【シンガポール】 各市場向けの商品開発を

KAMOBSこぼれ話 Vol.124

海外から集結したバイヤーと商品をアジアの市場に売り込みたいという日本のメーカー数社との面談が行われ、メーカー自慢の商品に冷ややかな意見が相次いだ。

ファッション関連商品では価格設定が高すぎて扱えないという意見がもっとも多かったほか、食品では短い賞味期限や明らかに輸入規制にひかかる商品などがバイヤーを困惑させた。 

また、日本国内では需要があるのだろうが、東南アジアの多くの市場では全く需要がないとしか思えない商品もあり、海外に売り込みたいという本気度が全く伝わってこなかった。

単純に国内市場での需要拡大が見込めないので海外市場を狙うという発想だけではなんともならない。 タイから参加したバイヤーの一人は、アジア市場を狙っているとは思えないほど各国の情報や知識がなく、まったくマーケティングができていないと肩を竦めた。 

インドネシアのバイヤーは、日本で人気があるからという理由だけで、インドネシアの生活水準や所得の違いを考慮せず売り込もうとするのはナンセンスだと呆れた表情をみせた。

マレーシアのバイヤーも、各メーカーがどこの市場を対象にしている商品なのかさっぱり理解できなかったそうで、すくなくともマレーシア市場で売り込めそうな商品はほとんど見当たらなかったという。 

日本の多くのメーカーは漠然とした海外の市場を想像しているだけで、市場ごとに違いがあることすら理解していない。 だから、「この商品はスペインで評判が良かったから、シンガポールでも受け入れられるはずだ」という妄想を抱き続ける。

東南アジア市場を狙っていると言っても、国ごとに市場の特徴があり、ファッション市場として考慮すべきファクターも違うことから、「東南アジア市場」と一括りにするのもどうかと思う。

日本のファッション関連商品であれば、そのクオリティーの高さは皆が認めるところであり、日本食品であれば誰もが美味しいことは理解してくれる。 ただ、外国人の目からみると良いものが売れるという見方をしていないことが良く分かる。

面談後、タイ、インドネシア、マレーシアからきたファッション関連商品のバイヤーがおのおの感想を述べる。日本人はどうしてあそこまで労働時間を費やしてコストをかけるのか? 香港からきた食品バイヤーが言う。手作りが美味しいことはわかるけど手間隙かけてコストが高くなることをどう思っているの?

なかなかアジアの方々には、手間がかかっているから価格が高いという発想は理解してもらえないのかもしれない。 「日本製品は良い。確かに良いものは良い。でも私の国では売れるとは限らない」というタイからきた女性バイヤーの一言が忘れられない。

【シンガポールニュース】 AVA, 福島県産食品の輸入規制見直しか?

~The Straits Times 1月12日~

シンガポール農業食品家畜庁(AVA)が福島県産食品の輸入規制緩和に向けて検討していることがわかった。 先週末来星した森山農林水産大臣の懇願に反応したものとみられる。

先週末、日本とシンガポールが外交関係を樹立して50年になることを記念して来星した森山農林水産大臣はローレンス・ウォン国家開発相との対談で、EU諸国はすでに日本産食品全般の輸入規制の緩和に動き出したことを強調。シンガポール政府にも規制緩和に向けた動きを懇願した。

AVAの広報は, シンガポール人への食の安全を最優先し、科学的アプローチをアセスメントに導入するとし、EU諸国での輸入条件について調査していると語った。

福島原発の放射能漏れ事故後、AVAは1都10県で生産された農産物などの輸入を禁止した。一昨年5月安倍首相が来星した際は、福島県産農産物の輸入規制緩和がAVAより発表されたが、福島第1原発周辺で生産・収穫された農林水産物の輸入禁止は続いている。 AVAは、引き続き日本産食品の輸入には十分注視していくとした。

