【シンガポールニュース】製造業購買担当者指数、11月は51.1ポイント

~The Straits Times 12月3日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が3日に公表した統計によると、11月の製造業購買担当者指数(PMI)は、前月から0.4ポイント減少し51.1ポイントだった。PMIは3ヵ月連続で低下し、昨年7月以来、もっとも低いポイントだった。

150企業への調査によると、11月は生産高、新規製造注文、輸出注文、生産高、完成品在庫でPMIが低下した。

CMC marketのマーガレット・ヤン氏は、電子機器部門が今年初めをピークに減速しており、PMI低下の主因となったと指摘した。ヤン氏は、特に半導体とチップメーカ―が供給過多に陥っており、状況が改善するのにはまだ時間がかかると分析。

また、ヤン氏は、先週開催された主要20カ国・地域首脳会議(G20)でも貿易問題に関して米中両国間で解決の糸口に繋がる成果がみられず、貿易摩擦による影響は来年からより深刻になるとみている。

新たに関税が導入される前の第4半期中は、積極的な製造活動がみられるものの、来年以降は企業心理の冷え込みが顕著となりそうだ。

【シンガポールニュース】3月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は53.0ポイント

~Channel NewsAsia 4月2日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が2日に公表した統計によると、3月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.3ポイント上昇し53.0ポイントだった。

景況感の改善と悪化の分岐点となる50を19ヵ月連続で上回った。

SIPMMによると、3月のPMIは生産高、新規製造注文が好調で、特に新規製造注文のPMIは54.9ポイントで56.5ポイントを記録した2009年12月以来の高水準だった。

電子機器部門のPMIは前月から0.3%上昇し52.4ポイントを記録し、20ヵ月連続で50ポイントを上回った。生産高、新規製造注文、輸出注文、完成品在庫が好調だった。完成品在庫のPMIは54.9ポイントで、57.4ポイントを記録した2011年9月に次ぐ数値だった。

【シンガポールニュース】2月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は52.7ポイント

~Channel NewsAsia 3月3日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が2日に公表した統計によると、2月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.4ポイント下落し52.7ポイントだった。

SIPMMによると、2月は電子機器部門で新規製造注文と完成品在庫が減速したが、景況感の改善と悪化の分岐点となる50を18ヵ月連続で上回った。

電子機器部門のPMIは前月から0.3%下落し52.1ポイントとなり、過去8か月で最低水準だったものの、50ポイントを19カ月連続で上回った。

OCBCのセリーナ・リン氏は、2月のPMIが市場予想の53.1ポイントを下回ったことについて“春節”の影響に言及。1月の製造業生産高が前年同月比17.9%増と大きく伸びたのも“春節”前の前倒し需要が発生したもので、今後は穏やかな伸びにとどまると予想した。

そのうえでリン氏は、製造業生産高は堅実に伸びているとし、第1四半期と通年の成長率をそれぞれ6.7%、4.9%と予想した。

【シンガポールニュース】 買担当者指数、5ヵ月連続で50を上回る

~Channel NewsAsia 02月02日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が2日に公表した統計によると、1月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.4ポイント上昇しの51だった。

景況感の改善と悪化の分岐点となる50を5ヵ月連続で上回わった。生産高、製造注文、輸出注文が増えたことに加え、完成品在庫の指数が伸びた。

製造業全体で27%ともっともシェアの高い電子機器部門のPMIは前月より0.6ポイント上昇して51.8と上昇。

PMI指数はここ数カ月徐々に伸びているものの、SIPMMは依然として世界経済は先行きが不透明だとし警戒感を強めている

【シンガポールニュース】 買担当者指数、4ヵ月連続で50を上回る

~The Straits Times 1月4日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が3日に公表した統計によると、12月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.4ポイント上昇しの50.6だった。

景況感の改善と悪化の分岐点となる50を4ヵ月連続で上回り16年で最も高いポイントとなった。製造注文や輸出注文が増えたことに加え、完成品在庫の指数が伸びた。

16年第4四半期の生産高は電子機器部門とバイオ部門の好調を背景に、前年同期比6.5%上昇した。

製造業全体全体で27%ともっともシェアの高い電子機器部門のPMIは前月より0.7ポイント上昇して51.2と上昇した。

同PMI指数は2015年10月以来もっとも高い数値となった。OCBCエコノミストのセレーナ・リン氏は発光ダイオード、デュアルレンズカメラ、指紋認証技術、タッチパネルスクリーンの需要が2017年も景況感改善の主要素となると分析。

