【東南アジア市場編】 タトゥーと入浴規制について

★訪日外国人の観光誘致を考える Vol.13

正直、東南アジアからの訪日客に同行していてもあまり感じないが、温泉を観光目的として日本にやってくる外国人観光客が増加傾向にあるそうだ。そんな中、タトゥー問題で頭を抱える温泉地が多いという。

8月6日付け産経ニュース(ウェブ)でも、【日本の議論】のなかで、タトゥーのある外国人観光客に対する温泉施設の苦悩ぶりや今後の対処法について意見が述べられていて非常に興味深い。個人的には、明確な情報さえ提供していれば、入浴を拒否するところ、許可するところそれぞれあっていいと思っている。

この記事でも紹介されているが、「タトゥースポット」というウェブサイトをのぞくと、タトゥーがあっても利用できる温泉・銭湯・サウナなどは意外と多いと感じる。現時点で、204の温泉施設や580を超える銭湯の情報が提供されている。

一方で、苦肉の策として、タトゥーをテープで覆い隠せば入浴を認めるという旅館やホテルもあるようだが、いっそうのこと入浴を拒否してもいいのではないかと思ってしまう。街角で見かける体の広範囲がカラフルな若者を見ていると、隠すのにも限界があるような気がしてならない。 

タトゥーをいれている華人系シンガポール人/マレーシア人は多い。タトゥーをファッション感覚でいれているのであれば、そのファッション性を疑わずにはいられないようなカラフルなものも目立つ。幼い顔をしているのに体中が刺青だらけの若者を見かけることも、ここシンガポールでは珍しくなくなった。常夏の国の服装のせいか、むしろ目立つほどだ。

こうした華人系シンガポール人/マレーシア人が日本で温泉を楽しみたいというのなら、残念ながら日本語表示しかないウェブサイトだが、「タトゥースポット」でがんばって情報を収集してもらいたい。

日本への温泉旅行を計画している家内の姪が、一緒に旅行する同僚の何人かがタトゥーを入れているというので、「タトゥースポット」を紹介してやった。どうしても皆で温泉を楽しみたいという彼女から、ちょくちょく翻訳の依頼がある。

日本語のわからないシンガポール人の姪に翻訳料でも請求してやろうか? それともこのウェブサイトの管理人に外国語表示の設定を提案してみようか?

*KAMO CONSULTANCYは東南アジア諸国からの旅行者が求める旅程を考案するインバウンドコンサルタントです

【東南アジア市場編】 空港からのアクセスを考えた観光誘致

★訪日外国人の観光誘致を考える Vol.11

外国人観光客の誘致を目的に、到着空港からの移動手段を組み入れた商品化が進んでいる。

主要空港から距離がある地方までの移動手段の一つにレンタカーがある。 先月から、このレンタカーの料金と高速道路乗り放題パスを組み合わせた「ドライブ旅行商品」が販売されている。

この「ドライブ旅行商品」は、岐阜県と連携し、中日本高速道路株式会社(NEXCO)が販売。外国人観光客に、レンタカーで岐阜県内の観光地めぐりを楽しんでもらおうという狙いがある。レンタカーは中部国際空港または名古屋駅からトヨタレンタリースを利用。販売価格は、税込みで4日間34,900円、 5日間43,300円とお値打ちだ

かつて岐阜県は、中部国際空港から出発できる複数のレンタカーが、英語で表示・音声案内可能なカーナビを備えていたことに着眼。すでに個人旅行が旅行形態の過半数以上を占めていたシンガポールを対象に、レンタカーによる県内周遊をプロモーションし成果を上げている。

外国人観光客によるレンタカーでの観光は北海道や九州では定番のようだが、今後は本州や四国各地でも需要が高まるのではないかと考える。

また、限られた期間内に多くの観光地をまわってみたいという主に東南アジアからの旅行者には、ジャパンレールパス(JRパス)も同時に勧めたい。

JRパスは、主に外国人観光客が、JRの鉄道・路線バスを期間内に自由に利用できる特別企画乗車券だ。普通車7日間の大人料金が29,110円だから、こちらもかなりお値打ちと言えよう。 

JRパスは、主に新幹線の利用がメインになるかと思うが、地方の鉄道や路線バスの明確な情報提供によっては、外国人観光客の行動範囲も大きく広がりそうだ。

地域活性化促進事業として外国人観光客を呼び寄せたい地域としては、観光誘致に、この特別企画乗車券をうまく利用しない手はない。シンガポールでは鉄道やバスでのリラックスした旅も紹介される頻度が多くなってきている。路線からしか見えない風景、その地方ならではの駅弁なども含め観光資源としての情報が流れている。