現在、茨城、栃木、群馬産の小果実やイノシシ肉などは、輸出前検査が必要となっており、食品全体でも輸出にあたっては産地証明書の取り付けが必要となっている。

【シンガポールニュース】 生産国の気温上昇で果物価格が高騰

中国、マレーシア、タイなど果物生産国の日照りと気温上昇による果物価格への影響は深刻化している。

5月における食品の消費者物価指数(CPI、09年=100)は前年同期比で3%増だったが、そのうち果物は8.4%と大きく増加した。 

とくに中国産のリンゴやナシの卸売価格は高騰。 果物輸入業者のLai Hong Fruitsによると、5月のナシの卸売価格は8kg入り1箱で前年同月比50%増の30Sドル、リンゴ(富士)は125個入り1箱が100%増の40Sドルに跳ね上がった。 

セドリック・チュー氏が経営する小売店ではリンゴ(富士)の小売価格が40セントから60セントと50%増しになっている。

シンガポール果物・野菜輸出入業者協会のタン・チンヒアン副会長は、悪天候によって果物の生産量が大きく落ち込み価格に影響を及ぼしていると指摘。 

日照りはマレーシアは今年に入ってから、タイでは昨年から続いており、中国でも今年に入り一部地域で見られる。

【シンガポールニュース】 ゴミの廃棄、報告書提出を義務付け

~The Straits Times 4月29日~

環境・水資源省(NEA)は、ショッピングモールとホテルにゴミの廃棄についての報告書提出を義務づける。

対象となるのは200客室以上のホテルと、賃貸スペースが5万平方フィート以上のショッピングモールで、報告書には項目別にゴミの廃棄量、再生・再利用量を明記する必要がある。報告書はゴミ削減計画書とともに来年3月までに提出しなければならない。

シンガポールではゴミの量が増加傾向にあり、2013年は前年比約8%増の785万トンに達した。今回の決定は、企業側にゴミ管理の意識を高めてもらうことが目的。NEAは提出された報告書をもとに、最優良事例を紹介し、企業とゴミ管理の改善を図る。

2013年は食品ゴミだけで796,000トンが廃棄。2007年からの増加率は42.4%増で、同期間の人口増加率を大きく上回った。

【シンガポールニュース】 食品価格上昇率が鈍化

国務省(通商産業担当)主導で生活必需品の価格上昇を監視するRetail Price Watch Group(RPWG)は7日、今年に入って食品価格上昇率が鈍化したと発表した。

今年上期の食品価格上昇率は2.7%で前年同期の2.8%から緩やかになった。商品別では、鶏卵(10個)の価格が1.93シンガポール・ドル(以下、Sドル)から1.84Sドルに下落。食パンや鶏肉の価格は変わらず、インスタントコーヒーと砂糖は0.3~0.6%微増。

RPWGのリー・イシャン会長は、気候の変動が価格上昇をもたらす可能性があるものの、今年下期の見通しは楽観的であると述べた。また、米国内の穀物の供給不足についても、シンガポールの別の国から輸入しているため問題ないと説明した。

食品価格の上昇率鈍化が発表されたが、国内の4つのスーパーマーケットは、引き続き年内いっぱいは値引きや価格据え置きで商品を提供する。

【シンガポールニュース】 自社ブランドのコメ価格を据え置き、FairPrice

食品価格の高騰が懸念されるなか、スーパーマーケット各社は27日、自社ブランドのコメ価格を年内は引き上げないことを発表した。

最大手のNTUC FairPriceは昨年の11月から今年6月まで、自社ブランドのコメの価格を値上げしないとしてきたが、安定した価格で消費者に供給するため、年内はコメ価格を据え置く。

Cold Strage, Giant, Shop N Saveを運営するDairy Farmグループも、生活費が上昇しているなかで、消費者をサポートする観点から、コメをはじめとした自社ブランド4品目について、年内は値上げしないと発表した。

先日公表された5月の消費者物価指数は前年同期比5%高と4月の5.4%高から幾分緩やかになったものの、食品部門では調理されていない食品と調理済み食品の物価はそれぞれ0.2%、0.1%上昇した。

【シンガポールニュース】 トランス脂肪酸を100 gあたり2 gまでと制限=保健省

保健省(MOH)は適切は食生活を推進するため、マーガリン、ショートニング、食用油に含まれるトランス脂肪酸を100 gあたり2 gまでと規制する。

輸入業者は、新規制に適応する商品のみ輸入が可能となり、各小売店は、2013年の5月までに在庫商品の処理などを余儀なくされる。各商品のトランス脂肪酸含有量はラベル表示に追加されることになる。

