【シンガポールニュース】2019年通年のGDP成長率を0~1.0%に下方修正

~CNA 8月13日~

米中貿易の緊張により世界の電子機器市場の減速に拍車がかかるなか、通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)は13日、2019年通年のGDP成長率を0~1.0%に下方修正した。

MTIは5月に、成長率を1.5~3.5%という事前予想から上限を引き下げた 1.5~2.5%と下方修正したばかり。今回は4-6月期のGDP成長率が0.1%と低迷したことをうけ、大幅に下方修正されることとなった。

4-6月期は電子機器、輸送エンジニアリング、精密エンジニアの生産が減少し、製造業の成長率は前年同期比で3.1%減少し、前期の0.3%減より悪化した。

実質GDP成長率季節調整済前期比)では前期3.8%増から3.3%減とマイナスに転じた。状況回復には悲観的な見方もあり自律的景気後退(techinical recession)も懸念されている。

政府はまた、輸出が急減する中、非石油地場輸出(Nodx=石油輸出・再輸出を除く輸出)の通年予想を事前の-2~0%から -9~-8%へ大幅に下方修正した。同日発表された第2四半期のNodxは14.6%減と前期の6.4%減から悪化した。

【シンガポールニュース】2月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は52.7ポイント

~Channel NewsAsia 3月3日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が2日に公表した統計によると、2月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.4ポイント下落し52.7ポイントだった。

SIPMMによると、2月は電子機器部門で新規製造注文と完成品在庫が減速したが、景況感の改善と悪化の分岐点となる50を18ヵ月連続で上回った。

電子機器部門のPMIは前月から0.3%下落し52.1ポイントとなり、過去8か月で最低水準だったものの、50ポイントを19カ月連続で上回った。

OCBCのセリーナ・リン氏は、2月のPMIが市場予想の53.1ポイントを下回ったことについて“春節”の影響に言及。1月の製造業生産高が前年同月比17.9%増と大きく伸びたのも“春節”前の前倒し需要が発生したもので、今後は穏やかな伸びにとどまると予想した。

そのうえでリン氏は、製造業生産高は堅実に伸びているとし、第1四半期と通年の成長率をそれぞれ6.7%、4.9%と予想した。

【シンガポールニュース】 3月の製造生産高は前年同月比で10.2%増加

~Channel NewsAsia 4月26日~

シンガポール経済開発局(EDB)が26日に公表した統計によると、3月の製造生産高は前年同月比で10.2%増加した。 変動の大きいバイオ医療部門を除いた製造生産高は12.4%増だった。

3月の製造生産高は電子機器部門が引き続き牽引した。電子機器部門は半導体が54.6%増と好調で全体でも37.7%増だった。 またモジュール・コンポーネントが15.7%増と伸びをみせた精密エンジニア部門は12.8%増だった。

一方、一般製造部門は5.1%減少した。 食料、飲料、たばこ製品などが4.5%増となったが、雑製品や印刷分野が不調だった。

3月の製造生産高は前月比(季節調整済み)5.0%増。 バイオ医療部門を除いた製造生産高は0.3%増だった。

【シンガポールニュース】 10月の製造生産高は前年同月比で6.7%増加

~Channel NewsAsia 11月25日~

シンガポール経済開発局(EDB)が26日に公表した統計によると、10月の製造生産高は前年同月比で6.7%増加した。 変動の大きいバイオ医療部門を除いた製造生産高は1.4%減だった。

10月は輸送エンジニアリング部門で減少したものの電子機器部門とバイオ医療部門が好調だった。電子機器部門は半導体が41.7%増と牽引し、前年同月比24.6%増だった。バイオ医療部門は医薬品(12.4%増)、医療技術関連(8.2%増)が牽引し、11.3%増加した。

製造生産高の増加率は前月6.7%から鈍化は、輸送エンジニアリング部門の他に一般製造部門と化学部門が減少したことが要因。輸送エンジニアリング部門では陸上用と航空用で増加したものの海洋用が大きく落ち込み26.9%減となった。

10月の製造生産高は前月比(季節調整済み)0.1%減。バイオ医療部門を除いた製造生産高は1.9%減だった。

【シンガポールニュース】製造生産高、9月は6.7%増加

~Channel NewsAsia 10月26日~

シンガポール経済開発局(EDB)が26日に公表した統計によると、9月の製造生産高は前年同月比で6.7%増加した。 変動の大きいバイオ医療部門を除いた製造生産高は3.5%増だった。

バイオ医療部門は、医薬品(26.9%増)、医療技術関連(9.6%増)が牽引し、22.2%増加した。

その他主要部門では、電子機器部門が半導体が34.8%増と好調だったものの、それ他生産高の伸びず15.9%増にとどまった。また、部門別では輸送エンジニアリングが唯一生産高が減少し、前年同月比18.9%減だった。

9月の製造生産高は前月比(季節調整済み)3.3%増。バイオ医療部門を除いた製造生産高は0.9%増だった。

【シンガポールニュース】 2月の非石油地場輸出(Nodx)、前年同月比で2.1%増加

~The Straits Times 3月18日~

International Enterprise Singapore (IE Singapore) が17日公表した統計によると、2月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比2.1%増で、民間エコノミストの予想0.8%減を大きく上回った。 

