【シンガポール】 ホテルの宿泊料金

KAMOBSこぼれ話 Vol.120

円安が続くなか、来星する日本人ビジネスマンにとって、ホテル代は重くのしかかる。初めてのシンガポール出張を前に、クライアントからバジェット内で宿泊できるホテルについて質問を受けることも少なくない。

ほとんどの場合、事前にホテル代についてはネットで調べてきているようだが、その宿泊代に見合ったホテルなのかどうか、現地在住の者からの情報をもとに判断したいのだろう。心配性の方からは、ホテル周辺の治安についても聞かれることがある。

ホテルからの交通アクセスをはじめとした利便性や滞在時の訪問先、また、その他クライアントからの要望などを考慮すると、宿泊可能なホテルがほぼ限定される。こうしたホテルの情報をもとにクライアントが宿泊先を決める。

なかには、もう少しグレードの高いホテルに滞在したいということで、バジェットを見直すクライアントもいるが、ほとんどのケースはすんなり決まる。

現地シンガポールで初めてお目にかかる出張者が、シンガポールのホテル代について言及することは珍しくない。周辺諸国と比較して、ここのホテル代がいかに異常なのか強調される方もいるが、わからなくもない。

愚痴っぽく聞こえるかもしれないがと前置きした上で、来星前に訪れたベトナムのホーチミンでは、1泊50Sドルぐらいで高級ホテルに宿泊できたという出張者。シンガポールでは1泊の料金が3倍以上する“安め”のホテルに明日まで滞在するらしい。

一方、こちらは今月17日から日本に出張へ。ホテルは既に予約済みだ。宿泊料金がそれほど気にならないのは、シンガポールのホテル代を知っているからかもしれない。 

昨年の出張時と同じホテルに滞在するが、円安のせいもあり、少しだけホテル代が安く感じる。