【シンガポールニュース】JB-シンガポール間の高速鉄道建設決定を歓迎

~CNA 10月31日~

シンガポール政府は31日、シンガポールとマレーシア・ジョホーバル州を結ぶ高速鉄道(RTS LINK)建設を進めるとしたマレーシア政府の決定を歓迎した。

前日、マレーシアのマハティール・モハマド首相が記者会見で、RTS LINKプロジェクトはコストを約3分の1削減して進めると述べた。同首相はプロジェクトの費用を31.6億RM(10.3億シンガポールドル)と見積もっていると述べた。これは当初の17億7000万RMより4.99億RM(36%)少ない。

昨年1月、両国はRTS LINKの2024年末までの完成を目指す最終合意に署名したが、マハティール政権発足後の昨年5月、マレーシア側の要請があり今年9月30日までのプロジェクト中断を発表。マレーシア側が既に発生した60万Sドルを負担することを条件として中断が合意された。9月には10月末まで、追加費用なしでプロジェクトの中断が1ヵ月間延期されることで合意。

シンガポール運輸省(MOT)は、マレーシア側からのコスト削減提案について更なる情報を要求している段階だが、コスト削減によるプロジェクト変更にはRTS LINKの契約の修正が必要となるため、両国が議論して懸命に取り組んでいると述べた。

RTS LINKは1時間に片道10,000人を輸送することから、1日のラッシュアワー時に60,000人のスムーズな両国間往来を可能にすると期待されている。

【シンガポールニュース】リー首相、マレーシア新政権との建設的な関係維持を希望

~Channel NewsAsia 5月10日~

マレーシアの政権交代を受け、リー・シェンロン首相は10日、自身のFacebookでマレーシア希望同盟(PH)の勝利を祝うとともに、「新政権とはこれまでと同じように建設的な関係を築きたい」投稿した。

リー首相は、総選挙の結果をマレーシアの政治体制に変革をもたらすものとしたうえで、隣国として同国の安定と繁栄に高い関心をもっているとコメントした。

5月9日に投開票が行われた総選挙でマハティール・モハマド会長(元首相)が率いるマレーシア希望同盟(PH)が前ナジブ政権に勝利。マハティール氏は10日に第7代首相に就任し、経済の安定を優先し、選挙公約を実現していくことを改めて約束した。