【シンガポールニュース】11月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比2.6%減

~The Straits Times 12月17日~

Enterprise Singaporeが17日公表した11月の非石油地場輸出(Nodx=石油輸出・再輸出を除く輸出)は、149億ドルで前年同月比2.6%減だった。7ヵ月連続の増加からマイナスに転じた。

11月は電気機器輸出が前月の3.6%減から4.5%増と回復。IC、家電、通信機器がそれぞれ27.9%、11.5%、3.4%増加した。一方、非電子機器輸出は前月12.8%増から5.2%減と失速。非貨幣用金が77.9%減と大きく落ち込んだほか、特殊機械(12.8%減)と石油化学製品(7.8%減)が低調だった。

前月比(季節調整済み)は4.2%減で、非電子機器輸出の減少が影響した。

Nodx主要市場10ヵ国・地域全体では米国、タイ、日本、台湾向け以外は不調で、 中国(16%減)、韓国(25.7%減)、インドネシア(20.3%減)は大きく落ち込んだ。

非石油再輸出(NORX)も電子機器再輸出・非電子機器再輸出ともに増加し前年同月比9.4%増だった。

シンガポールニュース】10月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比8.3%増

~The Straits Times 11月16日~

Enterprise Singaporeが16日公表した10月の非石油地場輸出(Nodx=石油輸出・再輸出を除く輸出)は、156億ドルで前年同月比8.3%増だった。

電気機器輸出は前月の1.3%減に続き3.5%減と落ち込みが続いた。一方、非電子機器輸出は前月の11.8%増に続き12.8%と堅調に伸びた。

前月比(季節調整済み)は4.2%増で、9月の4.4%減から大きく改善した。

Nodx主要市場10ヵ国・地域全体では中国、台湾、マレーシア向けが減少したが、EU(37%増)、米国(32.8%増)、日本(20.7%)向けが好調で、事前予想を大きく上回る主因となった。

【シンガポールニュース】ホーカーセンターなどの電子決済システムを統一

~Channel NewsAsia 9月12日~

シンガポール企業庁(Enterprise Singapore)は12日、ホーカーセンターなどの電子決済システムを統一するため、NETSタッチ決済を採用すると発表した。

ホーカーセンターでは迅速なサービスの提供が求められており、キャッシュレス化が加速していた、NETSの統一型端末の導入により、決済システムの異なる複数の端末を保持する必要がなくなる。

利用可能な電子決済サービスは年内にMastercard, Visa, NETSを含む10種類で、2019年8月には更に10種類が加わる。 支払い方法として最終的にはEZ-Link, NETS FlashPay, WeChat Pay, Singtel Dash and GrabPayなど20種類の電子決済を選択することができる。

NETSの統一型端末を導入できるのは、環境省の管轄下にあるホーカーセンターの他、住宅開発局やJTC Corporationが管轄するコーヒーショップや食堂に限定される。