【シンガポールニュース】公営住宅中古物件の売買戸数、1月は前月比8.8%増

~The Straits Times 2月7日~

不動産ポータルSRXが7日に公表した速報値によると、2019年1月の公営住宅中古物件の売買件数は前月比8.8%増の1,560件だった。販売件数は昨年7月に融資限度が引き締められて以来、初めて前月比でプラスに転じた。

販売価格は前月よりは0.5%上昇したが、前年同月比では1.1%減となり、ピークだった2013年7月と比較すると13.9%安かった。

市場価格と比べて、取引額がどれだけ上乗せされたかを示す「Transaction over X-value (TOX)」額の中央値は先月より1,000Sドル上がり、マイナス1,000Sドルだった。

TOX額を住宅タイプ別でみると、5部屋タイプとエグゼクティブ・コンドミニアム(EC)がそれぞれ1,000Sドル、4,000Sドルと高く、広い住宅や高級住宅はより高いTOX額で取引された。3部屋タイプと4部屋タイプでは市場価格以上の取引とならず、TOXはそれぞれマイナス4,000Sドル、1,600Sドルと低調だった。

TOX中央値が最も高かったエリアは東部Pasir Risで8,000Sドルで、ついで北部Woodlandsが4,000Sドル。一方で成熟した居住区のClementiやToa Payohではマイナス8,000Sドルだった。

【シンガポールニュース】 民間住宅中古物件、4月は販売件数が増加

~Channel NewsAsia 5月10日~

SRX Propertyの最新の統計によると、民間住宅(アパート、コンドミニアム)の中古物件の4月の販売件数は前月比17.6%増の689件で、2013年5月以来の最多を記録した。

4月の販売価格は前月比0.5%増。コア・セントラル地区とそれ以外のセントラル地区ではそれぞれ0.7%、1.2%上昇した。郊外では逆に0.2%下落した。

前年同月との比較では、販売価格が0.5%減で、販売件数は28.1%増加。

購入額の中央値からSRXの評価額を差し引いた額(TOX)は、3月から1,000Sドル上昇して-9,000Sドルとなった。販売件数10件以上の地区でTOXが最も高かったのはDistrict 20で25,000Sドル。一方、District 22は最も低く-25,000Sドルだった。

【シンガポールニュース】 公営住宅の中古物件価格, 2月は0.2%上昇

~Channel NewsAsia 3月3日~

SRX Propertyの最新の統計によると、公営住宅の中古物件価格は1月から2月は0.2%上昇した。 

2月は3ルーム・4ルーム物件でそれぞれ0.2%、0.8%と上昇したものの、5ルームとExecutive Flatと呼ばれる高級物件がそれぞれ0.1%、0.7%下落した。

販売件数は前月比で6.7%減の1,200件にとどまったが、前年同月比では4.5%増加した。 しかしながら、販売額は前年同月比で0.6%減少した。

購入額の中央値からSRXの評価額を差し引いた額(TOX)は、-2.000Sドルで、引き続き評価額を下回った。

地域別のTOXで、評価額を大きく上回った地域がKallang/Whampoa(19,000Sドル)とSengkangとYishun(ともに5,000Sドル)。 評価額を大きくしたまわったのがChoa Chu Kang(-16,000S)とToa Payoh (-10,000Sドル)だった。

【シンガポールニュース】 公営住宅の中古物件、販売件数減少

~Channel NewsAsia 12月3日~

Singapore Real Estate Exchange (SRX)は3日、11月の公営住宅中古物件の販売件数が前月より278件減って1,467件だったと発表した。前年同月比では8.7%増加した。

11月は全体価格で0.4%上昇。4ルーム・5ルーム物件はそれぞれ0.5%、1.4%と上昇したものの、3ルームとExecutive Flatと呼ばれる高級物件がそれぞれ0.7%、0.2%下落した。 全体価格は前年同月比で1.9%減だった。

不動産大手PropNexのモハマド・イスマイルCEOは、2015年通年の公営住宅中古物件の販売件数に注目。 販売件数はこの3年間でもっとも多く、1月から11月までの販売件数は19,000件に達する。

