【シンガポールニュース】転職を機に希望する昇給率は平均17%

~The Straits Times 7月22日~

人材斡旋事業RGFインターナショナルソリューションズの調査によると、シンガポールでは求職者全体の61%が経済的補償を求めて就職活動をしていることがわかった。

経済的補償を求める求職者のうち83%は昇給を望んでおり、転職を機に希望する昇給率は平均で17%だった。 

経済的補償以外の求職の理由として多かったのは、「優秀な人材と仕事」(13.6%)、「キャリアアップの機会」(10.8%)だった。

調査はシンガポール、マレーシア、日本、中国などアジア11ヵ国・地域を対象に実施され、各市場の採用動向に関する3.500の回答を分析して報告書がまとめられた。

シンガポールでは企業の業況感は概ね良好で、回答した企業の57.9%が、来年も積極的な雇用計画を立てていることがわかった。 ただし、最大の課題として84%が「優秀な人材確保」を挙げた。