェンナイ、ロンドンへの往来による利用者はそれぞれ8%増えた。また、JC(Cambodia)International AirlineとIndonesia AirAsiaの就航も利用者数増加の要因となった。

交通量は前年同月比2.8%増の32,490便で、航空貨物の取扱量も10.7%増の175,590トンだった。

【シンガポールニュース】 10月のチャンギ空港利用者, 前年同月比8.1%増

~Channel NewsAsia 11月23日~

チャンギエアポートグループ(CAG)が23日に発表した統計によると、10月のチャンギ空港利用者数は前年同月比8.1%増の516万人だった。

主要市場10ヵ国のうち、特に中国、インド、タイ、ベトナムからの利用客が大きく伸びた。また、バンコク、広州、ペナン、プーケット、台北の主要都市への往来で利用者数が2桁増加した。

1~10月までのチャンギ空港利用者数も5,120万人となり、2017年通年の利用者数も初めて6,000万人に達するものと予想される。

10月は交通量が3.7%増の31,730便で、航空貨物の取扱量も185,830トンとなり前年同月比でそれぞれ3.7%、5%増加した。

【シンガポールニュース】 7月のチャンギ空港利用者は前年同月比4.5%増で542万人

~Channel NewsAsia 8月28日~

チャンギエアポートグループ(CAG)が28日に発表した統計によると、7月のチャンギ空港利用者は前年同月比4.5%増で542万人だった。

主要市場20ヵ国のうち、米国、ドイツ、利用者が大きく増加したのは米国、ドイツ、インド、UAE。 このうちインドは16%増で7ヵ月連続の2桁成長を記録したほか、米国、ドイツ、UAEからの利用者2桁増となった。

交通量は3.6%増の31,910便だった。 航空貨物の取扱量も11.2%伸び179,550トンを記録した。

CAGによると、チャンギ空港で運営する航空会社は100社を超え、90ヵ国・地域の380都市が同空港と就航している。

【シンガポールニュース】 ANA、チャンギ空港でフードコートを開業

~Channel NewsAsia 8月17日~

チャンギエアポートグループ(CAG)は17日、全日本空輸株式会社(ANA)がチャンギ空港内に日本食をテーマにしたフードコートを開業すると発表。

フードコートの名称は“Japan Gourmet Hall Sora”で、11月に第2ターミナル3階で開業される。

敷地面積721平方メートルで座席数は300。CAGによると、チャンギ空港内でもっとも広い飲食スペースをもつフードコートには日本の有名飲食店が複数入居する。

フードコートはANAと地場系貨物輸送業Kormas Groupの合弁会社が運営。ANAによる投資額は2億2,000万円。

【シンガポールニュース】 チャンギ空港ターミナル4、建設工事が完了

~Channel NewsAsia 12月16日~

チャンギエアポートグループ(CAG)は16日、2014年に開始したターミナル4(T4)の建設工事が完了したことを発表した。 今後は内装やテナントを設置し、運営のための準備に取り掛かり、2017年下期に開業する。

工事が完了したのは2階建ての乗客ターミナルで、それぞれに駐車場、タクシー乗り場、ターミナルビルへの連絡橋が設けられている。また、68メートルのコントロールタワーも完成した。

T4ではFast Check-inと呼ばれるシステムを導入。 チェックイン、手荷物へのタグ付け、手荷物預け作業などのセルフサービス化し、搭乗手続きにおける空港側の人員の削減と乗客の待ち時間短縮を実現する。 乗客の本人確認には目視ではなく顔認証を採用することも2015年に発表済み。

同ターミナルを発着するのは、現時点ではキャセイパシフィック航空、ベトナム航空、大韓航空、エアアジアグループ。

【シンガポールニュース】 ハローキティカフェ、チャンギ空港にオープン

~Channel NewsAsia 5月11日~

世界ではじめてとなる24時間営業のハローキティ・カフェが、12日にチャンギ空港第3ターミナルの到着ロビーで開業する。 運営はABR Holdings。

店内は、デコレーションや食器がサンリオの人気キャラクターであるハローキティーを題材としているのと同時に、シンガポールの国花である蘭の花で彩られている。

店内の小売りコーナーでは、シンガポール限定品であるブレンド茶、マスコット人形、はがきなどのハローキティー関連商品が並ぶ。 

メニューでもソウルやバンコクで営業されているハローキティ・カフェとの差別化を図るため、シンガポールならではの牛肉料理が提供される。 また、来週からはハラルメニューも加わる予定となっている。

チャンギエアポートグループ(CAG)は、ハローキティ・カフェの食事や店の雰囲気は、空港来場者を魅了すると期待を寄せる。また、外国人観光客に対しても、シンガポールを出国する前に立ち寄って欲しいとアピールした。

【シンガポールニュース】 チャンギ空港T5、総面積はVivoCityの10倍

~The Straits Times 6月30日~

The Straits Timesの独占インタビューで、チャンギエアポートグループ(CAG)のリウ・ムンリョン会長は、10年後に開業予定のチャンギ空港第5ターミナル(T5)の総面積が、国内最大のショッピングモールの約10倍にの広さになることを明らかにした。

T5は総面積は1000万平方フィートで5階建てとなり、すでに総工費数10億Sドルの資金調達について議論されている。

リウ氏は、地場系大手不動産会社CapitaLandの元会長であり、同社が建設した国内最大のショッピングモールであるVivoCityを引き合いにして、T5の規模を説明した。

予定では、T5の年間旅客処理能力は5,000万人とされ、完成すると2014年の年間旅客数とほぼ同等の処理が可能となりそうだ。

このところ、香港、韓国、中東において空港の規模が拡大されており、アナリストによれば、これらライバル空港に対して、アジアのハブ・世界の玄関口としての競争力を高める意味でも、チャンギ空港の旅客処理能力を拡大することは必要不可欠といわれている。