【シンガポールニュース】砂糖含有量の多い容器詰め飲料、調査回答者40%が販売禁止を選択

~The Straits Times 12月6日~

The Straits Timesが読者を対象にオンライン調査を実施したところ、回答者のうち最も多い40%が砂糖含有量の多い容器詰め飲料の販売禁止を選択した。

保健省(MOH)が今月4日、糖尿病や肥満の原因となる砂糖の摂取量を抑える目的で、4つの案を用意し、国民からの意見聴取を実施すると発表したことをうけ、The Straits Timesは読者1,900人を対象にオンライン調査を実施した。。

HOMによる4提案は
1.販売禁止
2.1回あるいは段階的な課税
3.砂糖含有量および栄養分のラベル表示の義務化
4.ソーシャルメディアやバス広告を含めた全ての広告の禁止

回答数が2番目に多かったのは、「砂糖含有量および栄養分のラベル表示の義務化」で、以下、「1回あるいは段階的な課税」、「ソーシャルメディアやバス広告を含めた全ての広告の禁止」と続いた。

課税と同じような義務を課すことで、飲料メーカーに砂糖の含有量を抑制させた例としては、英国、メキシコ、米国内の複数の都市、域内ではブルネイやタイがある。

【シンガポールニュース】砂糖含有量の多い容器詰め飲料、販売禁止か課税か? MOHが国民の意見を聴取

~The Straits Times 12月4日~

保健省(MOH)は、糖尿病や肥満の原因となる砂糖の摂取量を抑えるための方策について、予め4つの案を用意し、国民からの意見聴取を実施する。

対象は砂糖の含有量がティースプーン5.5杯分を超える飲料水で、以下4つの案について意見聴取する。

1.販売禁止
2.1回あるいは段階的な課税
3.砂糖含有量および栄養分のラベル表示の義務化
4.ソーシャルメディアやバス広告を含めた全ての広告の禁止

シンガポールでは既に学校や政府関連施設内で砂糖含有量の多い容器詰め飲料の販売は禁止されている。また、多くの企業が子供たちが頻繁にテレビを見る時間帯では同類の飲料の広告を控えている。最近では、法的しばりはないものの、Healthier Choice Symbolを付けて砂糖含有量が少ない飲料水と証明する活動も見られる。

MOHは250mlの砂糖入り飲料水を毎日摂取すると糖尿病にかかるリスクが18~26%増すとして警鐘を鳴らしている。シンガポール人の砂糖摂取量は1日あたり60g(ティースプーン約12杯分)。世界保健機関(WHO)が推奨する1日25gを大きく上回っている。

【シンガポールニュース】 パーム油のWilmar, 砂糖ビジネスに着手

農業関連産業大手でパーム油の取扱世界一を誇るWilmar International Limitedは6日、大きな成長が見込める商品として砂糖ビジネスの構築に着手することを発表した。

オーストラリア・ニュージーランドで最大手の製糖企業であるSucrogenを17億5,000万豪ドルで買収し、インドネシアのパプア州に広大なサトウキビ農園を開業する予定だ。農園の広さはシンガポール国土の約3倍にあたる2000,000ヘクタール。

Sucrogenのオーストラリア拠点タウンズビルからパプア州メラウケまでは空路で2.5時間。しかしながらサトウキビ農園の開業にあたってはインフラ整備など数億ドルの予算と5年の歳月が必要となる。

Wilmarは砂糖王と呼ばれたマレーシアのロバート・クオック氏が創設したクオック・グループ系に属し、株式非公開の同グループが農場25,000ヘクタール分、シンガポールの精糖所の株49%を保有する。

昨日のWilmarは株式は7セント高の5.95Sドルで取引を終えた。