神戸マイスター佐野シェフ、マジパン実演で買い物客を魅了

高島屋シンガポールで開催中の「ジャパン・フェア」に神戸マイスターの佐野靖夫シェフが参加し、週末の12日、13日にマジパンの実演販売を行った。

佐野シェフは神戸で人気のスイーツ店「レーブドゥシェフ」のオーナーシェフ。「ジャパン・フェア」で同スイーツ店の商品が販売されるのを機に初来星し、熟練したスキルを披露した。

予定されていた実演は1日30分ほどのセッション3回だったが、買い物客からのリクエストにも応じ、1回1時間を上回るセッションに。神戸マイスターの手から生み出されるマジパンキャラクターは多くの買い物客を魅了した。

「子供たちからの熱い視線を感じ、30分では終われなかった」と佐野シェフ。2日間のみの実演だったが、今回のジャパン・フェアでもっとも高い集客力を見せつけた。

佐野シェフは1981年に神戸・垂水に「レーブドゥシェフ」をオープン。見た目の重要性だけでなく素材の味わいも大切にしながら洋菓子作りに取り組んでいる人気シェフ。

【シンガポールニュース】神戸マイスター、シンガポールでマジパンの実演・販売

DSC_0707高島屋シンガポールで開催中の「ジャパン・フェア」に神戸マイスターの佐野靖夫シェフが参加し、週末の12日、13日にマジパンの実演販売を行った。

佐野シェフは神戸で人気のスイーツ店「レーブドゥシェフ」のオーナーシェフ。「ジャパン・フェア」で同スイーツ店の商品が販売されるのを機に初来星し、熟練したスキルを披露した。

予定されていた実演は1日30分ほどのセッション3回だったが、買い物客からのリクエストDSC_0742にも応じ、1回1時間を上回るセッションに。神戸マイスターの手から生み出されるマジパンキャラクターは多くの買い物客を魅了した。

「子供たちからの熱い視線を感じ、30分では終われなかった」と佐野シェフ。2日間のみの実演だったが、今回のジャパン・フェアでもっとも高い集客力を見せつけた。

佐野シェフは1981年に神戸・垂水に「レーブドゥシェフ」をオープン。見た目の重要性だけでなく素材の味わいも大切にしながら洋菓子作りに取り組んでいる人気シェフ。