【シンガポールニュース】ヘン・スイキャット財務相、与党・人民行動党ナンバー2に

~The Straits Times 11月23日~

与党・人民行動党(PAP)は23日、ヘン・スイキャット財務相(57)を書記長第1補佐に任命した。党内では書記長を兼任するリー・シェンロン首相に次ぐ序列第2位となり次期首相の最有力候補となった。

リー首相は、新たな党幹部人事は政治組織刷新への重要なステップだと位置づけたうえで、PAPのFacebookに「若手閣僚たちがここ数カ月間議論してきたうえ、ヘン氏が自分たちのリーダーにふさわしいと結論づけた」とコメントした。

また、新たな党幹部人事では、ヘン氏がチャン・チュンシン貿易産業相を序列3位となる書記長第2補佐に選出したことも明らかになった。

リー首相は、ヘン氏とチャン氏について、これまでも様々な役割を通じて力をつけており、互いに補うことが可能な協力なコンビだと評価した。

ヘン氏は2011年に政界入り。教育相を経験した後、2015年の総選挙後に財務相に任命された。

【シンガポールニュース】 総選挙、平日の9月11日に実施

~The Straits Times 8月26日~

トニー・タン大統領は25日、議会を解散し、平日の9月11日(金曜日)に総選挙を行うことを発表要求した。 これを受け各政党の総選挙に向けた動きが加速する。

選挙公示日は9月1日(火曜日)。 有権者に考える時間をもってもらうことを目的に、投票日前日の選挙キャンペーンを禁止したCooling-off Dayを、前回2011年の総選挙同様に採用。投票日9月11日は休日となる。

総選挙が平日に行われるのは1997年以来初めて。9月12日がChinese Seventh Month(旧暦7月)の最終日で、多くのイベントが開催されることから、前日の11日を投票日としたようだ。

すでに各政党は候補者を決定。与党・人民行動党(PAP)のリー・シェンロン首相は、総選挙により新たに強化されたPAPが国を前進させる強いリーダーシップを発揮するだろうとメッセージを送った。1963年以来、全議席の確保を狙う。

一方、野党9党は、16のグループ選挙区(GRC)と13の1人区、合わせて89議席全てでPAPに対抗。最大野党の労働者党(Worker’s Party)は28議席の獲得を狙う。

【シンガポールニュース】 人民労働党, 総選挙に向け立候補者を2週間内に発表

~The Straits Times 8月11日~

与党・人民行動党(PAP)のン・エンヘン幹事は10日、総選挙に出馬する候補者全員を2週間以内に発表することを明らかにした。

野党4党も協議の結果、互いが競合しないよう与党への対立候補を1本化。建国50周年の余韻さめやらぬなか、16のグループ選挙区(GRC)と13の1人区、合わせて89議席を争う総選挙モードに突入する。

野党から予定どおり立候補者がでれば、建国以来初めて、有権者全て(現在246万人)が1票を投じる総選挙となる。

2011年の総選挙では、予想どおり与党・人民行動党(PAP)が87議席中、81議席を獲得したものの、得票率は過去最低の60.1%に留まった。

また、野党は労働者党(Worker’s Party)が1人区のアオガンと定数5人のグループ選挙区(GRC)アルジュネ地区で勝利し、6議席を獲得した。グループ選挙区で野党が勝利したのは初めてだった。

【シンガポールニュース】 「建国の父」リー・クアンユー元首相が死去、91歳

シンガポール首相府は23日、リー・クアンユー初代首相が同日午前3時18分に死去したと発表した。重度の肺炎で今年2月5日からシンガポール総合病院に入院していた。91歳だった。

シンガポール繁栄の基礎を築き、「建国の父」と称されたリー元首相は、弁護士だった1954年に現与党の人民行動党(PAP)を結成。1959年には英連邦内自治州となったシンガポールの州首相に就任。

マレーシアからの分離独立を余儀なくされた1965年にシンガポール初代首相となり、徹底した合理主義と強いリーダーシップで経済発展を促してきた。

一方で、開発独裁として批判を浴びることもあったが、資源のない小国の発展のため妥協は許さなかった。経済発展のための能力主義を貫き、文化的価値観よりも一部のエリートを創出するための教育を強化。

1990年に首相から引退したが、その後も上級相、顧問相として政権内に居続け、2011年の総選挙後、政界を引退。

2004年に首相に就任したリー元首相の長男で現首相のリー・シェンロン氏は、「『建国の父』が亡くなった。独立に向け闘い、国家をゼロから造りあげ、シンガポール人としての誇りを与えてくれた。彼のような人物は2度と現れない」と涙ながらに演説した。

首相府は23日から29日まで喪に服す期間と定め、29日に国葬が営まれる。

【シンガポールニュース】 経済競争力の維持に外国人受入れ抑制の緩和不可欠=EIU

エコノミック・インテリジェンス・ユニット(EIU)は17日に公表した最新のレポートで、シンガポール政府の外国人受入れ抑制に警鐘を鳴らした。

シンガポール建国50周年に触れた10ページに及ぶ特集のなかでEIUは、年齢別人口の変化や競争力維持の必要性により、シンガポール政府は外国人受入れの抑制政策を見直す必要に迫られると指摘。さらに、外国人の受入れを抑制し失業率を下げてみても、シンガポール経済に悪影響を及ぼし、国際競争力や”寛大さ″という名声に傷がつくと否定的に取り上げている。

