【シンガポールニュース】2019年通年のGDP成長率を0~1.0%に下方修正

~CNA 8月13日~

米中貿易の緊張により世界の電子機器市場の減速に拍車がかかるなか、通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)は13日、2019年通年のGDP成長率を0~1.0%に下方修正した。

MTIは5月に、成長率を1.5~3.5%という事前予想から上限を引き下げた 1.5~2.5%と下方修正したばかり。今回は4-6月期のGDP成長率が0.1%と低迷したことをうけ、大幅に下方修正されることとなった。

4-6月期は電子機器、輸送エンジニアリング、精密エンジニアの生産が減少し、製造業の成長率は前年同期比で3.1%減少し、前期の0.3%減より悪化した。

実質GDP成長率季節調整済前期比)では前期3.8%増から3.3%減とマイナスに転じた。状況回復には悲観的な見方もあり自律的景気後退(techinical recession)も懸念されている。

政府はまた、輸出が急減する中、非石油地場輸出(Nodx=石油輸出・再輸出を除く輸出)の通年予想を事前の-2~0%から -9~-8%へ大幅に下方修正した。同日発表された第2四半期のNodxは14.6%減と前期の6.4%減から悪化した。

【シンガポールニュース】6月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比17.3%減

~The Straits Times 7月17日~

シンガポール企業庁(Enterprise Singapore)が17日公表した6月の非石油地場輸出(Nodx=石油輸出・再輸出を除く輸出)は、前年同月比17.3%減少した。輸出額は129億Sドルで5月の140億Sドルを下回った。

6月はブルームバーグのアナリストによる事前予想9.6%減より下げ幅は大きく、2013年3月に記録した33.2%減以来の大きな落ち込みとなった。CIMB銀行ののエコノミスト、ソン・センウン氏は、先週発表された第2四半期の速報値がほぼ横ばいの0.1%増だったことが、6月の貿易と製造の予想を上回る落ち込みを示したと述べた。

6月の電子機器輸出は5月の31.6%減に続き、31.9%下落。 集積回路、パーソナルコンピュータおよびディスクメディア製品の低迷が続いた。CIMB銀行エコノミスト、ソン氏は半導体チップはすでにメーカーの売上予測が4年振りに低下するなど悲観的な見方が強まっていると述べた。またINGエコノミストのプラカッシュ・サクパル氏は電子機器はNodx全体の25%を占めており、そのうちの半分が半導体で構成されていることから、シンガポールの輸出に大きな影響を及ぼすと指摘。

Nodxは非電子機器輸出でも、6月は12.4%減と5月の11.1%減に続き下落。非貨幣の金、石油化学製品、医薬品の出荷低迷が主因となった。

DBS銀行のシニアエコノミスト、アイヴァン・シャー氏は通常、統計値は年の半ばで安定すると指摘したうえで、「6月のデータにより今年下半期の回復の望みはなくなった」と述べた。さらに、最善のシナリオとして期待できるのは第4半期に状況が安定化することとし、景気減速は2013~2015年期より深刻になると予想。

【シンガポールニュース】4月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比10%減

~The Straits Times 4月17日~

シンガポール企業庁(Enterprise Singapore)が17日公表した4月の非石油地場輸出(Nodx=石油輸出・再輸出を除く輸出)は、132億Sドルで前年同月比10%減だった。前年同月比では先月に続いて大幅減となった。。

4月はブルームバーグのアナリストによる事前予想4.6%減より下げ幅が大きく、電子機器輸出および非電子機器輸出ともに落ち込んだ。

電気機器輸出は3月の26.7%減に続き4月も16.3%減と不調が続いた。ディスクメディア製品が31.3%減、ICが21.2%減、ICパーツが51.7%減と大きく落ち込んだ。非電子機器の輸出は7.9%減で、医薬品(46.6%減)、特殊機械(22.7%減)、石油化学製品(13.6%減)の出荷減速が主因だった。

Nodx主要市場10ヵ国・地域全体では香港と米国以外は不調で、 EUが25.4%減、日本が31.3%減と大幅減少を記録した。また最大の輸出国中国も5.8%減と減速した。

【シンガポールニュース】4月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比11.7%減

~The Straits Times 4月17日~

シンガポール企業庁(Enterprise Singapore)が17日公表した3月の非石油地場輸出(Nodx=石油輸出・再輸出を除く輸出)は、136億6440万ドルで前年同月比11.7%減だった。4カ月ぶりに増加した2月(4.8%増)からマイナスに転じた。

3月はブルームバーグのアナリストによる事前予想2.2%減より下げ幅が大きく、2016年10月以来もっとも大きな減速となった。なかでも電気機器輸出が前月の26.7%減と急落し2013年3月以降で最大の下げ幅を記録した。パソコンの46.3%減をはじめ、ディスクメディア製品が40.3%減、ICが22.2%減と大きく落ち込んだ。

メイバンクのエコノミスト、リー・ジュイ氏は、電子機器輸出の落ち込みはシンガポールのみならず韓国や台湾でも顕著にみられるとしたうえで、電子機器のダウンサイクルは底打ちに近づいている可能性があり、5月の米中貿易協定が実現すれば、今年後半からは少しずつ改善に向かう可能性もあると付け加えた。

非電子機器の輸出は、2月の9.4%増からマイナスに転じ、前年同期比7%減となった。医薬品(36.5%減)、特殊機械(24.4%減)、石油化学製品(15.1%減)の出荷減速が主因だった。

