【シンガポールニュース】JB-シンガポール間の高速鉄道建設決定を歓迎

~CNA 10月31日~

シンガポール政府は31日、シンガポールとマレーシア・ジョホーバル州を結ぶ高速鉄道(RTS LINK)建設を進めるとしたマレーシア政府の決定を歓迎した。

前日、マレーシアのマハティール・モハマド首相が記者会見で、RTS LINKプロジェクトはコストを約3分の1削減して進めると述べた。同首相はプロジェクトの費用を31.6億RM(10.3億シンガポールドル)と見積もっていると述べた。これは当初の17億7000万RMより4.99億RM(36%)少ない。

昨年1月、両国はRTS LINKの2024年末までの完成を目指す最終合意に署名したが、マハティール政権発足後の昨年5月、マレーシア側の要請があり今年9月30日までのプロジェクト中断を発表。マレーシア側が既に発生した60万Sドルを負担することを条件として中断が合意された。9月には10月末まで、追加費用なしでプロジェクトの中断が1ヵ月間延期されることで合意。

シンガポール運輸省(MOT)は、マレーシア側からのコスト削減提案について更なる情報を要求している段階だが、コスト削減によるプロジェクト変更にはRTS LINKの契約の修正が必要となるため、両国が議論して懸命に取り組んでいると述べた。

RTS LINKは1時間に片道10,000人を輸送することから、1日のラッシュアワー時に60,000人のスムーズな両国間往来を可能にすると期待されている。

【シンガポールニュース】高速鉄道(HSR)事業延期が正式に決定

~Channel NewsAsia 9月3日~

ニュースサイトThe Edgeは、マレーシア政府がクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)事業延期問題でシンガポール政府と合意したと伝えた。

HSR事業延期は2020年3月31日までで、マレーシア政府は建設費等経費の見直しを図る。

マレーシアのアズミン・アリ経済相は9月3日にシンガポール政府と賠償金なしの事業延期に同意し、今後の詳細については新たにな協定書に署名する段階で明らかになると伝えられた。

また、アリ経済相はシンガポール政府が、景気が回復するまでの事業延期とその間に賠償金が科せられないことを承認したとしながらも、事業再開時期についての明言を控えた。

8月11日にアリ経済相と会談したコー・ブンワン運輸相は暗礁に乗り上げているHSR事業について両国間の協議は8月20日以降に再開されると明言していた。

【シンガポールニュース】高速鉄道(HSR)事業についての2国間協議再開へ

~Channel NewsAsia 8月14日~

マレーシアのクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)事業について2国間での協議が再開される見通しとなった。

11日に会談したコー・ブンワン運輸相とマレーシアのアズミン・アリ経済相は暗礁に乗り上げているHSR事業について協議していくことで合意。両国間の協議は20日以降に再開されることとなった。

HSRに関しては、5月の総選挙後にマハティール首相が改めて事業の延期を明言。建設費が当初の倍に当たる270億米ドルとなることが最近明らかになり、マレーシアへの経済効果が見込めないと主張した。

HSRは全長350km(シンガポール15 km、マレーシア335 km)を90分でつなげる高速鉄道で、建設工事は2018年に着工、2026年末までの営業開始を目指していた。

【シンガポールニュース】運輸省、高速鉄道事業延期の会議日程は未定

~Channel NewsAsia 8月6日~

暗礁に乗り上げているクアラルンプール・シンガポール高速鉄道(HSR)事業について、シンガポール運輸省(MOT)は6日、両国間の正式な会議日程は未定であると公言した。

週末来星したマレーシアのアズミン・アリ経済相はHSR事業の延期にともなう話し合いを8月中に実施すると発表したが、シンガポール側が否定するかたちとなった。

またMOTは、HSR事業の件でアズミン・アリ経済相が来星中にシンガポール政府高官と会談したことも事実と異なると説明。

MOTによるとマハティール首相就任後に持ち上がったHSR事業見直し提案に対して、6月1日にマレーシア政府側の見解を明らかにするよう求めたが、マレーシア政府からの正式が回答は得られていないとのこと。

マハティール首相は選挙中もナジブ政権時代に1兆リンギもの債務が生じたことを非難し、HSRなど大型プロジェクトの見直しを公約に掲げていた。HSR事業にかかる建設費は当初の倍に当たる270億米ドルとなることが最近明らかになったばかり。

【シンガポールニュース】マハティール首相、クアラルンプール・シンガポール高速鉄道の取り止めを発表

~Channel NewsAsia 5月29日~

マレーシアのマハティール首相は29日、クアラルンプール・シンガポール高速鉄道(HSR)事業の取り止めをシンガポール政府に伝えると発表。

同首相は前日にHSR事業の契約破棄を発表したが、シンガポールの運輸省は正式な通達はないと主張していた。

5月9日の総選挙でマレーシア希望同盟(PH)が前ナジブ政権に勝利。選挙中もマハティール首相はナジブ政権時代に1兆リンギもの債務が生じたことを非難し、HSRなど大型プロジェクトの見直しを公約に掲げていた。

