【シンガポールニュース】ジョホール州パシル・グダンで発生した大気汚染の影響なし

~CNA 7月8日~

マサゴス・ズルキフリ環境・水資源相 は8日、シンガポール国内ではジョホール州パシル・グダンで発生した大気汚染の影響はみられないと明言した。これは国会でタンジョン・パガー地区選出のメルビン・ヨン議員からの質問に回答したもの。

マレーシアのジョホール州の工業都市パシル・グダンでは6月20日以降、1,000人以上の学童が呼吸障害や吐き気を催し、25日から3日間、地域内の学校は全て閉鎖された。学校再開後、数人の学童が体調不良を訴え、7月7日には少なくとも11人の学童が頭痛、吐き気、嘔吐を催したと報告された。

パシル・グダン地域では今年3月、化学廃棄物が川に不法投棄され、有毒ガスを吸い込んだ約4000人が体調不良を訴える事件が発生している。不調を訴えたほとんどは子どもだった。しかしマレーシア当局は今回の事案について、3月の不法投棄による汚染事件との関連はないとし、調査を継続している。

マサゴス環境・水資源相は、国内でジョホーバルに最も近い北東部で有毒化学物質を検出されていないとし、今後もマレーシアの環境局(DOE)と消防局(BOMBA)と連携して情報を共有していくと述べた。

 

【シンガポールニュース】 島内東部・中央部が水害, 排水システム見直しへ

6月5日午前、集中豪雨により、島内東部・中央部が水害に見舞われた。

ブキ・ティマ・ロードは、道路沿いの用水路が氾濫し、車両通行が不可能な状態になり、タングリン・モールなど商業施設でも浸水で大きな被害を受けた。

中央部では降雨量が124ミリを記録。今回の深刻な事態を受け、タングリン・モールに視察したビビアン・バラクリシュナン環境・水資源相は排水システム、建設条例を見直すことを明らかにした。

昨年も6月にオーチャード・ロードで深刻な浸水被害が発生しており、早急の対応策を求める声があがっている。