【シンガポールニュース】2月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比4.9%増

~The Straits Times 3月18日~

シンガポール企業庁(Enterprise Singapore)が18日公表した2月の非石油地場輸出(Nodx=石油輸出・再輸出を除く輸出)は、131億8,670万Sドルで前年同月比4.9%増だった。4カ月ぶりに増加に転じた。

2月はブルームバーグによる事前予想1.6%減を上回り、1月の前年同月比10.1減から大きく改善した。エコノミストはEnterprise Singaporeによる統計値をいい兆候で受注の安定化を示している一方で成長の持続に関しては不透明だと述べた。

UOBのエコノミスト、バマバス・ガン氏は、1月と2月の平均値をとると2019年最初の2ヶ月で2.6%の縮小を示し、前年同期の3.5%増から減少している点を指摘した。同氏は特に電子輸出はこの1年間ほぼマイナスであることも付け加えた。

同氏は、特に電子輸出はほぼ一年間マイナスとなっていると付け加えた。

【シンガポールニュース】11月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比2.6%減

~The Straits Times 12月17日~

Enterprise Singaporeが17日公表した11月の非石油地場輸出(Nodx=石油輸出・再輸出を除く輸出)は、149億ドルで前年同月比2.6%減だった。7ヵ月連続の増加からマイナスに転じた。

11月は電気機器輸出が前月の3.6%減から4.5%増と回復。IC、家電、通信機器がそれぞれ27.9%、11.5%、3.4%増加した。一方、非電子機器輸出は前月12.8%増から5.2%減と失速。非貨幣用金が77.9%減と大きく落ち込んだほか、特殊機械(12.8%減)と石油化学製品(7.8%減)が低調だった。

前月比(季節調整済み)は4.2%減で、非電子機器輸出の減少が影響した。

Nodx主要市場10ヵ国・地域全体では米国、タイ、日本、台湾向け以外は不調で、 中国(16%減)、韓国(25.7%減)、インドネシア(20.3%減)は大きく落ち込んだ。

非石油再輸出(NORX)も電子機器再輸出・非電子機器再輸出ともに増加し前年同月比9.4%増だった。

シンガポールニュース】10月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比8.3%増

~The Straits Times 11月16日~

Enterprise Singaporeが16日公表した10月の非石油地場輸出(Nodx=石油輸出・再輸出を除く輸出)は、156億ドルで前年同月比8.3%増だった。

電気機器輸出は前月の1.3%減に続き3.5%減と落ち込みが続いた。一方、非電子機器輸出は前月の11.8%増に続き12.8%と堅調に伸びた。

前月比(季節調整済み)は4.2%増で、9月の4.4%減から大きく改善した。

Nodx主要市場10ヵ国・地域全体では中国、台湾、マレーシア向けが減少したが、EU(37%増)、米国(32.8%増)、日本(20.7%)向けが好調で、事前予想を大きく上回る主因となった。

【シンガポールニュース】1月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比13%増

~Channel NewsAsia 2月15日~

International Enterprise Singapore (IE Singapore)が15日公表した統計によると、1月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比13%増でロイター通信社の事前予想9%増を上回った。

前月比は季節調整済みで0.3%減。IE Singapore によると比重の高い電気機器輸出の減速が要因。電気機器輸出は12月は5.3%減、1月は3.9%減と2カ月連続の減少となった。IC、パソコン部品、ディスクドライブがそれぞれ10%、31.4%、39.4%落ち込んだ。

一方、非電子機器輸出は前年同月比20.7%増で、8カ月連続で増加した。非電子のエンジン/モーター、食品調達物、計量器の輸出が383.6%、100%、43.2%と大幅に増加したことが要因。

台湾やタイへの輸出が落ち込んだものの、米国、日本、EU向けの輸出が伸びたことで、主要市場10ヵ国・地域全体への輸出は増加した。

【シンガポールニュース】 12月の非石油地場輸出(Nodx)、増加率が鈍化

~Channel NewsAsia 1月17日~

International Enterprise Singapore (IE Singapore)が17日公表した統計によると、12月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比3.1%増だった。

Nodx増加率は前年同月比で10月の20.5%増をピークに、11月は9.1%となり鈍化傾向にある。12月はロイター通信社の事前予想8.7%増を大きく下回る結果となった。

増加を続けていた電子機器輸出は前年同月比5.3%減とマイナスに転じた。IC、パソコン部品、ダイオードおよびトランジスタの輸出が、それぞれ6.0%、27.7%、8.7%落ち込んだ。

一方、非電子機器輸出は、前月より増加率は鈍化したものの、前年同月比6.8%増だった。

輸出市場別では、香港、台湾、中国、タイ、インドネシア向け輸出が減少したもの、主要市場10ヵ国・地域全体への輸出は伸びた。

【シンガポールニュース】 非石油地場輸出、10月は前年同月比20.9%増

~Channel NewsAsia 11月17日~

International Enterprise Singapore (IE Singapore) が17日公表した統計によると、10月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比20.9%増で、電子機器・非電子機器の輸出がともに好調だった。

電子機器輸出は9月に8%下落したが、10月はIC(+15.4%)、ディスクメディア(+28.8%)、パソコン部品(+13.0%)が牽引し、前年同月比で4.5%増加した。

非電子機器輸出は、非貨幣用金、石油化学製品、医薬品がそれぞれ591.7%、22.9%、25.1%伸び、全体でも28.5%増加した。

輸出市場別では、主要10カ国・地域では、台湾、香港、インドネシアを除いて輸出が増加。市場として最大の中国向けの輸出が53.3%増と好調だったのをはじめ、はUE、マレーシア向け輸出もそれぞれ26.1%、22%増加した。