【シンガポールニュース】 車両購入権価格、自家用車は下落

~Channel NewsAsia  12月20日~

今年最後の車両購入権(COE)入札が20日に行われ、自家用車の落札価格は下落した。 入札件数は5,832で落札件数は4,352だった。

落札価格
カテゴリー 12月20日 12月06日
カテゴリーA(排気量1600cc以下で130馬力以下) 38,200 42,339
カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上) 47,002 53,711
カテゴリーC(商業車、バス) 58,036 51,890
カテゴリーD(バイク) 7,501 6,552
カテゴリーE(オープンカテゴリー) 45,112 42,000

【シンガポールニュース】 車両購入権価格が上昇、今後は発効枚数も減少で価格高騰か

~Channel NewsAsia 11月8日~

車両購入権(COE)の入札が8日に行われ、全てのカテゴリーで落札価格は上昇した。陸運庁(LTA)は先月、自家用車とオートバイの車両登録台数の年間増加率をゼロとすると発表。施行は来年2月からであるが、COE発効枚数も減少することから、今後はCOE価格が上昇するとの見方が強い。

落札価格
カテゴリー 11月8日 10月25日
カテゴリーA(排気量1600cc以下で130馬力以下) 47,112 41,617
カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上) 57,414 49,996
カテゴリーC(商業車、バス) 58,036 51,890
カテゴリーD(バイク) 5,502 4,903
カテゴリーE(オープンカテゴリー) 57,000 52,000

入札件数は7,870で落札枚数は 4,334 枚だった。

【シンガポールニュース】 車輌購入権(COE)発行数、5-7月は大幅に増加

~Channel NewsAsia 4月12日~

陸運庁(LTA)は12日、5-7月に発行される車輌購入権(COE)が前期(2-4月期)から 20.1%増の31,708枚となることを発表した。

Widening Pay Gaps
カテゴリー 2-4月期COE発行数/月 5-7月期COE発行数/月
カテゴリーA(排気量1600cc以下で130馬力以下) 4,104 3,797
カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上) 2,714 2,641
カテゴリーC(商業車、バス) 322 2,168
カテゴリーD(バイク) 692 907
カテゴリーE(オープンカテゴリー) 963 1,055

COE発行数は、前年12月31日時点の車両登録台数の年間増加率(0.25%)をベースに11-1月期の廃車登録数とタクシー台数を考慮し決定される。次回は7月に8-10月期の発行数が発表される。

【シンガポールニュース】 車両購入権価格、二輪車の落札価格が過去最高額

~Channel NewsAsia 3月29日~

車両購入権(COE)の入札が29日に行われ、二輪車がこれまでで最も高い8,081Sドルで落札されたほか、商業者を除く全てのカテゴリーで落札価格が前回を上回った。

落札価格
カテゴリー 3月29日 3月15日
カテゴリーA(排気量1600cc以下で130馬力以下) 51,765 50,789
カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上) 54,000 53,300
カテゴリーC(商業車、バス) 47,036 49,002
カテゴリーD(バイク) 8,081 7,483
カテゴリーE(オープンカテゴリー) 54,501 53,001

入札件数は6,529で落札枚数は 4,471 枚だった。

【シンガポールニュース】車輌購入権(COE)発行数、2-4月は増加

~Channel NewsAsia 1月19日~

陸運庁(LTA)は19日、2-4月に発行される車輌購入権(COE)が前期(11-1月期)から 8.9%増の26,391枚となることを発表した。

COEはカテゴリーC(商業車、バス)とカテゴリーD(バイク)を除く、発行数は以下の通りとなる。

Widening Pay Gaps
カテゴリー 2-4月期COE発行数/月 11-1月期COE発行数/月
カテゴリーA(排気量1600cc以下で130馬力以下) 4,104 3,688
カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上) 2,714 2,486
カテゴリーC(商業車、バス) 322 361
カテゴリーD(バイク) 692 741
カテゴリーE(オープンカテゴリー) 963 799

COE発行数は、前年12月31日時点の車両登録台数の年間増加率(0.25%)をベースに11-1月期の廃車登録数とタクシー台数を考慮し決定される。次回は4月に5-7月期の発行数が発表される。

COE発行数は、前年12月31日時点の車両登録台数の年間増加率(0.25%)をベースに4-6月期の廃車登録数とタクシー台数を考慮し決定される。次回は10月に11-1月(2017)期の発行数が発表される。陸運庁(LTA)は12日、8-10月に発行される車輌購入権(COE)が前期(5-8月期)から 10.6%減少の25,843枚となることを発表した。
COEは全てのカテゴリーで減少することになり、各カテゴリーの発行数は以下の通りとなる。
<table style=”border:none;margin-top:0;” border=”0″ cellspacing=”0″ cellpadding=”0″><caption style=”text-align:left; font-weight:bold;”>Widening Pay Gaps</caption>
<tbody>
<tr style=”border:none;”>
<th style=”background-color:white;text-decoration:underline;border:none;”>カテゴリー</th>
<th style=”background-color:white;text-decoration:underline;border:none; text-align:right;”>5-7月期COE発行数/月</th>
<th style=”background-color:white;text-decoration:underline;border:none; text-align:center;”>8-10月期COE発行数/月</th>
</tr>
<tr>
<td style=”border:none;”>カテゴリーA(排気量1600cc以下で130馬力以下)</td>
<td style=”border:none; text-align:right;”>4,433</td>
<td style=”border:none; text-align:right;”>4,016</td>
</tr>
<tr>
<td style=”border:none;”>カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上)</td>
<td style=”border:none; text-align:right;”>2,924</td>
<td style=”border:none; text-align:right;”>2,672</td>
</tr>
<tr>
<td style=”border:none;”>カテゴリーC(商業車、バス)</td>
<td style=”border:none; text-align:right;”>456</td>
<td style=”border:none; text-align:right;”>350</td>
</tr>
<tr>
<td style=”border:none;”>カテゴリーD(バイク)</td>
<td style=”border:none; text-align:right;”>794</td>
<td style=”border:none; text-align:right;”>718</td>
</tr>
<tr>
<td style=”border:none;”>カテゴリーE(オープンカテゴリー)</td>
<td style=”border:none; text-align:right;”>1,027</td>
<td style=”border:none; text-align:right;”>857</td>
</tr>
</tbody></table>
COE発行数は、前年12月31日時点の車両登録台数の年間増加率(0.25%)をベースに4-6月期の廃車登録数とタクシー台数を考慮し決定される。次回は10月に11-1月(2017)期の発行数が発表される。

