【シンガポールニュース】4月の製造業生産高、予想に反して0.1%増加

~The Straits Times 5月24日~

4月の製造業生産高は前年同月比0.1%増と事前の予想に反して小幅回復をみせた。ブルームバーグは3月の4.3%減に続き、3.5%減と予想していた。

シンガポール経済開発局(EDB)が24日に公表した統計によると、4月はバイオ医療部門の押し上げと半導体の回復が小幅回復の要因となった。バイオ医療部門を除いた製造業生産高は前年同月比2.1%減だった。

増加率が最も高かったバイオ医療部門は前年同月比で11.2%増加。輸出需要が続いた医療技術関連が12%増と堅調だったのに加え、特生物学的製品が好調だった医薬分野が10.9%増と牽引した。

3月に15.1%減と大きく落ち込んだ電子機器部門は、0.6%減にとどまった。半導体が3月の16.2%減から0.3%増とプラスに転じたことが電子機器部門を押し上げた。

【シンガポールニュース】 10月の製造生産高は前年同月比で6.7%増加

~Channel NewsAsia 11月25日~

シンガポール経済開発局(EDB)が26日に公表した統計によると、10月の製造生産高は前年同月比で6.7%増加した。 変動の大きいバイオ医療部門を除いた製造生産高は1.4%減だった。

10月は輸送エンジニアリング部門で減少したものの電子機器部門とバイオ医療部門が好調だった。電子機器部門は半導体が41.7%増と牽引し、前年同月比24.6%増だった。バイオ医療部門は医薬品(12.4%増)、医療技術関連(8.2%増)が牽引し、11.3%増加した。

製造生産高の増加率は前月6.7%から鈍化は、輸送エンジニアリング部門の他に一般製造部門と化学部門が減少したことが要因。輸送エンジニアリング部門では陸上用と航空用で増加したものの海洋用が大きく落ち込み26.9%減となった。

10月の製造生産高は前月比(季節調整済み)0.1%減。バイオ医療部門を除いた製造生産高は1.9%減だった。

【シンガポールニュース】製造生産高、9月は6.7%増加

~Channel NewsAsia 10月26日~

シンガポール経済開発局(EDB)が26日に公表した統計によると、9月の製造生産高は前年同月比で6.7%増加した。 変動の大きいバイオ医療部門を除いた製造生産高は3.5%増だった。

バイオ医療部門は、医薬品(26.9%増)、医療技術関連(9.6%増)が牽引し、22.2%増加した。

その他主要部門では、電子機器部門が半導体が34.8%増と好調だったものの、それ他生産高の伸びず15.9%増にとどまった。また、部門別では輸送エンジニアリングが唯一生産高が減少し、前年同月比18.9%減だった。

9月の製造生産高は前月比(季節調整済み)3.3%増。バイオ医療部門を除いた製造生産高は0.9%増だった。

【シンガポールニュース】 11月の製造生産高、5.5%減少

~Channel NewsAsia 12月24日~

シンガポール経済開発局(EDB)が24日に公表した統計によると、11月の製造生産高は前年同月比で5.5%減少した。 変動の大きいバイオ医療部門を除いた製造生産高は6.4%減だった。

主要6部門で製造生産高では、輸送エンジニアリング部門が11.2%、電子部門で11.1%と大きく落ち込んだのをはじめ、精密エンジニアリング部門と一般製造部門がともに4.3%、バイオ医療部門が1.3%それぞれ減少した。

一方、化学部門は石油製品(+20.9%)と石油化学薬品(+12.2%)がが牽引し、全体で11.6%増加した。

製造生産高は10ヶ月連続の減少。 11月は前月比(季節調整済み)3.6%減。バイオ医療部門を除いた製造生産高は1.0%減だった。

【シンガポールニュース】 1月の製造生産高、エコノミスト予想を大きく下回る

~The Straits Times 2月27日~

シンガポール経済開発局(EDB)が26日に公表した統計によると、1月の製造生産高は2ヵ月連続減少から増加に転じたが、エコノミスト予想を大きく下回った。

製造生産高のエコノミストによる事前予想は前年同期比3.3%増だったが、0.9%にとどまった。変動の激しいバイオ医療部門を除けば生産高は横ばいだった。

主要6部門のうち、生産高が伸びたのはバイオ医療と精密エンジニアリングの2部門。輸送エンジニアリング部門は前年比2.2%減で、生産高が予想より大きく下回った主因となった。

1月の製造生産高は、季節調整済みで前月より4.7%減少しており、Citigroupのエコノミスト、キット・ウェイツェン氏は、好調な輸出にもかかわらず経済が減速していると受け止め、在庫調整がはじまっているのではと分析している。

【シンガポールニュース】 8月の製造生産高、21.7%増加

シンガポール経済開発局(EDB)が26日に公表した統計によると、8月の製造生産高は前年同期比で21.7%増加し、エコノミストの事前予想(11.2%増)を上回った。

生産高増加をけん引したのはバイオ医療。前年同期比で145.8%増と大きく伸びた。その他産業別では、精密エンジニアリング部門が4.1%増、輸送エンジニアリング部が1.2%増に留まり、電子機器、化学部門はそれぞれ21.9%減、1.4%減と落ち込んだ。

バイオ医療部門の数値を含まない場合の生産高は、電子機器、化学部門の落ち込みがひびき、前年同期比で10.5%減、前月比でも4.7%減と減速傾向にある。

しかしながら、バイオ医療の8月の躍進により、Barclays Capital, Credit Suisse, United Overseas Bankのエコノミストらは、2四半期連続で経済成長率が前年同期比で下回る自律的景気後退(techinical recession)を辛うじて回避できる可能性を示唆した。

【シンガポールニュース】 製造業生産高、7月は12.4%増

8月26日に、経済開発庁(EDB)が発表した7月の製造業生産高は、前年同月比で12.4%増加し、昨年3月以来の大幅な成長となった。 

製造業生産高は、4月は微増(0.7%増)であったものの7カ月ぶりにプラスに転じ、5月も2.2%増と伸びを示した。6月は9.0%減に落ち込んだが、7月は前月比(季節調整済み)23.0%増となり、大幅に改善した。

7月の生産高上昇の最も大きな要因は医薬品で、139.2%増と大きく躍進。医薬品を含めたバイオ医療産業を除くと、生産高は7.4%の減少であった。

その他、おもな部門の生産高(前年同月比)は、

電子機器 -5.6%
化学部門 -2.3%
石油部門 +17.6%
運輸エンジニアリング -10.2%

大幅に生産高を伸ばした石油部門以外は、減少幅が小さくなり、全体的に回復の兆しがうかがえる結果であった。第3四半期の経済成長率も上昇すると期待が高まっている。