【シンガポールニュース】国際バカロレア最終試験、今年もローカル校が優秀な成績

The Straits Times 1月4日~

国際バカレロア(IB)の最終試験結果が発表され、昨年11月に受験したシンガポールの学生の合格率が97.99%と世界平均68.73 %を大きく上回った。平均点も38.49ポイントと世界平均28.58 ポイントを大きく上回った。

今回もローカル8校の成績は優秀で、なかでもAnglo-Chinese School (Independent)校は、受験した444人の学生のうち、満点45ポイント中、スコアが40ポイント以上だった学生が357人で、うち42~45ポイントを獲得した学生は268人だった。学校の平均点は41.5ポイントだった。

IB事務局によると、昨年11月に受験した学生は全世界で 18,387 人。シンガポールからはこのうち38人が満点の45ポイントを獲得した。シンガポールで2年間のIB教育を実施しているの教育機関25校。

IBディプロマのコース修了した学生には、国際的に通用する大学入学資格が与えられ大学進学へのルートが確保される。日本の文部科学省も、グローバル人材育成の観点から、国際バカロレアの普及・拡大を推進している。

【シンガポールニュース】 国際バカロレア試験、ACSIが好成績

~Channel NewsAsia 1月5日~

Anglo-Chinese School Independent(ACSI)は5日、昨年11月に実施された国際バカロレア(IB)の試験で同校から受験した48人が最高得点の45だったことを明らかにした。

IBは世界共通の大学入試資格につながる試験で、今回は最高得点45をマークしたのは世界中で94人。ACSIの受験生の平均得点は41.82で国内平均38.27、世界平均29.21を大きく上回った。

ACSIは2015年の試験で41人が最高得点者になったが、今回は同校がIBをプログラムを導入して以来、もっとも多い最高得点者を輩出した。また受験生約83%が40点以上をマークした。

シンガポールでは、そのほかHwa Chong International School (HCIS)とSt. Joseph’s Institution (SJI) がそれぞれ過去最高の成績をおさめた。HCISの平均得点は36.7、SJIは41.5だった。

【シンガポールニュース】 IBテスト、成績トップはシンガポール

~The Straits Times 1月5日~

昨年11月に実施された国際バカロレア(IB)の試験で、シンガポールが成績トップを堅持した。

IBディプロマ試験を受けたシンガポール在住の学生は1,640人。うち98%が試験に合格し、48人がパーフェクトスコアだった。

2014年の同試験では、受験者1,600人のうち57人が、また2013年には受験者1,400人中43人が満点の成績だった。 シンガポール在住の受験者のスコアは世界平均の31ポイントに対し38.5ポイントと高得点だった。

シンガポールでは20の高等教育機関にIBディプロマコースがあり、Anglo-Chinese School (Independent) からは41人が満点を獲得、またHwa Chong International SchoolとSt Joseph’s Institution Internationalでは受験者全員が合格するなど優秀な成績を維持した。

昨年の同試験には世界107カ国から11,700人が受験。シンガポールについで優秀な成績をおさめたのはオーストラリアで受験生2,160人のうち満点を獲得したのは30人で合格率は92%だった。