【シンガポールニュース】 大学キャンパスで健康食広まる

~The Straits Times 4月18日~

シンガポール国立大学(NUS)では、キャンパス内の食堂、飲食店などで提供されるメニュー全てのカロリーを表示し、利用者の健康志向を意識した取り組みがされている。

NUSはキャンパス内で提供される全ての食事のカロリーを計算するため専門家と契約。今後2,3年以内に全てのメニューのカロリーが表示される見込みだ。 きっかけは、昨年、同大学のキャンパス内の飲食店が,健康促進局(Health Promotion Board, HPB)が健康な食事を推進するHealthier Dining Programme (HDP)の認証を受けたこと。 

2014年から始まる同プログラムで、HPBは飲食店に500カロリー以内のメニューの提供を推奨。 島内では1,500を超える飲食店がHDPの認証を受けている。 これら飲食店関係者はHPBに認可された卸売業者とタイアップして、食材の見直しや料理法などからカロリーの低いメニューの考案。

NUSキャンパス内で提供されるチキンライスは脂分の多い皮の部分を取り除き、ブラウンライスを使用することで、通常の425カロリーから350-400カロリーまで抑えている。 また、オムライスもクッキングオイルを少なめにし、ご飯やソースの分量を減らし野菜を多くしたことで、通常の590カロリーから498カロリーまで抑えたメニューを提供している。

カロリーの低いメニューを提供している店では、スタイルのいい学生ほど低カロリーのメニューを選ぶ傾向にあるといい、全体では20-30%の学生・大学スタッフが新しく考案した健康食を好むようだ。

2010年の調査によると、シンガポールでは18歳から69歳の9人に1人が肥満であり、特に40歳以下の肥満人口が急増している。教育省の調べでは、2014年の学生の肥満率は12%まで上昇。

HPBは小・中学校の食堂で栄養バランスのとれたセットメニューを提供し、幼少時から栄養バランスのとれた食生活を身につけることで、肥満児の割合を抑えるプログラムなどにも取り組んでいる。

【シンガポールニュース】 無料個人授業で低所得世帯の子供をサポート

~The Straits Times 2月2日~ 

学習塾、宗教団体、大学の慈善活動などにより、無料で個人授業を受ける低所得世帯の子供が増えている。

Stag Match Tuition Centreは2009年から無料で個人授業を提供しており、14校中、4校で低所得世帯の子供のサポートをしている。無料授業を受ける生徒は2009年に50人だったが昨年は400人にまで増加。月収が3,500Sドルを下回る世帯の子供が対象だ。

Stag Matchのアレックス・ウォン代表によると、無料授業を受けるほとんどの生徒の家庭は崩壊しているか、親が無学の場合が多いが、このような境遇にある生徒のほうが意欲的に学習に取り組んでいるという。

シンガポール国立大学(NUS)の学際的学院機構によって昨年設立されたConnect Tuitionは、初年23人の生徒を受け入れ無料で個人授業を開始したが、今年はすでに生徒数がすでに40人に達している。約40人の大学院生が英語から会計・経理の初歩にいたる様々な科目を教えている。

Connect Tuitionでは、生徒の成績向上だけを目的とせず、わからないことがあれば生徒に自発的に質問させるような授業となっている。

その他にも、低所得世帯の子供に対して無料授業のサポートをしている団体が増えており、世帯あたりの月収など、条件を緩和して、より多くの生徒を受け付けようとする動きが活発化している。

【シンガポールニュース】 NUSビジネススクール, 世界5位にランク

Financial Times紙はExecutive Master of Business Administration Rankings 2012 でシンガポール国立大学(NUS)ビジネススクールのダブルディグリー(Double-Degree)・エグゼクティブMBAプログラムを世界5位にランク付けた。

同プログラムは、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)は提携によるもので、昨年は世界9位にランクされた。

修了後の平均年収は上級管理職を対象にしている。修了3年目の平均年収は250,904米ドルで昨年の232,928米ドルからアップ。

NUSによると、同プログラムはアジアでは唯一、2週間1コース6回の講義をシンガポール、ロサンゼルス、上海、バンガロールで開催し、受講者の半数以上が海外から渡航しているという。

