【シンガポールニュース】第4四半期に向けて企業の景況感が悪化

~The Straits Times 9月16日~

信用調査機関シンガポール・コマーシャル・クレジット・ビューロー(SCCB)が実施した第4四半期の景気に関する調査によると、世界的景気の低迷で、企業の景況感はより厳しい状況にあることが浮き彫りとなった

企業の楽観度をあらわすBusiness Optimism Indexは4.82で、前期の6.91より悪化。前年同期は9.19だった。

第4四半期は楽観指数を算出する6つの項目のうち、売り上げ、利益、雇用、新規受注、原料在庫の5項目で楽観度が前期より低下した。販売価格だけが前期の-7.32から-3.33に改善。前年同期との比較では雇用のみ4.39から14.44に改善した。

産業別でもっとも楽観度が高かったのは金融で、価格(±0)を除くすべての指標がプラスの領域だった。一方で先行きを最も悲観しているのは製造業と卸売業だった。製造業で唯一改善した指標は雇用。卸売業ではすべての指標が悪化した。

SCCBのオードリー・チアCEOは、主に国際サプライチェーンに影響する貿易摩擦や中国からの輸入縮小が、製造業と卸売業の景況感をより厳しいものにしていると述べた。

 

 

【シンガポールニュース】 1月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は53.1

~Channel NewsAsia 2月2日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が2日に公表した統計によると、1月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.3ポイント上昇した53.1となり、2009年12月以来の高水準を記録した。

景況感の改善と悪化の分岐点となる50を17ヵ月連続で上回り、製造業界にとっては幸先のいいスタートが切れたとの見方がある。

SIPMMによると、1月のPMIは非電子機器部門が牽引し、生産高、新規製造注文、輸出注文、完成品在庫が好調だった。一方で電子機器部門のPMIは18ヵ月連続で50ポイントを上回ったものの、新規製造注文、輸出注文、完成品在庫の改善が後退し前月から0.3ポイント下落の52.9だった。

製造業の成長のペースがすでに穏やかになっているとの指摘はあるが、SIMPPは電子機器部門の景況感についても緩やかながらPMIは50ポイント超えを維持すると楽観視している。

【シンガポールニュース】 買担当者指数、5ヵ月連続で50を上回る

~Channel NewsAsia 02月02日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が2日に公表した統計によると、1月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.4ポイント上昇しの51だった。

景況感の改善と悪化の分岐点となる50を5ヵ月連続で上回わった。生産高、製造注文、輸出注文が増えたことに加え、完成品在庫の指数が伸びた。

製造業全体で27%ともっともシェアの高い電子機器部門のPMIは前月より0.6ポイント上昇して51.8と上昇。

PMI指数はここ数カ月徐々に伸びているものの、SIPMMは依然として世界経済は先行きが不透明だとし警戒感を強めている

【シンガポールニュース】 KPMG報告書、景況感悪化や企業心理の冷え込みが顕著

~The Straits Times 1月13日~

KPMGが公表した企業心理に関する調査報告(KPMG’s pre-Singapore Budget 2017)によると、世界金融危機が起きた2008年時より景況感悪化や企業心理の冷え込みが顕著だった。

KPMGは多国籍企業27社、中小企業39社、地場大手企業57社を対象に調査。2017年もっとも懸念する事項に全体の70%が「世界的な景気減速」を挙げた。また、全体の48%、中小企業では過半数が「人件費や賃貸料の上昇」と回答した。

中小企業協会によると、過去10年は景気の悪化に直面しても6~9カ月の間にビジネスは復調したが、今後は回復までにどれくらいの期間が必要となるのか予想しがたいと、今後の経済状況についてより厳しい見方をしている。

今回の調査では今後の展開について45%が企業のグローバル化を目指していると回答。中小企業協会によると過去18カ月の間に海外進出を果たしてビジネスモデルを見直した企業が増加したという。

【シンガポールニュース】 購買担当者指数、前月より上昇も9ヵ月連続で50を下回る

~Channel NewsAsia 4月4日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が4月3日に公表した統計によると、3月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.9ポイント上昇したものの49.4にとどまり、景況感の改善と悪化の分岐点となる50を9ヵ月連続で下回った。

3月は生産高、工場の雇用、投入物価が上昇し、輸出注文・生産高も増加した。また、サプライヤーの出荷比率は減速したが、輸入、原料在庫、完成品在庫の指数が伸びた。

SIPMMによると、電子機器部門では、輸出注文・生産高はともに改善しPMIは前月より0.8ポイント上昇し49.0となったが、こちらも9ヵ月連続で50を下回った。雇用面では減少率は低くなり改善の兆しが見られるものの11ヵ月連続の減少。

OCBCエコノミストのセレーナ・リン氏は、3月のPMIが改善したのは、米国、EU、中国や近隣地域内での生産が活発したことによる好影響だと分析した。

【シンガポールニュース】 2016年1-3月期の企業景況感、厳しい状況

~Channel NewsAsia 12月1日~

信用調査機関シンガポール・コマーシャル・クレジット・ビューロー(SCCB)が実地した調査によると、世界的景気の低迷で、企業の景況感はより厳しい状況にあるようだ。

企業の楽観度をあらわすBusiness Optimism Index(BOI)は10-12月期の+0.14から2016年1-3月期は-2.93となり、過去もっとも低い水準となった。

SCCBのチア最高経営責任者は、世界的に消費需要が落ち込んだことと、2015年1年を通して特に製造と卸売業が低迷したことが、企業による悲観的な見方に繋がったとみている。

BOIを算出する6つの要素、売り上げ、利益、雇用、新規受注、原料在庫、販売価格のうち、2016年1-3月期は販売価格のみが上昇するとの見方が強い。

分野別で最も楽観度が大きかったのは観光業。次に楽観度が高かったのは運輸。

【シンガポールニュース】 購買担当者指数、4ヵ月連続で50を下回る

~Channel NewsAsia 11月03日~

10月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.3ポイント上昇したものの48.9にとどまり、景況感の改善と悪化の分岐点となる50を4ヵ月連続で下回った。

購買原材料管理協会(SIPMM)が11月3日に公表した統計によると、10月は輸出注文・生産高がともに減少した。

電子機器部門でも需要低迷でPMIが前月より0.1ポイント改善したしたものの48.6だった。 となり、今後の見通しとしては、国内市場のみならず海外市場でも注文が更に減少するとの見方が強い。

DBSエコノミストのアイヴァン・シャー氏は、今後の動きに関して、中国経済が先行き不透明で中国市場を巻きこんだ需要が見られないことから、生産量が回復するには少なくとも6ヵ月かかると分析した。

【シンガポールニュース】 10-12月期の景況感指数は+0.14ポイント

~Channel NewsAsia 10月6日~

米系大手信用調査ダン・アンド・ブラッドストリート(D&B)とシンガポール商業興信所による企業景気予測調査の最新報告によると、景況感は2013年1-3月期以来の低水準だった。

10-12月期の景況感指数は全体で+0.14ポイントにとどまり、7-9月期の+14.6ポイントから大きく落ち込んだ。

産業別では、製造と運輸で多くの企業が景気の先行きについて最も悲観的だった一方で、サービスと建設の分野の企業は最も楽観的な見方をした。

D&Bは、10-12月期に向けて、状況は以前厳しく、企業は慎重なビジネス計画を余技なくされると分析。 D&Bは、厳しい環境を切り抜けるために、ビジネス拡張などは保留し、特にキャッシュフローやクレジット関連への注意を促した。