【シンガポール】 新日本プロレス、日本のコンテンツとして世界発信

KAMOBSこぼれ話 Vol.117

アメリカのプロレス団体WWEの興行まで2週間。チケットは48~488Sドルで販売中だが、488Sドルのリングサイドと348Sドルのプレミアムシートは完売のようだ。さすがアメリカが誇るエンターテイメント!

WWEは、シンガポール人のあいだでも非常に人気が高い。来星当時、ビデオCD販売店(現在のDVD販売店)の前では、当たり前のようにWWE(当時はWWF)のビデオ映像が流れていた。それに群がる人々の中には贔屓にしているレスラーを必死で応援しているファンの姿も。時代錯誤に陥ったことを憶えている。

前回の興行は8年前だから、スーパースターの顔ぶれも変わったと思うが、前回同様、盛り上がるのは間違いないだろう。 

今やアメリカが誇るコンテンツとして成長したWWEだが、日本のプロレスが最盛期の頃(例えば、新日本プロレスや全日本プロレスがゴールデン枠で生放送されていた頃)は、試合内容も選手の質も日本のプロレスより劣っていたことを憶えているプロレスファンは多いはず。

時を経て、2015年6月、新日本プロレスの興行がシンガポールで初めて開催されるというニュースが飛び込んできた! 新日本プロレスのホームページでは、日本のコンテンツ(アニメ・漫画・ゲーム・カードゲーム・コスプレなど)が集まるイベント「CharaExpo 2015」で、日本のコンテンツとして世界発信する為に大会を実施するとある。力強い!

日本が世界に誇れるコンテンツがアニメや漫画ばかりではないということを、是非、証明してもらいたいと思う。

大会は6月20日(土)~21日(日)の2日間、シンガポールエキスポで開催される。チケットは当日販売でシートエリア5Sドル、立見エリアは無料。WWEのリングサイド488Sドルは確保できなかったが、新日本プロレスのシートエリアは問題なさそうだ。