マレーシアのアブドル・ラーマン前首相府相は、マレーシアに莫大は経済効果を生み出す

HRS事業の取り止めは大きな過ちだという声明に対して、マハティール首相は莫大な債務を抱えた前政権側からのコメントを一蹴した。

【シンガポールニュース】 マレーシア・ジョホーバル州への高速鉄道建設について最終合意

~Channel NewsAsia  1月16日~

リー・シェンロン首相は来星中のマレーシアのナジブ首相と会談し、シンガポールとマレーシア・ジョホーバル州を結ぶ高速鉄道(RTS LINK)建設について最終合意した。

RTS LINKは2024年末までに完成予定。1時間に片道10,000人を輸送することから、1日のラッシュアワー時に60,000人が両国間を行き来する計算となる。

最終合意では、両国間の往来をスムーズにするため、出入国の審査を同時に可能とすることも確認。出入国審査のチェックポイントは、シンガポール側がWoodlands North Station、ジョホール側がBukit Chagar Stationにそれぞれ設けられ、シンガポールからジョホーバルに出発する場合はWoodlands North Stationでシンガポールの出国とマレーシアへの入国の手続きが同時にできることになる。

RTS LINKは、通勤鉄道としてジョホーバルからはシンガポールへの通勤を容易にする。また、ジョホーバルはシンガポール人買い物客が増加することから消費をさらに押し上げると言う経済効果も期待されている。

共同声明の場で、両首脳は国境を跨いだ経済融合に向けて両国の関係が緊密であることを示した。

【シンガポールニュース】 KL-Singapore HSR、1時間に4本の列車を運行

~Channel NewsAsia 12月8日~

シンガポールとクアラルンプールを結ぶ高速鉄道(KL-Singapore HSR)は完成すると1時間に4本の列車を運行する。

マレーシア財務省の鉄道プロジェクト担当部門でKL-Singapore HSR事業に携わるMyHSR Corpが8日に公表した。

列車2本はジュロン・イーストとクアラルンプール南方のバンダル・マレーシアをむすぶ途中停車なしのサービスで30分毎の運行となる。残り2本は各駅停車となる。

HSRは全長350km(シンガポール15km、マレーシア335km)で工事は2018年に着工予定。8つの駅を有し、シンガポールとクアラルンプール間は90分でつながる。2026年末までの営業開始を目指す。

【シンガポールニュース】 地元企業6社が共同出資、KL-Singapore HSR事業への参画が目的

~Channel NewsAsia 7月2日~

地元企業6社が共同で、シンガポールとクアラルンプールを結ぶ高速鉄道(KL-Singapore HSR)事業への参画する。

共同出資するのはClifford Capital, DBS, Sembcorp Design and Construction, SMRT International, Surbana Jurong, Singapore Technologies Electronics。

地場企業の海外ビジネスを支援するInternational Enterprise Singapore (IE Singapore) の主導の下で結束する6社は全て政府系企業。

Sembcorp Design and Constructionのヤム・アミ―COEは、6社が結集することで高速鉄道事業への価値提案を高めることができると語った。

【シンガポールニュース】 シンガポール-クアラルンプール高速鉄道建設、最終合意

~Channel NewsAsia 12月13日~

シンガポールとマレーシアの両国首相は13日、2026年末までの営業開始を目指すシンガポールとクアラルンプールを結ぶ高速鉄道(HRS)建設に最終合意した。

両国間の海峡には海面から25メートルの高さの鉄橋が建設されることも明らかになった。

調印式に出席したリー・シェンロン首相は、HRSがシンガポール・マレーシア両国の行き来を便利にし社会生活やビジネスにも影響を及ぼし、両国に大きな利益をもたらすと語った。

鉄道建設や運営を担う企業は、国際公開入札で選ばれる。

【シンガポールニュース】 シンガポール・マレーシア高速鉄道、協定調印は12月21日に

~Channel NewsAsia 12月1日~


シンガポールとクアラルンプールを結ぶ高速鉄道(HRS)事業について、121日マレーシアのアブドル・ラーマン首相府相は協定調印は1221日頃になる見通しだと述べた。


声明でラーマン首相府相は、調印に向けて更なる協議が必要だとしシンガポールのコー・ブンワン運輸相と会談したことを明らかにしたうえで、調印のため両国がそれぞれが法的必要条件の最終整理を進めていることに言及した。


メディアの質問に対して、運輸省は2国間協定で望ましい進展が見られた、HRS事業の調印に向けて最終作業に入っていると説明。


HRS事業に関し、シンガポールとマレーシア両国は7月19日に覚書を締結しており、地域の相互連携を促進する重大インフラプロジェクトが前に向かって重要な一歩を踏み出した。

全長350km(シンガポール15km、マレーシア335km)で工事は2018年に着工予定。8つの駅を有し、シンガポールとクアラルンプール間は90分でつながる。