【シンガポールニュース】NTUC FairPrice、新店舗に食品調理サービスや店内野菜収穫が可能な小売コンセプトを導入

~CNA 8月6日~

スーパーマーケット最大手NTUC FairPriceは6日、国内最大の店舗をショッピングモールVivo City内にオープンした。

オンライン食料品店との競争を目指し、多様化する顧客ニーズに合わせ、従来の実店舗に食品調理サービスや店内野菜収穫が可能な小売コンセプトを導入した。

多忙な買い物客には、店内で選んだ野菜を無料でカットしたりスライスするサービスを提供。また、常連客には食肉やシーフードをマリネやグリルして、すぐに食べられるよう調理するサービスも提供する。

加えて、政府が都市型農業による食品の持続可能性への取り組みを強化していることを背景に、店内に水耕栽培スペースを設けて、販売用に収穫もする。

水耕栽培スペースには常時8種類の野菜が栽培されており、2日ごとに最大3kg収穫される。同スペースへの追加分はWoodlandsにあるComcropの屋上室内栽培場から配達される。

敷地面積90,000平方フィートの小売スペースでは世界中から35,000を超える商品が販売されており、視察に訪れたチャン・チュンシン通産相は、シンガポールの食品サプライチェーンの多様化と食料保障に大きく貢献していると述べた。