2013年の販売件数は18,000件、2014年は17,300件で、今年はすでに過去2年を上回ったことになる。

【シンガポールニュース】 9月の民間住宅市場は引き続き低迷

~Channel NewsAsia 10月13日~

Singapore Real Estate Exchange (SRX)が13日に公表した最新の統計によると、9月も民間住宅市場は低迷が続いた。

土地なし民間住宅の中古物件販売数は446件で、8月の499件を下回った。9月の同中古販売物件販売数は前年同期比4.7%減だった。

9月の販売価格は8月より0.1%落ち込んだ。セントラル地区(コア・セントラルを除く)とセントラル地区周辺における販売価格がそれぞれ1.4%、0.9%下落したことが大きく響いた。一方、コア・セントラル地区では前月比2.8%増だった。

SRXの評価額に対して、購入価格が多かったか少なかったかを算出するTransaction Over X-Value (TOX) では、この6ヵ月ではじめて評価額を平均1,000Sドル上回った。

【シンガポールニュース】 BTO住宅の中古物件価格、過去3年で2.8倍に

~The Straits Times 7月7日~

ある程度の申し込み予約数が確保された時点で建設が開始されるBTO(Build-To-Order)公営住宅の中古物件価格が高騰している。過去3年における中古物件の平均価格は2.8倍の566,880Sドルだった。

中古売買件数が最も多いのは、センカン地区で2005年に建設が始まり、2009年から入居可能となった4ルームの物件。公営住宅の中古物件が大きく下落した昨年でも、500,000Sドルを超える物件が多く、最低価格で取引された物件でも初期販売価格の2倍にあたる410,000Sドルで取引された。

センカン地区の4ルーム公営住宅についで、中古売買件数が多いのはポンゴル地区で2007年入居可能となった4ルームBTO住宅。昨年は平均販売価格が449,208Sドルに下落したが、これまでの平均価格は484,577Sドルで、2003年当初の販売価格の2.5倍を維持。

専門家によると、公営住宅の過去10年における中古物件の価格指数は90%上昇しているが、そのなかでもBTO中古物件は大きな上昇を示しているようだ。その理由として関係者は、元々が公的基金からの援助を受けていたので初期投資としては比較的安い物件だったことや、BTO住宅が建設時には町が未開発であったところ、開発が進み利便性が増したことを挙げている。

【シンガポールニュース】 公営住宅の中古物件価格上昇率が微増 

2日に公表された第2四半期の住宅市場予備データによると、公営住宅中古物件の価格が緩やかに上昇した。価格は第1四半期の0.6%増から1.3%増へ。

第1四半期は2009年第1四半期以来、価格上昇率がもっとも低く、これに伴い公営住宅中古物件の評価額を超える分で売り手に前払いされるCOV(Cash-Over-Valuation)が、前期比27%減と大きく値下がりした。

価格上昇率が低くCOVも値下がりしたことで、再び公営住宅中古物件が注目されたことが第2四半期の上昇率につながったと見られている。

COV中央値は昨年第4四半期の35,000シンガポール・ドル(以下、Sドル)から今年上期は26,000Sドルまで下がっている。

ここ数年で評価額が高騰した郊外のコンドミニアムを売却して公営住宅中古物件を購入する動きが目立ち、不動産仲介会社大手ERAのユージン・リム氏によると、コンドミニアムを売却して公営住宅中古物件を購入した件数は全体の30%に達し、昨年通年の25%を上回っているという。

上記統計には、親族が住む近くの公営住宅中古物件を購入するため、コンドミニアムを売却した高齢者も含まれている。

今後の見通しとして、不動産仲介業PropNexのモハマド・イスマイル氏は、価格推移は横ばいか下落傾向に向かうと予想している。

【シンガポールニュース】 公営住宅中古物件の価格上昇率が鈍化

住宅開発局(HDB)は2日、第1四半期の公営住宅中古物件の価格上昇率が0.6%だったことを明らかにした。価格上昇率は、世界的金融危機の影響を受けた2009年の第1四半期以来もっとも低く、2011年第4四半期の1.7%を大きく下回った。

不動産アナリストによると、公営住宅の新規物件の供給数が過去最高に達したことや、利得目的の投資を抑圧する政策などにより、公営住宅中古物件の価格は下降する可能性があると指摘している。

不動産仲介会社大手ERAのユージン・リム氏は、住宅購入者の多くが新築物件に目を向けたことにより、中古物件の上昇率が鈍化したと指摘。同社の調査によると、第1四半期の公営住宅中古物件売買件数は前期比20%減の4,700件だった。同販販売件数は前年同期比では24%減。

また同社によると、公営住宅中古物件の評価額を超える分で売り手に前払いされるCOV(Cash-Over-Valuation)の中央値も2011年第4四半期の33,000シンガポールドル(以下、Sドル)から第1四半期は27,000Sドルに下がった。