【シンガポールニュース】 車両購入権価格、二輪車と商業車を除き下落

~Channel NewsAsia 12月21日~

今年最後の車両購入権(COE)の入札が21日に行われ、二輪車と商業者を除くすべてのカテゴリーで前回価格を上回った。

カテゴリーA(排気量1600cc以下が130馬力以下の車両)は2週間前の入札価格より1,751Sドル上回り49,751Sドルで落札。

前回の入札で6,772Sドル下落したカテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上の車両)は前回から4,880Sドル上回る51,109Sドルで、またカテゴリーE(オープンカテゴリー)も50,010Sドルから50,389Sドルに、それぞれ上昇した。

オートバイはわずか12Sドル安い6,101Sドルに落ち着いた。商業車は51,209Sドルから49,500Sドルと下落した。

入札件数は6,032で落札枚数は 4,089 枚だった。

【シンガポールニュース】 車両購入権価格、商業車を除き下落

~Channel NewsAsia 12月7日~

車両購入権(COE)の入札が7日に行われ、商業者を除くすべてのカテゴリーで前回価格を下回った。

カテゴリーA(排気量1600cc以下が130馬力以下の車両)は2週間前の入札価格より2,951Sドル下回り48,000Sドルで落札。

カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上の車両)は前回の53,001Sドルから46,229Sドルに、カテゴリーE(オープンカテゴリー)も54,901Sドルから 50,010Sドルに、それぞれ大きく下落。

オートバイは99Sドル安い6,113Sドルに落ち着いた。唯一価格が上昇した商業車は前回から2,207Sドル上回る51,209Sドルで落札された。

入札件数は5,143で落札枚数は 4,061 枚だった。

【シンガポールニュース】車輌購入権(COE)発行数、11ー1月(2017)も減少

~Channel NewsAsia 10月12日~

陸運庁(LTA)は12日、11-1月(2017年)に発行される車輌購入権(COE)が前期(8-10月期)から6.23%減少の24,234枚となることを発表した。

COEは全てのカテゴリーCおよびD以外全てで減少となる。各カテゴリーの発行数は以下の通りとなる。

COE発行数
カテゴリー 8-10月期COE発行数/月 11-1月期COE発行数/月
カテゴリーA(排気量1600cc以下で130馬力以下) 4,016 3,688
カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上) 2,672 2,486
カテゴリーC(商業車、バス) 350 361
カテゴリーD(バイク) 718 741
カテゴリーE(オープンカテゴリー) 857 799

COE発行数は、前年12月31日時点の車両登録台数の年間増加率(0.25%)をベースに7-9月期の廃車登録数とタクシー台数を考慮し決定される。次回は1月に2-3月(2017)期の発行数が発表される。

【シンガポールニュース】車輌購入価格、全カテゴリーで下落

~Channel NewsAsia 7月7日~

車両購入権(COE)の入札が7日に行われ、すべてのカテゴリーで前回価格を下回った。

カテゴリーA(排気量1600cc以下が130馬力以下の車両)は2週間前の入札価格より2,899Sドル下回り55,200Sドルで落札。

カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上の車両)は57,010Sドルから56,089Sドルに、カテゴリーE(オープンカテゴリー)も57,390Sドルから 56,002Sドルに、それぞれ大きく下落。

オートバイは291Sドル安い6,012Sドルに落ち着いた。最も下げ幅の小さかった商業車も前回の48,002Sドルから47,889Sドルに下落した。

入札件数は7,326で落札枚数は 4,854 枚だった。

【シンガポールニュース】 車両購入権,カテゴリーBで1,408Sドル上昇

~Channel NewsAsia 5月5日~

車両購入権(COE)の入札が5日に行われ、COE価格はカテゴリーBが1,408Sドルの大幅上昇となった。

カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上の車両)のCOE価格は前回の49,602Sドルから51,010Sドルに上昇したほか、カテゴリーA(排気量1600cc以下が130馬力以下の車両)も47,300Sドルから 47,889Sドルと前回を上回った。

一方、カテゴリーE(オープンカテゴリー)は49,501Sドルから49,000Sドルに下落。オートバイは下げ幅199Sドルを記録し6,302Sドルに落ち着いた。商業車も前回から700Sドル安い42,302Sドルで落札された。

入札件数は8,104で落札枚数は 5,061 枚だった。