シンガポールでは、与党・人民行動党(PAP)が2011年の総選挙で87議席中、81議席を獲得したものの、得票率は過去最低の60.1%に留まった。同選挙では、これまでの与党による外国人政策の見直しが焦点のひとつであり、のちに外国人受入れの抑制政策の強化につながった。安い労働力がシンガポール経済の潤滑油として、この国を支えてきたが、ここ数年の様々な規制により、外国人労働者の雇用が以前より難しい状況だ。

EIUのシンガポールに関するレポートは、外国人受入れの抑制政策以外では、全体的に肯定的な内容でまとめられている。今後も引き続き金融・液化天然ガスのハブとしてのポジションを維持し、観光インフラ・製造・外交の強化が期待できるとしている。また、賢明な政策立案により競争力を維持し、海外企業の誘致は継続されるものとみられている。

【シンガポールニュース】 総選挙、与党81議席獲得も得票率は過去最低

7日に投票があったシンガポールの総選挙は、予想どおり与党・人民行動党(PAP)が87議席中、81議席を獲得したものの、得票率は過去最低の60.1%に留まった。

野党は労働者党(Worker’s Party)が1人区のアオガンと定数5人のグループ選挙区(GRC)アルジュネ地区で勝利し、6議席を獲得した。1988年に導入されたグループ選挙区で野党が勝利したのは初めてで、野党獲得議席数も建国以来最多となった。

一方、PAPはジョージ・ヨー外相が議席を失い、得票率も前回2006年の66.6%から低下するなど、これまでにない打撃を受けた。

今回の選挙では、実質PAP一党ですべてが議論されてきたことに対して、異を唱える市民に後押しされるかたちで野党が奮起。外国人政策の見直しと格差の是正求める若い世代の動向が注目された。しかしながらPAPは高年層からの根強い支持で大多数の議席を獲得したものとみられる。

【シンガポールニュース】 選挙運動最終日、15会場で政党集会

5月5日、15会場で政党集会が行われ、9日間におよぶ選挙運動が終わる。

与党・人民行動党(PAP)は8会場で政党集会を開催。労働者党(Worker’s Party)との激選となるアルジュネ地区、イースト・コースト地区には、リー・シェンロン首相も応援にかけつける。

一方、野党側は5つの政党が7会場で政党集会を行う。改革党(Reform Party)、シンガポール民主党( Singapore Democratic Party=SDP)がそれぞれ2会場で集会を行う。

今回の総選挙では、1988年以来、野党6党がグループ選挙区(GRC)に最も多い候補者を擁立。与野党合わた立候補者は、1人区も含めると170人。最大焦点は、外国人政策の見直しと格差の是正。これまで、実質PAPの一党ですべてが議論されてきたことに対して、異を唱える市民に後押しされるかたちで野党が奮起。

2006年の総選挙で野党が獲得したのはわずか2議席(84議席中)だったが、今回の選挙で野党がどれだけ議席数を伸ばすことができるかも注目される。

今回の選挙では、有権者に考える時間をもってもらおうと、投票日の前日にクーリングオフという各政党による選挙キャンペーンを禁止する日が設けられた。投票日は5月7日。

※今回、候補者を擁立したシンガポールの野党
労働者党(WP)、シンガポール民主党(SDP)、国民団結党(NSP)、シンガポール民主連合(SDA)、改革党(RP)、シンガポール民主連合(SDA)

【シンガポールニュース】 総選挙、5月7日に実施

4月19日、 ナーザン大統領は議会を解散し、5月7日に総選挙が実施されることになった。

与党・人民行動党(PAP)はリー・シェンロン首相が率いる。04年に首相に就任して、2006年に次いで首相として2度目の総選挙となる。今回は24人の新人候補のうち、2人が30歳未満であり、次世代を意識した人選が目立った。

前回の総選挙では、84議席に対し野党は47人の候補者を擁立したに留まった。今回は議席数が87に増え、野党からの候補者は少なくとも71人になる見込み。国民団結党とシンガポール人民党は政府奨学金を得ていた4人の元国家公務員を候補として擁立する予定だ。投票によって野党がどれだけ議席を伸ばすことができるか注目される。

今回の選挙では、有権者に考える時間をもってもらおうと、投票日の前日にクーリングオフという各政党による選挙キャンペーンを禁止する日が設けられた。

また、与党・人民行動党(PAP)の議席独占を緩和するために1984年に導入された野党指名議員(Non-Constituency MP)の人員数も、現行の3人から9人に増える。

【シンガポールニュース】 ゴー・ケンスイ元副首相死去

今日のシンガポールの基盤を築き上げた一人であるゴー・ケンスイ元副首相が5月14日死去し、15日にはリー・シェンロン首相、ゴー・チョクトン上級相はじめ、現職閣僚が通夜に参列した。

リー首相は「我々はゴー氏が成し遂げてきたことを基盤に物事を進めている」と語り、人民行動党(PAP)の創設から財務相、国防相、教育相を歴任し、長年政界を牽引してきたゴー氏の業績を回顧した。財務相時代には公的資金の無駄使いをなくし、国防省時には現在の徴兵制の基礎を導入。

また、経済開発庁(EDB)、ジュロン・タウン・カウンセル(JTC)、金融管理庁(MAS)、政府投資公社(GIC)を創設し重要ポストを歴任。政界引退後はNMロスチャイルド・アンド・サンズ会長、ホンリョン・アジア副会長を歴任。

脳卒中で倒れてからのここ10年は体が不自由となりピュア夫人の支えを必要とした。

政府はゴー氏の業績を称え、23日に国葬を行う。国葬ではリー・クワンユー顧問相が弔辞を述べる。ゴー氏の遺体は20日から22日まで国会に安置される。