【シンガポールニュース】車両購入権(COE)、バイクを除く全てのカテゴリーで落札価格が下落

~The Straits Times 12月05日~

車両購入権(COE)入札が5日に行われ、バイクを除く全てのカテゴリーで落札価格が下落した。自動車需要が引き続き低迷しているものとみられる。

小型車(カテゴリーA)の落札価格は、前回から5.7%下がり23,568Sドルまで下落。同カテゴリーでは2010年3月以来、最低落札価格となった。

カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上)と大型車が対象となるカテゴリーE(オープンカテゴリー)の落札価格はともに前回より0.3%下がり、それぞれ31,001Sドル、30,851Sドルだった。

日産の代理店Tan Chong Motorのロン・リム氏は代表は、2019年に向けて景気の先行きが不透明感が増す中、自動車需要が低下していると指摘。

落札価格
カテゴリー 12月05日 11月21日
カテゴリーA(排気量1600cc以下で130馬力以下) 23,568 25,000
カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上) 31,001 31,101
カテゴリーC(商業車、バス) 27,009 27,509
カテゴリーD(バイク) 3,399 2,989
カテゴリーE(オープンカテゴリー) 30,851 30,959

【シンガポールニュース】車両購入権(COE)、小型車は25,000Sドルで落札

~The Straits Times 11月21日~

11月に入って2度目の車両購入権(COE)入札が21日に行われ、バイクを除く全てのカテゴリーで落札価格が下落した。

小型車(カテゴリーA)の落札価格は、前回から11.3%下がり25,000Sドルまで下落。今回、全てのカテゴリーで最も大きな下げ幅となった。また、同カテゴリーでは2010年8月以来、最低落札価格となった。

下げ幅が2番目に大きかったのは、大型車が対象となるカテゴリーE(オープンカテゴリー)で、落札価格は前回の32,000Sドルから30,959Sドルとなった。

落札価格が下落している要因として、カーリースのPrime Groupネオ・ナムネン代表は、景気の先行き不透明感が増す中、自動車需要が低下していると指摘。さらに、ホンダの代理店Kah Motorのニコラス・ウォンGMは、小型車ではCOE発行数が前回より増えたことも、落札価格の下落に影響を及ぼしたと述べた。

落札価格
カテゴリー 11月21日 11月07日
カテゴリーA(排気量1600cc以下で130馬力以下) 25,000 28,199
カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上) 31,101 32,302
カテゴリーC(商業車、バス) 27,509 29,501
カテゴリーD(バイク) 2,989 2,509
カテゴリーE(オープンカテゴリー) 30,959 32,000

【シンガポールニュース】車両購入権(COE)発行数、5-7月は減少

~Channel NewsAsia 4月19日~

陸運庁(LTA)は19日、5-7月に発行される車輌購入権(COE)が前期(2-4月期)から 4%減の24,614枚となると発表した。

車両登録台数の年間増加率がゼロとなって2期目となる。COE発行数はカテゴリー別では自家用車で減少する一方で二輪車と商業車は前回よりやや増加する。

Widening Pay Gaps
カテゴリー 5-7月期COE発行数
カテゴリーA(排気量1600cc以下で130馬力以下) 8,603
カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上) 7,679
カテゴリーC(商業車、バス) 1,830
カテゴリーD(バイク) 3,161
カテゴリーE(オープンカテゴリー) 3,339

【シンガポールニュース】 車両購入権価格、自家用車は下落

~Channel NewsAsia  12月20日~

今年最後の車両購入権(COE)入札が20日に行われ、自家用車の落札価格は下落した。 入札件数は5,832で落札件数は4,352だった。

落札価格
カテゴリー 12月20日 12月06日
カテゴリーA(排気量1600cc以下で130馬力以下) 38,200 42,339
カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上) 47,002 53,711
カテゴリーC(商業車、バス) 58,036 51,890
カテゴリーD(バイク) 7,501 6,552
カテゴリーE(オープンカテゴリー) 45,112 42,000

【シンガポールニュース】 車両購入権価格が上昇、今後は発効枚数も減少で価格高騰か

~Channel NewsAsia 11月8日~

車両購入権(COE)の入札が8日に行われ、全てのカテゴリーで落札価格は上昇した。陸運庁(LTA)は先月、自家用車とオートバイの車両登録台数の年間増加率をゼロとすると発表。施行は来年2月からであるが、COE発効枚数も減少することから、今後はCOE価格が上昇するとの見方が強い。