【シンガポールニュース】 中古民間住宅の販売価格、4月は微増

シンガポール国立大学(NUS)不動産研究所がまとめた4月の中古民間住宅価格は高級住宅の販売が堅調だったことから、全体で0.4%増とプラスに転じた。

高級住宅のNUSは3月にわずか0.1%伸びただけだったが、4月は1.6%伸び、全体の中古民間住宅価格が引きあがった主因となった。

しかしShoebox Apartmentとよばれる500平方フィート以下のアパートは3月の2.7%増から4月は1.2%減となった。また中心部の中古民間住宅価格は3月の伸び(0.7%)から横ばいに推移した。

住宅価格微増について専門家は、想定内だとし、中古民間住宅の販売活動が活発化したとしても、圧倒的なものにはならないという見解を示している。

【シンガポールニュース】 中古民間住宅の販売価格が3カ月連続で下落

シンガポール国立大学(NUS)不動産研究所がまとめた2月のシンガポール住宅価格指数(SRPI)は前月比で0.8%下がり、3カ月連続で下落した。

高級住宅が集まる中心部のSRPIは前月比で0.9%、郊外型住宅のSRPIは同0.6%それぞれ下落。Shoebox Apartmentとよばれる506平方フィート以下のアパートのSRPIも0.9%下落した。

住宅価格の下落について専門家は、ここ数カ月間の不動産市場の動向を考慮すれば当然の結果だと捉えているようだ。

R’ST Researchのオン・カーセン取締役は、賃貸市場の低迷が中古民間住宅市場を抑止している可能性を指摘。同氏は、特に利益目的に中古住宅を購入する投資家の動きが結果的に抑止されたと説明した。

SLP International Property Consultancyのニコラス・マック氏は、新規で様々な物件が売りだされたことも中古民間住宅価格が下落した要因だという。
新規住宅ローンが組めることで、即金での支払を必要とする中古民間住宅が減退した可能性があると指摘した。

【シンガポール】 シンガポール人大学生

KAMOBSこぼれ話 Vol.81

「あどけない」、「明るい」、「人懐っこい」、それでいて「真剣に向き合ってくれる」。

シンガポール国立大学(NUS)の学生さんがアンケート調査に協力してくれた時の印象である。

記述式の質問にも、ペンの動きは滑らかで、自分の意見をしっかり伝えてくれた。中には勉強しているという日本語で回答してくれた学生さんもいた。

今回は某商品の試食アンケートだったが、短時間に多くの学生さんが興味をもってお手伝いしてくれたことに感謝している。

学生さんならではの視点で、今後どのように商品をシンガポール市場に売り込んでいくかという提案もしてくれた。とても興味深いもので、いくつか検討してみたいと思う。

それにしても、みんな(男子学生も女子学生も)実際の年齢より若く見える。こんなことを言うと怒られてしまうが、どうみても高校生か、なかには中学生にしか見えない学生さんも少なからずいた。

すっぴんで大学生には見えなかった可愛らしい学生さんが、我々外国人(日本人)に積極的に感想や意見を述べてくれたとき、一瞬あどけない顔をした目の前にいる大学生が大人にみえてしまった。

内向き志向が強いと言われている日本の大学生に足りないものを見てしまったような気がした。

【シンガポールニュース】 NUS、コブラの毒素で認知症予防に期待

キングコブラの毒から認知症予防やニコチン中毒症の治療としての効果が期待できる毒素がシンガポール人研究者によって発見された。

発見された毒素はアルツハイマーのような認知症から神経細胞を守る可能性があるとして注目されている。

シンガポール大学生物科学部研究者によって名づけられたHaditoxinという毒素は、蛇毒の専門研究者マンジュナーサ・キニ氏によると皺取り注射液として知られるボツリヌス毒素と同じように 神経インパルスを遮断することで筋肉の縮小を和らげることができる。

キニ教授のもと研究チームは化合物の研究に3年を費やした。オーストラリアのグリフィス大学やスイスのジェノバ大学と緊密に協力してきた。

研究はまだ続いていて、治療に効果のある薬剤が製造、市販されるまでには、今後数年を要するとみられる。