【シンガポールニュース】3月の賃貸料、民間住宅・公営住宅ともにわずかながら上昇

~The Straits Times 4月10日~

不動産ポータルSRXが10日に発表した最新の統計によると、3月は民間住宅(アパート、コンドミニアム)と公営住宅の賃貸料がわずかながら上昇した。 

土地なし民間住宅の賃貸料は前月比で0.3%上昇した。 前年同月比では1.5%の上昇だったが、ピーク時だった2013年1月との比較ではマイナス17.7%と大きく落ち込んだ。 公営住宅は前月比0.2%の上昇だった。

不動産コンサルタント会社OrangeTee&Tieのクリスティーン・サン氏によると、3月の賃貸物件の契約件数は民間住宅、公営住宅ともに増加。契約件数はコンドミニアムで前月比41.4%増、公営住宅で58.3%増と大幅に増加した。

サン氏は、「賃貸契約の件数が増加したのは、季節変動による取引の増加が主因であるとし、 不動産取引が低迷する旧正月期間が2月だったことを説明した。

過去の統計からも3月は賃貸物件の契約件数が多い月の一つ。2016年から2018年の3月は年間で2番目か3番目に契約件数が多かった。

【シンガポールニュース】公営住宅中古物件の売買戸数、1月は前月比8.8%増

~The Straits Times 2月7日~

不動産ポータルSRXが7日に公表した速報値によると、2019年1月の公営住宅中古物件の売買件数は前月比8.8%増の1,560件だった。販売件数は昨年7月に融資限度が引き締められて以来、初めて前月比でプラスに転じた。

販売価格は前月よりは0.5%上昇したが、前年同月比では1.1%減となり、ピークだった2013年7月と比較すると13.9%安かった。

市場価格と比べて、取引額がどれだけ上乗せされたかを示す「Transaction over X-value (TOX)」額の中央値は先月より1,000Sドル上がり、マイナス1,000Sドルだった。

TOX額を住宅タイプ別でみると、5部屋タイプとエグゼクティブ・コンドミニアム(EC)がそれぞれ1,000Sドル、4,000Sドルと高く、広い住宅や高級住宅はより高いTOX額で取引された。3部屋タイプと4部屋タイプでは市場価格以上の取引とならず、TOXはそれぞれマイナス4,000Sドル、1,600Sドルと低調だった。

TOX中央値が最も高かったエリアは東部Pasir Risで8,000Sドルで、ついで北部Woodlandsが4,000Sドル。一方で成熟した居住区のClementiやToa Payohではマイナス8,000Sドルだった。