【シンガポールニュース】7月の降水量12.2mm、観測史上最少

~CNA 8月1日~

シンガポール気象センター(Meteorological Service Singapore)のデータによると、7月は乾燥した日が続き、降水量観測を開始した1869年以来、雨量が最も少ない月だったことがわかった。

月間の降水量は12.2mmで、1997年7月に記録した18.6mmを大きく下回った。また、月間平均気温も観測史上2番目に高い29℃を記録。1日の最高気温も28.9~34.5度だった。また先月の最低平均気温は26.9度と2015年7月に記録した26.7℃を超えた。

8月の気候は最初2週間が7月後半同様の暑い日が続くとみられ、気温も平均26~33℃で推移すると予想されているが、日によっては日中の気温が34℃を超えることもありそうだ。

また、夜も地域によっては気温が28℃で湿度の高い日が続くことも予想されている。加えてスマトラ島中央部とカリマンタン島南部では焼き畑による低木地帯での火災が確認されており、煙害の影響を受ける可能性もあると予想されている。