【シンガポールニュース】製造業購買担当者指数、4月は50.3ポイント

~The Straits Times 7月3日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が3日に公表した統計によると、6月の製造業購買担当者指数(PMI)は、前月から0.3ポイント減少し、49.6ポイントとなり2ヵ月連続で景気の改善と悪化の分岐点となる50を下回った。

SIPMMのソフィア・ポー開発担当は、6月は、新規受注、工場生産、在庫、および雇用水準の低下が大きく影響したと指摘。また、複数の専門家は今年中のシンガポール経済の見通しについて、低調で経緯する可能性が強いと示唆した。

メイバンク・キムエンのエコノミスト、チュア・ハクビン氏は 「PMIの新規受注は先行指標であり、2ヵ月連続の縮小は景気低迷が第3日半期まで続くことを示唆している」と述べ、製造業の不況は深刻化していると指摘した。さらに、今年通年のGDP成長率も現在の政府予想1.5~2.5%を下回る1.3%と予想した。

部門別では電気機器部門のPMIが前月から0.2ポイント低い49.2ポイントとなり、8ヵ月連続で縮小。新規受注、新規輸出、工場生産、在庫および雇用水準の低下がみられ、受注残高指数は14ヶ月連続で縮小した。

一方で、 INGのチーフエコノミスト兼アジア太平洋地域の研究責任者、ロバート・カーネル氏は、2018年以降、シンガポールのPMIは低下しているものの、台湾や韓国のエレクトロニクス大国ほど酷く落ち込んではいないと指摘。そのうえで同氏は、第5世代のセルラーネットワークである5Gの展開が、世界の製造業回復の鍵となるという見解を示した。

【シンガポールニュース】製造業購買担当者指数、3月は50.8ポイント

~The Straits Times 4月3日~

電子機器需要の世界的な減速から数カ月間経ち、製造業の景況感が改善した。購買原材料管理協会(SIPMM)が3日に公表した統計によると、3月の製造業購買担当者指数(PMI)は、前月から0.4ポイント増加した50.8ポイントだった。

景況感の改善と悪化の分岐点となる50ポイントは31カ月連続で上回った。150企業への調査によると、3月は新規受注および在庫の伸びがPMI上昇を牽引した。

電気機器部門のPMIは昨年11月から連続で50ポイントを下回っているが、3月は前月より0.3ポイント高い49.8ポイントと改善した。電気機器部門では、新規受注および輸出の伸びが3ヶ月連続で低迷し、工場生産は4ヶ月連続で減少した。

SIPMMは、製造業全体の3月の受注残高指数は改善したものの、まだまだ不十分であると指摘。OCBC銀行のOCBCのセリーナ・リン氏は、、受注残高の指標は、海外需要が回復していないことを示唆していると語った。

また、リム氏は景況感と消費者心理が改善しない限り、製造業や電子機器業界が、今後半年のシンガポール経済の成長を牽引する可能性は低いと付け加えた。

【シンガポールニュース】3月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は53.0ポイント

~Channel NewsAsia 4月2日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が2日に公表した統計によると、3月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.3ポイント上昇し53.0ポイントだった。

景況感の改善と悪化の分岐点となる50を19ヵ月連続で上回った。

SIPMMによると、3月のPMIは生産高、新規製造注文が好調で、特に新規製造注文のPMIは54.9ポイントで56.5ポイントを記録した2009年12月以来の高水準だった。

電子機器部門のPMIは前月から0.3%上昇し52.4ポイントを記録し、20ヵ月連続で50ポイントを上回った。生産高、新規製造注文、輸出注文、完成品在庫が好調だった。完成品在庫のPMIは54.9ポイントで、57.4ポイントを記録した2011年9月に次ぐ数値だった。

【シンガポールニュース】2月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は52.7ポイント

~Channel NewsAsia 3月3日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が2日に公表した統計によると、2月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.4ポイント下落し52.7ポイントだった。

SIPMMによると、2月は電子機器部門で新規製造注文と完成品在庫が減速したが、景況感の改善と悪化の分岐点となる50を18ヵ月連続で上回った。

電子機器部門のPMIは前月から0.3%下落し52.1ポイントとなり、過去8か月で最低水準だったものの、50ポイントを19カ月連続で上回った。

OCBCのセリーナ・リン氏は、2月のPMIが市場予想の53.1ポイントを下回ったことについて“春節”の影響に言及。1月の製造業生産高が前年同月比17.9%増と大きく伸びたのも“春節”前の前倒し需要が発生したもので、今後は穏やかな伸びにとどまると予想した。

そのうえでリン氏は、製造業生産高は堅実に伸びているとし、第1四半期と通年の成長率をそれぞれ6.7%、4.9%と予想した。

【シンガポールニュース】 1月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は53.1

~Channel NewsAsia 2月2日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が2日に公表した統計によると、1月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.3ポイント上昇した53.1となり、2009年12月以来の高水準を記録した。