電子機器輸出は0.7%増で、非電子機器輸出も薬品医療と貴金属が牽引して2.7%増だった。 主要市場10カ国・地域のうち、EU諸国、香港、日本が2月のNodxの増加に貢献。

今回の増加については、もともと昨年2月のNodxが低調だったことがベースにあるという見方もある。 DBS銀行エコノミストのアイヴァン・シャー氏は、昨年2月のNodxは年間を通じて最も低調だっただけでなく、2009年1月以来の低水準だったことを明らかにした。

また、シャー氏は昨年2月のNodxについて、世界金融危機レベルであったことを考慮すると、2.1%増加したこと自体を楽観することはできないと説明した。 UOBエコノミストのフランシス・タン氏も2月のNodxが前年同月比でプラスに転じたとはいえ、今年にはいってこれまで4.7%減少していることを指摘。

IE SingaporeはNodxについて通年で0~2%増加、また輸出全体では-1~1%増と予想している。

【シンガポールニュース】 購買担当者指数、4ヵ月連続で50を下回る

~Channel NewsAsia 11月03日~

10月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.3ポイント上昇したものの48.9にとどまり、景況感の改善と悪化の分岐点となる50を4ヵ月連続で下回った。

購買原材料管理協会(SIPMM)が11月3日に公表した統計によると、10月は輸出注文・生産高がともに減少した。

電子機器部門でも需要低迷でPMIが前月より0.1ポイント改善したしたものの48.6だった。 となり、今後の見通しとしては、国内市場のみならず海外市場でも注文が更に減少するとの見方が強い。

DBSエコノミストのアイヴァン・シャー氏は、今後の動きに関して、中国経済が先行き不透明で中国市場を巻きこんだ需要が見られないことから、生産量が回復するには少なくとも6ヵ月かかると分析した。

【シンガポールニュース】 購買担当者指数, 5ヶ月連続で前月を下回る

~The Straits Times 5月5日~

4月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.2ポイント減少の49.4となり、5ヶ月連続で前月を下回った。

財政再建、ビジネスコストの上昇、シンガポールドル高による輸出競争力の低下が、製造業の不振を招いている。需要が世界的に鈍るなか、国内注文、輸出注文がともに減少。また、生産高、原料在庫、完成品在庫の指数も低下した。

DBSエコノミストのアイバン・シャー氏は、完成品在庫が減少しているのは製造業者が先行きを不安視している表れだと指摘したうえで、4月の統計では受注残高も減少しており、数ヶ月内の劇的な回復は見込めないとコメントした。

PMIはシンガポール購買原材料管理協会(SIPMM)が150以上の企業を対象に調査した結果を数値化したもので、主に電子機器産業の生産高によるところが大きいといわれている。製造業全体の3分の1を占める電子機器産業だけのPMIは3月の50.1から1ポイント減少し49.1となった。

PMI は指数50を基準として、それ以上であれば生産量が伸びていることを表し、それ以下であれば生産量が減少していることを表す。

【シンガポールニュース】 7月の非石油地場輸出(Nodx)、前年同月比で3.3%減少

~The Straits Times 8月19日~

International Enterprise Singapore (IE Singapore) が18日公表した統計によると、7月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比で3.3%減少した。

輸出の落ち込みが市場予想の4%を下回ったことや、6月の落ち込み(4.6%)から改善したことから、Nodxが上向き傾向に転じたとの見方もある。

IE Singaporeによると、7月のNodxは、電子機器、非電子機器の輸出が共に落ち込んだ。電子機器輸出の減少は、IC(集中制御システム)、PC、ディスクドライブ等の外需の低迷が主因となった。一方、非電子機器では船舶の構造物や飛行機部品などの輸出が大きく落ち込んだ。

Citigroupのエコノミスト、キット・ウェイツェン氏は、電子機器の輸出は前年同期比で7.9%後退したものの、前月比で8%増加していることや、主要な項目の輸出が前月比で5.2%伸びていることに注目した。しかしながら、先行きは不安定で外需も引き続き低迷が予想されることから、輸出が回復する兆しは見られないと述べた。

また、同氏は電子機器、非電子機器の再輸出が低迷していることも、輸出回復の兆しが見えない要因のひとつだと指摘した。

【シンガポールニュース】 3月の輸出、前年同期比で増加も、電子機器が低迷

International Enterprise Singapore (IE Singapore) が18日に公表した統計によると、3月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同期比で10%増加し、エコノミストが予想した5%を上回った。前月比では2%減。

予想を上回る輸出の伸びが見られたものの、台湾・韓国が公表した安定した輸出数値と比較すると、思ったほど輸出の増加率が高くないのではないかと指摘する声もある。

3月の輸出の伸びを牽引したのは、電子機器ではなく船舶・特殊機械・化学品で、これらの輸出は24.5%増と好調だった。

3月は対米ドルに対してSドル高が続いたことが影響して、ディスクドライブが57.2%減、集積回路が50.7%減と、電子機器全体の輸出が13.8%落ち込んだ。同じく東日本大震災の影響で、日本へのディスクドライブ、集積回路の輸出はそれぞれ56%、54%マイナスとなり、電子機器全体の輸出も28%減と低迷した。