東南アジアから訪日旅行者は、個人旅行が多くリピート率が高い。彼らのニーズに応えるためにも、空港からのアクセスを考慮した観光誘致は今後ますます注目されると思う。

*KAMO CONSULTANCYは東南アジア諸国からの旅行者が求める旅程を考案するインバウンドコンサルタントです

【東南アジア市場編】 観光誘致する側の受け入れ体制

★訪日外国人の観光誘致を考える Vol.8

外国人観光客の急増で関西空港の入国審査が追いついていないようだ。産経ニュースの記事によると、到着から全ての審査が終わるまで2時間もかかった外国人観光客もいたという。

今後は、中国、韓国、台湾からだけでなく、東南アジアからの観光客の増加も見込まれる。また、政府は2020年東京五輪に向け訪日外国人2,000万人の受け入れを目指している。そのような国であれば入国審査ゲートを増設して審査官を増員することぐらい難しくはないはずだ。

このところ、シンガポール、香港、韓国、中東においては、旅客処理能力を高める目的で空港規模が拡大されてる。チャンギ空港では第4ターミナルも完成していないのに、建設が計画されている第5ターミナルの規模拡張の話が持ち上がっているほどだ。

観光誘致で根本的に考えなければいけないことの一つに誘致する側の受け入れ体制がある。観光庁は「平成27年度訪日プロモーション方針」を打ち立てたが、団体ツアーの調査に携わっていると、今回の関西空港の問題をはじめ、宿泊施設の旅客収容能力は十分なのだろうかとか、団体ツアー用の観光バスの数は足りているのだろうかという素朴な疑問を抱いてしまう。

桜シーズン中、タイをはじめインドネシア、ベトナムなど東南アジアの国からも多くの観光客が日本にやってきたが、日本の各旅行代理店はホテルやバスの予約にかなり苦労したようだ。

実際、ゴールデンルート後半2日間の観光スポットが関西エリアであったにもかかわらず、岐阜での宿泊を余儀なくされた団体もあったし、観光バスの確保ができず、宿泊先のホテルの専用バスを利用したというケースもあったほどだ。それもこれも受け入れる側(日本)の需要に対する供給不足が露呈したもの。

日本政府は東南アジアに向けては、複数の国でビザを免除し、訪日への敷居を低くしてきた。また、多くの国(市場)で観光誘致のプロモーションを継続的に行ってきた。しかし、こうした動きに見合う国内の観光地域・観光業界へのサポートは十分だったのだろうか?。

7月はイドゥル・フィトリ(断食明け祝日)からの連休を利用して、多くのインドネシア人の訪日が見込まれる。入国審査に時間がかからないこと、ホテルやバスが問題なく予約されていることを祈っている。

*KAMO CONSULTANCYは東南アジア諸国からの旅行者が求める旅程を考案するインバウンドコンサルタントです

【シンガポールニュース】 DFS、シンガポールで2号店開設予定

世界最大の免税店チェーンDFSグループは、シンガポール国内の繁華街に2号店の開設を予定している。 2号店では、より多くの中国人観光客や現地消費者を取り込む。

同グループ最高責任者のフィリップ・スカウス氏は、2号店開設の時期・場所については言及しなかったが、アジアの消費者の増加が2号店開設計画に拍車をかけていることを公表。 とりわけ中国人観光客の増加に期待しており、今後10年で2倍の2億人となり購買力も2倍となると予想している。

スカウス氏はシンガポール国内でショッピングモールが増え、高級ブランドの旗艦店が入居していることは承知しているものの、全ての消費者が大きなショッピングモールでの買い物を好んでいないとした持論を展開。

シンガポール国内ではオーチャードのDFSギャラリア以外にチャンギ空港に免税たばこ・酒類、高級ブランドとファッションブランド品を販売する店も構えるが、客の半数以上を中国人観光客が占める。

2013年上期に来星した中国人観光客は前年同期比で27%増加し、124万人に達した。 また、同時期の中国人観光客による消費額は15億2千万ドルに達し、インドネシア人観光客を抜いて初めてトップとなっている。

現地消費者の取り込みに関しては、DFSが外国人観光客だけの店ではなく、パスポートを見せずに買い物が楽しめる場所であることをアピールしていく。