【シンガポールニュース】2019年通年のGDP成長率を0~1.0%に下方修正

~CNA 8月13日~

米中貿易の緊張により世界の電子機器市場の減速に拍車がかかるなか、通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)は13日、2019年通年のGDP成長率を0~1.0%に下方修正した。

MTIは5月に、成長率を1.5~3.5%という事前予想から上限を引き下げた 1.5~2.5%と下方修正したばかり。今回は4-6月期のGDP成長率が0.1%と低迷したことをうけ、大幅に下方修正されることとなった。

4-6月期は電子機器、輸送エンジニアリング、精密エンジニアの生産が減少し、製造業の成長率は前年同期比で3.1%減少し、前期の0.3%減より悪化した。

実質GDP成長率季節調整済前期比)では前期3.8%増から3.3%減とマイナスに転じた。状況回復には悲観的な見方もあり自律的景気後退(techinical recession)も懸念されている。

政府はまた、輸出が急減する中、非石油地場輸出(Nodx=石油輸出・再輸出を除く輸出)の通年予想を事前の-2~0%から -9~-8%へ大幅に下方修正した。同日発表された第2四半期のNodxは14.6%減と前期の6.4%減から悪化した。

【シンガポールニュース】 7~9月期のGDP成長率5.2%増、2013年末以来の高水準

~Channel NewsAsia 11月23日~

7~9月期の国内総生産(GDP)成長率は前年同期比5.2%増と、速報値(4.6%増)から上方修正された、2013年末以来の高い伸びをみせた。

同期のGDP成長率は前月比(季節調整済み)でも8.8%増と上方修正され、前月の2.2%増から大きく上昇した。

通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)の23日の報告によると、2017年通年のGDP成長率も事前予想の2~3%から3~3.5%に上方修正された。

上方修正の要因としては、第3四半期の製造生産高が予想値を上回る18.5%だったことが挙げられる。

しかしながら、産業別でみると建設業のように活力を失っている業種もあり、好景気と楽観視することには否定的な見方をする専門家やアナリストも少なくない。

【シンガポールニュース】 7~9月期のGDP成長率、4.7~5.1%増へ上方修正

~Channel NewsAsia 11月20日~

7~9月期の国内総生産(GDP)成長率が、速報値(前年同期比4.6%増)から上方修正されるとの見方が強まった。

通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)は23日に第3四半期のGDP成長率を最終報告を行うが、それを前に民間エコノミストはGDP増加率を4.7~5.1%増になると予想。この予想値が確定すると3年振りの大幅増となる。

上方修正の要因としては、野村証券エコノミストのブライアン・タン氏は第3四半期の製造生産高が予想値の15.5%増を上回る18.5%だったことを挙げた。タン氏は第3四半期のGDP成長率を4.9%に上方修正した。

第3四半期GDPを上方修正する動きは、9月の製造生産高が前年同月比で14.6%増となった時点でみられていた。9月の製造生産高は事前のアナリストによる予想を上回わり14ヵ月連続の増加となった。