落札価格
カテゴリー 11月8日 10月25日
カテゴリーA(排気量1600cc以下で130馬力以下) 47,112 41,617
カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上) 57,414 49,996
カテゴリーC(商業車、バス) 58,036 51,890
カテゴリーD(バイク) 5,502 4,903
カテゴリーE(オープンカテゴリー) 57,000 52,000

入札件数は7,870で落札枚数は 4,334 枚だった。

【シンガポールニュース】 車両購入権、発効枚数減少で価格上昇か

~Channel NewsAsia 10月23日~

陸運庁(LTA)は23日、自家用車とオートバイの車両登録台数の年間増加率をこれまでの0.25%からゼロにすると発表。

10月19日の車両購入権の入札では自家用車の落札価格が41,617~52,000Sドルでオートバイは4,903Sドルだった。今後は年間増加率がゼロになることで車両購入権価格は上昇すると予測される。

シンガポール国立大学のLee Dar-Horng研究員は、車両購入権の供給数が減少しても、シンガポール人の自家用車を持ちたいという欲望が非常に強いことに変わりはないとの見解を示した。

政府は車に頼らない社会を目指す”Car-lite Society”政策を推進しており、自家用車から公共交通機関の利用を促している。


【シンガポールニュース】 車両購入権価格、二輪車の落札価格が過去最高額

~Channel NewsAsia 3月29日~

車両購入権(COE)の入札が29日に行われ、二輪車がこれまでで最も高い8,081Sドルで落札されたほか、商業者を除く全てのカテゴリーで落札価格が前回を上回った。

落札価格
カテゴリー 3月29日 3月15日
カテゴリーA(排気量1600cc以下で130馬力以下) 51,765 50,789
カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上) 54,000 53,300
カテゴリーC(商業車、バス) 47,036 49,002
カテゴリーD(バイク) 8,081 7,483
カテゴリーE(オープンカテゴリー) 54,501 53,001

入札件数は6,529で落札枚数は 4,471 枚だった。

【シンガポールニュース】 車両購入権価格、商業車を除き下落

~Channel NewsAsia 12月7日~

車両購入権(COE)の入札が7日に行われ、商業者を除くすべてのカテゴリーで前回価格を下回った。

カテゴリーA(排気量1600cc以下が130馬力以下の車両)は2週間前の入札価格より2,951Sドル下回り48,000Sドルで落札。

カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上の車両)は前回の53,001Sドルから46,229Sドルに、カテゴリーE(オープンカテゴリー)も54,901Sドルから 50,010Sドルに、それぞれ大きく下落。

オートバイは99Sドル安い6,113Sドルに落ち着いた。唯一価格が上昇した商業車は前回から2,207Sドル上回る51,209Sドルで落札された。

入札件数は5,143で落札枚数は 4,061 枚だった。

【シンガポールニュース】 車両購入権,カテゴリーBで1,408Sドル上昇

~Channel NewsAsia 5月5日~

車両購入権(COE)の入札が5日に行われ、COE価格はカテゴリーBが1,408Sドルの大幅上昇となった。

カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上の車両)のCOE価格は前回の49,602Sドルから51,010Sドルに上昇したほか、カテゴリーA(排気量1600cc以下が130馬力以下の車両)も47,300Sドルから 47,889Sドルと前回を上回った。

一方、カテゴリーE(オープンカテゴリー)は49,501Sドルから49,000Sドルに下落。オートバイは下げ幅199Sドルを記録し6,302Sドルに落ち着いた。商業車も前回から700Sドル安い42,302Sドルで落札された。

入札件数は8,104で落札枚数は 5,061 枚だった。

【シンガポールニュース】 COE価格は乗用車3カテゴリー全てが上昇

~The Straits Times 4月21日~

車両購入権(COE)の入札が20日に行われ、COE価格は乗用車3カテゴリー全てが上昇した。

カテゴリーA(排気量1600cc以下が130馬力以下の車両)のCOE価格が前回より2.8%高い47,300Sドル、カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上の車両)では5.5%高い49,602Sドル、カテゴリーE(オープンカテゴリー)は4.2%増の49,501Sドルだった。。

Uberなどレンタカー・カーリース事業者が積極的な競売参加によりCOE価格が引きあがったとの見方が強い。今回Uberは630の入札で510枚のCOEを落札。

陸運庁(LTA)は15日、5-7月期の車両購入権(COE)の発行数が前期比14.7%増の28,908枚となることを発表したばかり。 通常は発行数増加によって、価格は下落傾向にあるとの見方が強かったが、業界関係者は、今後もGrabやStridesといったレンタカー・カーリース事業者の参入によってCOE価格が引き上げられる可能性を示唆した。