【シンガポールニュース】都市型農業で食料安全保障を強化

~The Straits Times 3月4日~

コー・クーポン通産担当大臣は4日の国会審議で、食料安全保障を強化するため、北部Sungei Kadutに18ヘクタールのAgri-Food Innovation Parkを開設すると発表した。

Agri-Food Innovation Parkは、室内野菜栽培工場、昆虫養殖、家畜肥料製造など、ハイテク農業と研究開発活動を集積する施設で、第1フェーズは2021年までに完了し、その後は拡張される予定。

政府はまた、世界で年間5兆米ドル規模と言われる食品・農業技術市場への参入を志す者に助成金を支給し、最新技術等の教育機会を提供する。農業食品家畜庁(AVA)は、6300万ドルの農業生産性基金(APF)を通じて食料生産の向上を支援するとともに、農家にAVAのアカウントマネージャーを派遣し技術導入や事業開発についてアドバイスする。

高等教育機関も将来の農業を担う若者を教育する上で重要な役割を担っており、Republic Polytechnicでは都市型農業技術の過程を導入。Temasek Polytechnicは、水産養殖のイノベーションセンターを立ち上げ、水産養殖の効率を高めるためのリソース、知的財産、インフラストラクチャ、専門知識を提供する。

政府は農業を新興することで、自給自足率を向上させるだけでなく、シンガポールの農業が抱えてきたスペース不足、労働不足、水不足などを解決するソルーションを海外に提供する域内の農業ハブを目指す。