景況感の改善と悪化の分岐点となる50を17ヵ月連続で上回り、製造業界にとっては幸先のいいスタートが切れたとの見方がある。

SIPMMによると、1月のPMIは非電子機器部門が牽引し、生産高、新規製造注文、輸出注文、完成品在庫が好調だった。一方で電子機器部門のPMIは18ヵ月連続で50ポイントを上回ったものの、新規製造注文、輸出注文、完成品在庫の改善が後退し前月から0.3ポイント下落の52.9だった。

製造業の成長のペースがすでに穏やかになっているとの指摘はあるが、SIMPPは電子機器部門の景況感についても緩やかながらPMIは50ポイント超えを維持すると楽観視している。

【シンガポールニュース】 12月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は52.8

~The Straits Times  1月4日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が4日に公表した統計によると、12月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.1ポイント下落したものの52.8と高水準を維持した。

12月のPMIは景況感の改善と悪化の分岐点となる50を16ヵ月連続で上回り2017年を締めくくった。電子機器部門が牽引し好調を維持した製造業はGDP全体の1/5を占めており、今年も経済成長に欠かせない鍵として期待される。

12月は生産高と完成品在庫の改善がやや鈍化したが、新規製造注文および輸出注文、雇用の改善が引き続き顕著だった。また製造業の主要部門である電子機器のPMIは53.2で前月より0.3ポイント下回ったものの17ヵ月連続で50を上回った。国内注文、輸出注文、生産高、完成品在庫、雇用が後退したことが前月よりポイントが下回った要因。

OCBCエコノミストのセレーナ・リン氏は12月のPMIがやや下落したのは、製造業の成長のペースがすでに穏やかになっていることのあらわれだと指摘。2017年通年の製造業の成長率は10.5%増と二桁成長をとげたが、第4四半期は6.2%増と第3四半期の19.2%増から大きく減速した。2018年通年では4.9%増と一桁台の減速が予想されている。

【シンガポールニュース】  11月の購買担当者指数は52.9ポイント

~Channel NewsAsia 12月4日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が4日に公表した統計によると、11月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.3ポイント上昇し52.9だった。

11月のPMIは景況感の改善と悪化の分岐点となる50を15ヵ月連続で上回わり、2009年12月以来の高水準を記録した。

電子機器部門はエレクトロニクス出力部以外の主要カテゴリーが好調だったことから、11月のPMIは前月より0.2ポイント上昇し53.5となり、16カ月連続で50以上となった。

製造業における雇用指数も3カ月連続で過去最高を記録し、SIPMMは製造業は来年に向けて好調を維持していくとの見方を強めている。

【シンガポールニュース】  9月の購買担当者指数は51.1ポイント

~Channel NewsAsia 11月2日~


購買原材料管理協会(SIPMM)が2日に公表した統計によると、9月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.6ポイント上昇し52.6だった。

9月のPMIによると、電子機器部門がやや後退したものの、非電子機器部門が好調で、景況感の改善と悪化の分岐点となる50を14ヵ月連続で上回わった。

電子機器部門は前月より0.3ポイント低下の53.3とペースダウン。調査ではビジネスにおけるデジタル技術革新の影響を不安視する声もあった。

製造業における雇用指数も2カ月連続で過去最高を記録した。

【シンガポールニュース】  5月の購買担当者指数は50.8ポイント

~Channel NewsAsia 6月2日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が2日に公表した統計によると、5月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は50.8ポイントだった。

5月のPMIは前月より0.3ポイント下回ったものの、景況感の改善と悪化の分岐点となる50を9ヵ月連続で上回わった

SIPMMによると、5月のPMI低下は、新規製造注文および輸出注文、完成品在庫、雇用の改善が鈍化したことが要因だという。一方、世界経済が先行き不透明ななか電子機器部門は国内製造業を活気づけた。

電子機器部門のPMIは前月より52.4ポイントに上昇し、2014年10月以来の高水準に達した。

ANZエコノミストのン・ウェイウェン氏は5月のPMIを牽引したのが電子機器部門の在庫循環だけであり、景況感がより改善するには他の部門での成長率上昇がカギとなると述べた。

【シンガポールニュース】  4月の購買担当者指数は51.1ポイント

~Channel NewsAsia 5月2日~


購買原材料管理協会(SIPMM)が2日に公表した統計によると、4月の製造業全体の購買担当者指数(PMI)は、前月から0.1ポイント低下し51.1だった。

SIPMMによると、4月のPMI低下は、新規製造注文および輸出注文、完成品在庫、雇用の改善が鈍化したことが要因だという。

製造業全体で27%ともっともシェアの高い電子機器部門のPMIは前月より0.2ポイント下がってして51.6ポイントだった。

SIPMMは前月の指数を下回ったものの、先行きが不透明な世界経済のなか、シンガポールの生産量は伸びを維持していると見ている。 景況感の改善と悪化の分岐点となる50を8ヵ月連続で上回わった。