【シンガポールニュース】政府主導で、データセンター向け冷却技術を開発

~The Straits Times 10月21日~

シンガポール国立大学(NUS) 工学部、ケッペルデータセンターホールディングス、シンガポールLNGコーポレーション(SLNG)は、データセンター向けの斬新で費用対効果の高い冷却技術を共同開発する。

同プロジェクトは、グリーンデータセンター研究プログラムのもと、シンガポール政府の国立研究財団がサポートする。21日の共同声明では、持続可能でコンパクトなデータセンターへの道を切り開く冷却媒体のプロトタイプを開発することが発表された。

プロトタイプは、シンガポールLNGターミナルから複数のデータセンターに冷熱を効率的に保存して運び、その後、各データセンターの冷却ループ内での循環により効果的に冷却する機能を有する。

Semiclathrate Thermal Energy Carrier Systemと呼ばれる新しい冷却技術は、データセンターの電力使用効率を20%向上させると見込まれ、冷却インフラストラクチャの設置面積を削減することにより、施設スペースと建設コストを節約できると期待されている。

新しい冷却技術については、NUSが2022年までに実証するためのプロトタイプを設計、構築、運用する。

ウォーターテクノロジーセンター、NUSに開設

6月22日、1.5億Sドルを投入して企業と大学が提携するウォーターテクノロジーセンターの開設式が行われた。

この施設は、急速な発展を遂げる中国、インド、中東へ清浄水を供給することを主な目的として、シンガポール大学(NUS)とGeneral Electric (GE) Water and Process Technologiesがタイアップしたもの。海水の清浄、水の再利用、電子部品産業に必要な純水の製造などにかかるコストをどのように削減していくか研究の対象になる。

開設式に出席したシンガポール国立研究財団(NRF)トニー・タン所長は大学側は未開拓の分野で既存の技術と組み合わせて様々な研究に着手することができ、企業側は大小関わらず顧客の開拓に従事できるとそれぞれの長所について言及した。

また、タン所長は商品やサービスを市場に提供するために、大学・企業双方がコスト効率の良さ、斬新さ、信頼性、起業家的発想などの必要性を理解していると期待を寄せた。

ウォーターテクノロジーセンターはNUSケントリッジキャンパスのT-Labビルと呼ばれる11Fの建物で、正式な開業は来年になる。

関連ニュース
下水処理システムが国際的な評価   2009年5月4日

新型インフル、国内感染広まる

6月21日、新たに新型インフルエンザ感染が確認された16人のうち、7人に渡航歴がないことが判明。 この4日間での国内感染者数は21となった。これまでシンガポールで確認された感染者総数は142人。

先週18日、新型インフルエンザが流行している海外への渡航歴のない永住権保持者(マレーシア人)が新型インフルエンザに感染し、保健省(MOH)はシンガポール国内感染の可能性があると警告していた。

これまで、ローヤンのリバーライフ教会、シンガポール国立大学(NUS)での感染が確認されている。MOHは昨日、新たにワンフラトンにあるButter Factory Clubに、先週の水曜日に来店した19歳の女子学生をはじめ合計4人が感染したと注意を呼びかけている

一方、シンガポールが開催国となっているアジアユース選手権の参加国であるフィリピンのサッカー選手(14歳)が新型インフルエンザに感染していた問題で、サッカーチームメンバーとコーチ計20人に検査が行われたが、全て陰性であったがあきらかになった。尚、少年は伝染病センターで安静にしているという。

関連ニュース
新型インフルエンザ感染者、新たに3人  2009年5月25日
新型インフルエンザ、警戒レベル引き下げ  2009年5月11日