【シンガポールニュース】PayPal、飲食店に電子支払いシステムサービスを提供

~Channel NewsAsia 8月17日~

オンライン決済サービスを提供するPayPalは17日、“Innovation Labs”プログラムの一環として、島内200の飲食店に電子支払いシステムサービスを提供することを発表した。

携帯電話やタブレットを使った支払いが可能となり、支払いに際して利用者はPayPalアカウントかクレジットカードを選択できる。また、飲食店店員を待つことなく支払いを済ませることができる。

PayPalは、電子支払いシステムは、慢性的な人手不足に直面する飲食業界において、生産性を向上に役立つシステムであるとしたうえで、今後も主に中小企業と共同していくと述べた。

イスワラン通産相は、PayPalによる電子支払いシステムについてデジタル経済の中心を担うシンガポールには重要なサービスとなると評価した。

【シンガポールニュース】 食器洗いをアウトソーシング、飲食店は人件費の削減に成功

~Channel NewsAsia 11月09日~

National Productivity Council(NPC)によると、食器洗いを専門施設にアウトソーシングしている飲食店は50~80%の人件費削減に成功しているという。

食器洗いの専門施設は今年3月にGreatSolutionsとCapitaLand Mall Asiaが共同でIMM Building内に設立。 都市再開発庁(URA)、国家環境庁(NEA)、SPRING Singapore, エンプロアビリティーを高め雇用促進を図るe2iがサポートし、資金の70%をSPRING Singaporeが提供。 敷地面積は7,000平方フィートで、70~100店舗の食器洗いの対応可能。

現在、施設を利用しているのは、同じIMM Building内の飲食店6店舗とWestgateやJCubeなど近くのショッピングモール内の飲食店13店舗。稼動する洗浄ラインはハラル専用を含め7ラインある。

現時点での施設の稼働率はまだまだ低いが、この施設を利用することで飲食店は人件費の削減以外に、食器洗いスペースを確保する必要がなくなることから賃貸料を抑えることができる点や、生産性の向上が見込める点などが期待できるという。

【シンガポール】 人材不足

KAMOBSこぼれ話 Vol.109

労働市場の逼迫で、飲食店における人材不足は深刻化していると言われている。 賃金上昇率も加速して、資金力のない飲食店は大変な目に遭っているようだ。

人手不足を補うために、飲食店では食券販売機や使い捨てのプラスティック皿などを導入することも必要になってくるのではないかという話もあったが、一見すると多くの飲食店では、これまでどおりのオペレーションとなんら変わりはない。

しかしながら、人がいなくなると、営業時間を短縮したり、やむを得ず一時閉店状態にしなくてはならなくなる。

Manpower Shortage
Closed From xxxx to xxxx.
Open on xxxxx

というような張り紙も珍しくなくなったというのは言い過ぎか?

人手不足を補う効率のいい方法とは何か? いろいろ考えてみるが、いい案が見つからない。 

先日、某ローカル企業から商品紹介のメールが届いた。送信者は華人系シンガポール人(?)。恐らく日系企業あるいは在留日本人向けに情報を提供したかったのだと思うが、日本語で書かれたメールがおかしい。

オンライン上の翻訳サービスを使ったのだろう。読んでいて思わず吹いてしまうことが何度かあったが、伝えたい内容は想像できた。

それにしても・・・・・・。

飲食店同様、こうした企業も日本人雇用に苦労している証拠なのかもしれないと思いながら、来星当時の雇用市況がまとめられた資料に目をとおす。

【シンガポールニュース】 業務用北海道食品を飲食店に

商談会北海道2Mandarin Orchard Singaporeで18日、『レストラン・飲食店向け商談会inシンガポール』 が開催された。

北海道の委託を受け、一般社団法人北海道貿易物産振興会・札幌商工会議所が主催。 北海道からは20社が出展し、業務用の北海道食品を現地シンガポールの飲食店に売り込んだ。

日本食品輸入業大手のiMei (Exim) Pte Ltdの協力のもとに、現地日本食店を経営する70社近くが来場。シェフや購買担当者など複数で来場した飲食店企業も多く、業務用北海道ブランド食品に対する関心の高さが覗えた。

来場した飲食店が気に入った商品を輸入業者が取り扱ってくれることで、その場で取引が成立するケースも見られた。 
商談会北海道1

一般社団法人北海道貿易物産振興会、田辺外販事業部長は、「次回は、北海道ブランド品の出展食材を調理し、飲食店のメニューとして提案する形式の商談会を開催したい」と語った。

北海道食品・食材の販売促進として、シンガポールでは2011年から商談会を開催している。飲食店向けに業務用の商品にこだわった商談会は今回が初めて。

【シンガポールニュース】 Japanese-Western料理の「abe’s」、Tiong Bahruにオープン

Abe's 225日、Tiong Bahru (ティオン・バル)地区にレストラン「abe’s」がオープンする。味だけでなくプレゼンテーションにもこだわった色彩鮮やかなJapanese-Western Cuisineで来客をもてなす。

素材の旨みを最大限に活かしたメニューは20種類以上で、子供から大人まで楽しめる工夫が施されている。“フルーツと魚介のマリネ”は現地女性の間で人気メニューとなりそうだ。また、ワインや日本酒・焼酎との食べ合わせも楽しめるメニューも提供する。

約800平方フィートの店内は鶯色を基調としたデザインになっており、ゆっくり落ち着いて食事を楽しんでもらいたいという日本人オーナーのホスピタリティーが感じられる。

営業時間は午後6時から11時まで。月曜日が休業日となる。

住所:42 Eng Hoon Street Singapore, Singapore 169785
電話:62221719
メールアドレス:abes.diner@gmail.com
Facebook:http://www.facebook.com/AbesDiner