【シンガポールニュース】食品見本市「Speciality & Fine Food Asia (SFFA)2018」が開幕

プレミアム食材・食品に特化した食品見本市「Speciality & Fine Food Asia (SFFA)2018」が、7月17日に島内中心部のサンテックシティ・コンベンション&エキシビションセンターで開幕した。

同見本市は、展示会・イベントを運営する英系のFRESH MONTGOMERY社主催のもとロンドンで18回開催されている食品見本市の東南アジア版として、昨年からシンガポールで開催されている。今回は世界20カ国・地域から約200社が出展。日本からは山口県や新潟県が出展し、地酒や特産品を紹介した。

MONTGOMERY ASIA社の営業担当メイ・シオン・ブー氏は、シンガポールをはじめと東南アジアでの販路構築・拡大を目的として、食品関係者の誘致を強化すると同時に、出展者の依頼に基づくビジネスマッチングのアレンジにも力を入れているという。

3日間の開催で来場者数は昨年より1,000~1,500人多い4,000~4,500人を目指す。