【シンガポールニュース】ホテル業界活況、米中首脳会談や映画で注目

~The Straits Times 12月19日~

ホテル業界が活況を呈しており、2019年にかけて上昇気運が続きそうだ。今年は6月に米朝首脳会談が開催されたことや、米国のロマンチック・コメディー映画「Crazy Rich Asians」の舞台になったことで大きく注目された。

不動産サービスのCushman & Wakefieldによると、今年10月までの客室稼働率は平均で87%に達し、過去10年で最高となった。10月の客室1室あたりの売上げは前年同月比4%増の190.40Sドル(約15,600円)だった。

OCBC Investment Researchは、10-12月期から2019年にかけて、客室1室あたりの売上げが大きく伸びると期待し、シンガポールのホテル不動産投資信託をニュートラルからオーバーウェイトに格上げした。

映画「Crazy Rich Asians」はマリーナベイ・サンズやラッフルズ・ホテルが映され、宣伝効果を生み出した。

【シンガポールニュース】 F1開催で、レースコース周辺のホテルは満室

~The Straits Times 9月18日~

18日から開催されるF1シンガポールGPで、金曜日からの3日間は、レースコース周辺のホテルが満室となりそうだ。 

煙害で大気汚染指数(PSI)が不健康値を超える日が続いていたが、F1シンガポールGPのスポンサーであるシンガポール航空(SIA)が15日にレースを予定通り開催すると発表したことを受け、ホテル予約のキャンセルなども発生していないという。

特にレースコースとなるマリーナベイ・ストリート周辺では、パン・パシフィック、マリーナ・マンダリン、リッツ・カールトン、ミレニア・シンガポールなどで満室が予想される。

790客室を有するパン・パシフィックホテルでは、煙害による予約キャンセルはないものの、宿泊客の健康をまもるためN95マスクを配布したり、PSIが150を超えた場合には野外プールを閉鎖するなど対策を講じるという。575客室を有するマリーナ・マンダリンでは、煙害にも関わらず、団体や企業による予約が過去2年より上回ったようだ。

1,261客室のスイソテル・ザ・スタンフォードと769客室を有するフェアモント・シンガポールでは、昨年と同じような予約状況で、レースが観戦できる客室の宿泊料はともに1泊1,450Sドル以上で設定された。

F1シンガポールGP開催中は、マリーナベイ・ストリート周辺以外のホテル予約も難しくなっており、スコッツロードのロイヤル・スコッツやオレンジ・グローブ・ロードのシャングリラホテルなどはすでに予約で満室だという。

【シンガポールニュース】 ホテル客室不足が深刻化、ホテル用地確保は必至

~The Straits Times 5月26日~

不動産コンサルタントChesterton Singaporeは、ホテル建設用の土地が確保できなければ、数年のうちにホテル客室不足が深刻化すると警鐘を鳴らしている。

Chesterton Singaporeが26日公表した報告書によると、この4年間の来訪者数が前年比で年7%増加すると想定した場合、国内のホテル利用率は4年後に現在の80%から91%に上昇する。

同社チー・ホクイエン取締役は、報告書のなかで、政府が政策を見直し、一刻も早く国有地をホテル用に売却することを強く提案した。

ホテル客室供給の不足を理由に、今後、シンガポールのホテル宿泊料金は引き上げられることが予想される。すでに、国内のホテル宿泊料はアジアで最も高い水準となっている。

【シンガポールニュース】 ゴミの廃棄、報告書提出を義務付け

~The Straits Times 4月29日~

環境・水資源省(NEA)は、ショッピングモールとホテルにゴミの廃棄についての報告書提出を義務づける。

対象となるのは200客室以上のホテルと、賃貸スペースが5万平方フィート以上のショッピングモールで、報告書には項目別にゴミの廃棄量、再生・再利用量を明記する必要がある。報告書はゴミ削減計画書とともに来年3月までに提出しなければならない。

シンガポールではゴミの量が増加傾向にあり、2013年は前年比約8%増の785万トンに達した。今回の決定は、企業側にゴミ管理の意識を高めてもらうことが目的。NEAは提出された報告書をもとに、最優良事例を紹介し、企業とゴミ管理の改善を図る。

2013年は食品ゴミだけで796,000トンが廃棄。2007年からの増加率は42.4%増で、同期間の人口増加率を大きく上回った。

【シンガポールニュース】 ホテル宿泊料が上昇

来訪者数の増加により、ホテルの宿泊料金が上昇している。

国際的なイベントが開催される度に、海外から来訪者が押し寄せ、ホテルの予約も難しい状況となる。2月はシンガポール航空 ショー (Singapore Air Show 2012)の開催で、滞在日数が比較的長い来訪者が増加し、ホテルの平均宿泊料金が過去4年で最も高い273.70シンガポール・ドル(以下、Sドル)に達した。

シンガポール旅行代理店協会(NATAS)のロバート・クー事務局長は、ホテル宿泊料金は今後さらに高くなり、平均宿泊料金は270Sドル以上になることを予想。業界関係者は新しく開業するホテルは客室が比較的少なめで、政府がホテル建築用地として土地を分譲する時期に来ていると指摘。

ホテル宿泊料は旅行先を決定する要因の一つとされ、シンガポール国内のホテル宿泊料の高騰により、旅行者が隣国のマレーシアやタイに矛先を変えてしまうのではないかと懸念する声が上がっている。