マーガリン、ショートニング、食用油の3商品でシンガポール人が消費するトランス脂肪酸の7割分に相当。世界保健機構(WHO)が推進する「トランス脂肪酸1日摂取量2g」以上摂取しているシンガポール人の30%は40歳未満だ。

健康促進局(HPB)のアニー・リン氏は40歳未満のグループには、喫煙や外食が目立ち、運動不足の人が多いと指摘。今回の規制により、カレーパフ1個に含まれるトランス脂肪酸は4gから0.5gに抑えられる。

トランス脂肪酸は4gの摂取で心臓病のリスクが20%増えることが報告されている。

【シンガポールニュース】 「北海道ブランド」商談会、シンガポールのバイヤー招聘

DSCN1553「北海道ブランド」広域連携による輸出促進支援事業の一環として25日に札幌モントレーホテルで開催された食品商談会に、シンガポールから招聘された企業3社が参加した。

シンガポールから招聘されたのは日系小売大手の伊勢丹、食品輸入業のBan Choon Marketing (Pte) Ltd、Spanish Passion Pte Ltdの3社。そのほか香港、台湾、韓国、タイなどから小売店、輸入業者、飲食店などが招聘された。多数の北海道企業が参加したなか、招聘された各海外企業は、事務局側が商品(食品)などを考慮して選択した道内13の企業と個別に面談した。

DSCN1552参加企業による制限時間内の自社商品アピールに、海外から招聘された企業は熱心に耳を傾けた。Ban Choon Marketing (Pte) Ltdのタン・チンニャップ輸入プロジェクト総括部長は、「非常に興味深い商談会だった。面談した企業に対していくつかリクエストをしたので、その回答を楽しみにしている」と今回の商談会が有意義なものであったことを強調した。

北海道ブランド・広域的連携による輸出促進支援事業実行委員会(事務局:札幌商工会議所)では、シンガポールを主要な海外市場の一つとみており、今後もシンガポールにおける「北海道ブランド」販路拡大に力を注いでいきたいとしている。

【シンガポールニュース】 10人中8人が塩分取り過ぎ

健康促進局(Health Promotion Board, HPB)は3日、シンガポール人の塩分摂取について調査結果を公表した。それによると10人中8人が塩分を取り過ぎており、シンガポール人の塩分摂取量は1日平均で目安とされる5gを大きく上回り8.3gに達していることが明らかになった。

塩分の取り過ぎは高血圧につながると言われ、HPBでは今回初めて24 時間蓄尿でみた食塩摂取量を800人を対象に調べた。調査の結果、1日平均摂取量がもっとも多かったのは働き盛りの30~49歳で、塩分摂取量は9gだった。外食中心の食生活が背景にあると見られている。

男女別では、男性の平均摂取量が9.6g、女性が7.1%。塩分摂取量の60%は食塩やソースによるもので、フィッシュボール、パン、ヌードルなど加工食品が37%を占め、残り3%は肉や野菜など自然に含まれる塩分による。

HPBは、外食時にスープやグレイビーソースを残すだけで、塩分摂取量を20~30%減らすことができると、塩分の取り過ぎに注意するよう呼びかけている。来年2月にはFinest Food Programmeを立ち上げ、現地食品加工会社に減塩食品を開発するよう促す。

【シンガポールニュース】 商談会で販路拡大=ニュージーランド産食品

グランド コプソーン ウォーターフロント ホテルで20日、ニュージーランド貿易事業主催の食品商談会が開催された。ニュージーランドから30社の食品メーカーが参加し、高級食品をPRした。

ニュージーランドからシンガポールへの輸出品のうち70%が食品や飲料が占めており、昨年は輸出額が10%増の5億2670万Sドルを記録した。羊肉のように輸出額が50%増となった品目もあり、関係者は、更なる輸出の伸びを期待している。

2つの総合リゾート施設の開業で、ホテルやレストランなどに、クリームバター、カキ、ワインなどを売り込む一方、販路拡大に向け、配膳業界関係者なども招待した。

また、8月には、初めてスーパーマーケットにおけるフェアも開催することが決まっており、新たにシリアルやビーフ・パティなどのPRに力を入れる。