【シンガポールニュース】8割のシンガポール人、民族・宗教間の関係に満足

~Channel NewsAsia 1月23日~

文化・社会・青年省(Ministry of Culture, Community and Youth=MCCY)の調査によると、2018年は約8割のシンガポール人が民族・宗教間の関係について満足していると回答したことがわかった。

MCCYでは2016年から年に1度、生活共同体、文化、スポーツ、芸術に関する調査「 Social Pulse Survey」を実施しており、2018年は15歳以上の500人に対面式インタビューを行った。調査では、3人に2人がバックグランドや信仰の違う人々と十分交流する機会があったと回答した。

MCCYでは、共存する宗教や文化を理解し、民族間・宗教間の強い信頼関係を構築することを目的としたBRIDGE構想を2017年から掲げており、2018年には5,700人以上が討論会や関連プログラムに参加した。

2018年の調査では、約9割のシンガポール人がシンガポール人であることに誇りをもっており、約8割がシンガポールを結束力のある国家だと考えていることも分かった。