【シンガポールニュース】仕事上の満足、賃金だけでは満たされず

~The Straits Times 1月16日~

アンケート調査プラットフォームを提供するクアルトリクスによる労働状況に関する調査で、シンガポール人被雇用者にとって、仕事上の満足を最も満たすものは賃金ではないことがわかった。

調査は、米国や豪州などを含む6,000人の被雇用者を対象に実施されたもので、シンガポールからは500人の回答を得た。

調査項目は「仕事と家庭のバランス」、「仕事上の満足」、「労働の動機」で、シンガポール人被雇用者に「仕事上の満足」をもたらす最大の原動力は、社内のシニアリーダーへの信頼と、問題解決の際に手助けしてくれるマネージャーの存在だった。

他国と比較して、シンガポールでは、効率よく業務をこなすための訓練を受けることが、仕事上の満足を高める要因で、労働の動機や社員保持率も高めた。