【シンガポールニュース】 買担当者指数、10ヵ月連続で50を下回る

~The Straits Times 5月4日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が5月3日に公表した統計によると、4月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.4ポイント上昇したものの49.8にとどまり、景況感の改善と悪化の分岐点となる50を10ヵ月連続で下回った。

SIPMMによると、4月は国内外からの注文、生産高、雇用の面で減少率は低くなったことが前月と比較して指数が上昇した要因だという。

電子機器部門でも改善はみられたもののPMIは前月より0.5ポイント上昇したにとどまり49.5となった。

4月のPMIは、ほとんどのカテゴリーにおいて上昇がみられたが、今後の見通しについては、世界経済の先行きが不透明なことから悲観的な見方をするエコノミストも少なくない。

DBSエコノミストのアイヴァン・シャー氏は、昨年も旧正月以降のPMIは上向きになり、5月と6月は景況感の改善がみられたが、7月から50を下回る結果となったことに言及したうえで、今後の改善についてもあまり期待できないと語った。

【シンガポールニュース】 購買担当者指数、前月より上昇も9ヵ月連続で50を下回る

~Channel NewsAsia 4月4日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が4月3日に公表した統計によると、3月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.9ポイント上昇したものの49.4にとどまり、景況感の改善と悪化の分岐点となる50を9ヵ月連続で下回った。

3月は生産高、工場の雇用、投入物価が上昇し、輸出注文・生産高も増加した。また、サプライヤーの出荷比率は減速したが、輸入、原料在庫、完成品在庫の指数が伸びた。

SIPMMによると、電子機器部門では、輸出注文・生産高はともに改善しPMIは前月より0.8ポイント上昇し49.0となったが、こちらも9ヵ月連続で50を下回った。雇用面では減少率は低くなり改善の兆しが見られるものの11ヵ月連続の減少。

OCBCエコノミストのセレーナ・リン氏は、3月のPMIが改善したのは、米国、EU、中国や近隣地域内での生産が活発したことによる好影響だと分析した。

【シンガポールニュース】 9月の購買担当者指数、過去3年で最低

~Channel NewsAsia 10月2日~

9月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.7ポイント下落の48.6となり、3ヵ月連続で前月を下回った。PMIは過去3年でも最低の水準となった。

購買原材料管理協会(SIPMM)が10月1日に公表した統計によると、国内注文、輸出注文がともに減少。また、生産高の指数も低下した。

電子機器部門でも需要低下でPMIが前月より0.5ポイント減の48.5となり、今後の見通しとしては、国内市場のみならず海外市場でも注文が更に減少するとの見方が強い。

OCBCエコノミストのセレーナ・リン氏は、今後の動きに関して、改善の余地はあるとしながらも、中国経済が先行き不透明で中国市場を巻きこんだ需要が見られないことから、生産量が思うように回復するとは考えにくいと述べた。

【シンガポールニュース】 購買担当者指数, 2ヶ月連続で前月を下回る

シンガポール購買原材料管理協会(SIPMM=Singapore Institute of Purchasing & Materials Management)が2日に公表した6月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.3ポイント減少し50.5となり、2ヶ月連続で前月を下回った。

SIPMMは製造業150社を対象に調査してPMIを算出している。ブルームバーグによると、エコノミストによる6月の予想PMIは51だったが、新規の製造注文、輸出注文、原料輸入が落ち込んだことが主因となり予想を下回った。

しかしながら、PMIは景況感の改善と悪化の分岐点となるのが50を6ヶ月連続で上回っており、景況が「改善・増加」と答えた数は引き続き上回っている。

製造業成長率は今年の第1四半期に前年同期比9.8%増と大きな伸びを示し、エコノミストはその後今年中は穏やかに推移するとみていたが、景況感に関しては先行きは不透明だとしている。