【シンガポールニュース】SIAとSilkAir、6月と7月に特定フライトを再開の予定

~CNA 6月1日~

シンガポール航空(SIA)とその子会社である地域航空会社のSilkAirは、規制当局の承認を条件として、6月と7月に特定フライトを再開する。

再開予定のフライト目的地として、アデレード、アムステルダム、オークランド、バルセロナ、香港、大阪などが含めれていることがSIAのウェブサイトに記載されている。

SIAは3月にグループ全体の運航能力を年初計画より96%減らすと発表。SIAとSilkAir保有の147機のうち、138機の運航を停止した。特定都市へのフライトを再開することで当初6月と7月に予定されていた乗客の収容能力の94%に制限する。その後は国際航空旅行の需要に合わせ乗客の収容能力を調整していく。

国営航空会社のSIAは5月14日に、コロナ感染による海外渡航の制限により年間の純損失が2億1,200万Sドルになるとの事業計画を発表。昨年は6億8,300万Sドルの利益を記録しており、操業48年で初めて純損失を記録することになる。

【シンガポールニュース】  SilkAirがシンガポールと広島を結ぶ直行便就航

~Channel NewsAsia 5月30日~

地域航空会社でシンガポール航空の子会社のSilkAirが、シンガポールと広島を結ぶ直行便を就航する。

直行便は月曜・木曜・土曜の週3日で10月30日から。広島に向けたフライトの出発時間は午前1時45分で到着は午前9時30分。一方、シンガポールへの出向便は午前10時25分で午後3時40分に到着する。フライトはSilkAirのボーイング737-800が採用される。

SilkAirのフー・チャイウー最高責任者は、広島は歴史的背景や温暖な気候に加え魅力あふれる他の観光地にも近いことからシンガポール人に人気となっており、唯一のシンガポールー広島間の直行便就航を誇りに思うと述べた。

広島到着後はシンガポール航空とSilkAirのネットワークにより、羽田・成田・名古屋・大阪・福岡への乗り継ぎも可能となる。