【シンガポールニュース】JB-シンガポール間の高速鉄道建設決定を歓迎

~CNA 10月31日~

シンガポール政府は31日、シンガポールとマレーシア・ジョホーバル州を結ぶ高速鉄道(RTS LINK)建設を進めるとしたマレーシア政府の決定を歓迎した。

前日、マレーシアのマハティール・モハマド首相が記者会見で、RTS LINKプロジェクトはコストを約3分の1削減して進めると述べた。同首相はプロジェクトの費用を31.6億RM(10.3億シンガポールドル)と見積もっていると述べた。これは当初の17億7000万RMより4.99億RM(36%)少ない。

昨年1月、両国はRTS LINKの2024年末までの完成を目指す最終合意に署名したが、マハティール政権発足後の昨年5月、マレーシア側の要請があり今年9月30日までのプロジェクト中断を発表。マレーシア側が既に発生した60万Sドルを負担することを条件として中断が合意された。9月には10月末まで、追加費用なしでプロジェクトの中断が1ヵ月間延期されることで合意。

シンガポール運輸省(MOT)は、マレーシア側からのコスト削減提案について更なる情報を要求している段階だが、コスト削減によるプロジェクト変更にはRTS LINKの契約の修正が必要となるため、両国が議論して懸命に取り組んでいると述べた。

RTS LINKは1時間に片道10,000人を輸送することから、1日のラッシュアワー時に60,000人のスムーズな両国間往来を可能にすると期待されている。

【シンガポールニュース】 マレーシア・ジョホーバル州への高速鉄道建設について最終合意

~Channel NewsAsia  1月16日~

リー・シェンロン首相は来星中のマレーシアのナジブ首相と会談し、シンガポールとマレーシア・ジョホーバル州を結ぶ高速鉄道(RTS LINK)建設について最終合意した。

RTS LINKは2024年末までに完成予定。1時間に片道10,000人を輸送することから、1日のラッシュアワー時に60,000人が両国間を行き来する計算となる。

最終合意では、両国間の往来をスムーズにするため、出入国の審査を同時に可能とすることも確認。出入国審査のチェックポイントは、シンガポール側がWoodlands North Station、ジョホール側がBukit Chagar Stationにそれぞれ設けられ、シンガポールからジョホーバルに出発する場合はWoodlands North Stationでシンガポールの出国とマレーシアへの入国の手続きが同時にできることになる。

RTS LINKは、通勤鉄道としてジョホーバルからはシンガポールへの通勤を容易にする。また、ジョホーバルはシンガポール人買い物客が増加することから消費をさらに押し上げると言う経済効果も期待されている。

共同声明の場で、両首脳は国境を跨いだ経済融合に向けて両国の関係が緊密であることを示した。