【シンガポールニュース】都市型農業技術を後押し、域内で農業技術のハブを目指す

~The Straits Times 1月15日~

Marina Bay Sands Expo and Convention Centreで15日に開催されたIndoor Ag-Con Asiaでの基調講演で、コ-・ポークン通商担当大臣はシンガポールが域内の都市型農業・水産養殖業技術のハブになることに期待を寄せた。

コ-通商担当大臣は, 「イノベーション」、「優秀な人材」、「戦略拠点」を有するシンガポールは、限られた農地で食糧を生産する技術を開発し、ハイテク農業への投資が食品の輸入依存を軽減し、季節の食品の生産も可能としたと述べた。

Indoor Ag-Con Asiaでは、農業技術(および水産養殖技術)分野をより後押しする目的で、Enterprise Singaporeが投資部門Seeds Capitalを通じ、スタートアップ企業への投資を促すスキーム「Startup SG Equity」のもと、7つの投資パートナーを任命したことも発表された。

このパートナーシップのもとでは、食料とアグリテックのソリューションに関連するスタートアップの初期段階には9,000万シンガポールドル以上が投資される。任命されたパートナーは、AgFunder、Hatch、ID Capital、Openspace、The Yield Lab、TrendlinesおよびVisVires New Protein。