【シンガポールニュース】砂糖含有量の多い容器詰め飲料、調査回答者40%が販売禁止を選択

~The Straits Times 12月6日~

The Straits Timesが読者を対象にオンライン調査を実施したところ、回答者のうち最も多い40%が砂糖含有量の多い容器詰め飲料の販売禁止を選択した。

保健省(MOH)が今月4日、糖尿病や肥満の原因となる砂糖の摂取量を抑える目的で、4つの案を用意し、国民からの意見聴取を実施すると発表したことをうけ、The Straits Timesは読者1,900人を対象にオンライン調査を実施した。。

HOMによる4提案は
1.販売禁止
2.1回あるいは段階的な課税
3.砂糖含有量および栄養分のラベル表示の義務化
4.ソーシャルメディアやバス広告を含めた全ての広告の禁止

回答数が2番目に多かったのは、「砂糖含有量および栄養分のラベル表示の義務化」で、以下、「1回あるいは段階的な課税」、「ソーシャルメディアやバス広告を含めた全ての広告の禁止」と続いた。

課税と同じような義務を課すことで、飲料メーカーに砂糖の含有量を抑制させた例としては、英国、メキシコ、米国内の複数の都市、域内ではブルネイやタイがある。

【シンガポールニュース】砂糖含有量の多い容器詰め飲料、販売禁止か課税か? MOHが国民の意見を聴取

~The Straits Times 12月4日~

保健省(MOH)は、糖尿病や肥満の原因となる砂糖の摂取量を抑えるための方策について、予め4つの案を用意し、国民からの意見聴取を実施する。

対象は砂糖の含有量がティースプーン5.5杯分を超える飲料水で、以下4つの案について意見聴取する。

1.販売禁止
2.1回あるいは段階的な課税
3.砂糖含有量および栄養分のラベル表示の義務化
4.ソーシャルメディアやバス広告を含めた全ての広告の禁止

シンガポールでは既に学校や政府関連施設内で砂糖含有量の多い容器詰め飲料の販売は禁止されている。また、多くの企業が子供たちが頻繁にテレビを見る時間帯では同類の飲料の広告を控えている。最近では、法的しばりはないものの、Healthier Choice Symbolを付けて砂糖含有量が少ない飲料水と証明する活動も見られる。

MOHは250mlの砂糖入り飲料水を毎日摂取すると糖尿病にかかるリスクが18~26%増すとして警鐘を鳴らしている。シンガポール人の砂糖摂取量は1日あたり60g(ティースプーン約12杯分)。世界保健機関(WHO)が推奨する1日25gを大きく上回っている。

【シンガポールニュース】ジュロン・ウェストで63人がデングウイルスに感染

~Channel NewsAsia 5月5日~

水資源環境省(NEA)と保健省(MOH)は5日、ネッタイシマ蚊の発生源が見つかった西部ジュロン・ウェストで63人がデングウイルスに感染し、うち3人が死亡したと発表した。

発生源は居住地区で見つかっており、規模は今年最大。感染者は全て同地区の居住者だった。

NEAとMOHによると、ジュロン・ウェストでは4月3日以来、ネッタイシマ蚊のボウフラの生息地が117箇所見つかっており、うち82箇所は一般家庭やその周辺にあるバケツ、鉢皿、水切りラック、噴水で発見された。残り35箇所は水たまりや側溝で見つかった。

NEAは住宅地を中心に殺虫剤を噴霧し、住民を訪問しボウフラの生息しないよう鉢皿にたまった水などを放置しないよう注意を呼びかけた。

【シンガポール ニュース】 MOH、新型インフルエンザワクチン配布

保健省(MOH)は新型インフルエンザワクチンの摂取希望者を把握し、2週間後にポリクリニック、病院、診療所に配布する。シンガポールで新型インフルエンザのワクチンが一般市民に配布されるのは初めて。

各医療機関の医師はワクチンの摂取希望者のリストを作成しMOMに提出する。25日、North West の地域評議会主催のイベントに参加したコー・ブン・ワン保健相はリストの中には合計で数百から数千の希望者があると予想。

また、コー保健相は「シンガポールが英国系製薬会社グラクソ・スミスクラインからクリスマスまでに100万投与量分のワクチンを購入すると発表した。

2割のワクチンは、医療関係者や警察官など必要最小限の人員に確保され、残りがポリクリニック、病院、診療所に配布される。すでにいくつかの医療機関では一般市民から数千以上の注文を受けている。

新型インフルエンザ(H1N1)による死亡者はシンガポール国内では18人。最初の流行時に世界中で5,000人もの死亡者がでたと推測される。ワクチンの摂取によって、第2次流行期の死者の数は減少すると期待されている。

新たに死亡者2人、新型インフルエンザ

7月22日、新型インフルエンザ感染による死亡者2人が確認され、計3人となったと保健省(MOH)が発表した。死亡したのは13歳の少年と55歳の男性で、2人とも持病を抱えていたと言う。

13才の少年は咳と発熱のため、19日に国立大学病院(NUH)に搬送されていた。入院中に心肺機能が停止し、集中治療室に運ばれたが、てんかん発作のため22日に亡くなった。

55歳の男性は発熱と息切れが2日続いた後18日にチャンギ総合病院に搬送された。その日のうちに心臓発作で集中治療室に運ばれたが、容態は悪化するばかりで、22日肺炎を引き起こし亡くなった。

19日に49歳の男性がなくなってから、現在でも5人の感染者が危険な状態で集中治療を受けているという。

コー・ブンワン保健相は、インフルンザの症状の疑いがあれば、すぐに治療を受けることを促すとともに、H1N1研究費として新たも1000万Sドル確保する考えがあることを明らかにした。

新型インフル、国内感染広まる

6月21日、新たに新型インフルエンザ感染が確認された16人のうち、7人に渡航歴がないことが判明。 この4日間での国内感染者数は21となった。これまでシンガポールで確認された感染者総数は142人。

先週18日、新型インフルエンザが流行している海外への渡航歴のない永住権保持者(マレーシア人)が新型インフルエンザに感染し、保健省(MOH)はシンガポール国内感染の可能性があると警告していた。

これまで、ローヤンのリバーライフ教会、シンガポール国立大学(NUS)での感染が確認されている。MOHは昨日、新たにワンフラトンにあるButter Factory Clubに、先週の水曜日に来店した19歳の女子学生をはじめ合計4人が感染したと注意を呼びかけている

一方、シンガポールが開催国となっているアジアユース選手権の参加国であるフィリピンのサッカー選手(14歳)が新型インフルエンザに感染していた問題で、サッカーチームメンバーとコーチ計20人に検査が行われたが、全て陰性であったがあきらかになった。尚、少年は伝染病センターで安静にしているという。

関連ニュース
新型インフルエンザ感染者、新たに3人  2009年5月25日
新型インフルエンザ、警戒レベル引き下げ  2009年5月11日