【シンガポールニュース】民間集合住宅の中古販売価格が4カ月連続で上昇

~The Straits Times 6月11日~

不動産情報サービスを提供するSRX Propertyによると、5月の民間集合住宅(コンドミニアム)の中古販売価格は前月より0.5%上昇した。4月の0.8%増に続き4カ月連続の上昇となった。

5月は特に、都市中心地周辺の中古物件の価格が0.8%増と大きく上昇した。一方、都心部Core Central Region(CCR)と郊外にあたるOutside Central Region(OCR)での中古価格はそれぞれ0.1%増、0.2%増と穏やかに上昇した。

販売戸数は4月より24ユニット多い835ユニットを記録したが、前年同月(1546ユニット)より700ユニット以上少なかった。

不動産市場の専門家ニコラス・マック氏によると、今年に入ってからの中古コンドミニアムの流通市場は安定しており、特に3月から5月の間に販売された中古物件数は809~835ユニットで増減の幅が極めてすくないと話した。

【シンガポールニュース】HDB中古物件価格、9月は0.1%上昇

~Channel NewsAsia 10月6日~

10月6日にSRX Propertyが発表した最新の統計によると、9月の公営住宅中古物件価格が前月より0.1%とわずかに上昇したが、前年同月では0.4%下落したことがあきらかになった。 

タイプ別では、5ルーム物件が1.2%、4ルーム物件が0.8%と上昇した一方で、Executive Flatと呼ばれる高級物件が0.4%、3ルーム物件が1.4%とそれぞれ下落した。

9月の販売件数は前月の1,879件から減少し1,666件だったが、前年同月よりは162件増加した。

購入額の中央値からSRXの評価額を差し引いた額(TOX)は、前月のー1,000Sドルから2,000Sドルに上昇。販売件数10件以上の地区でTOXが最も高かったのはゲイラン地区で14,500Sドル。一方、アンモ―キヨ地区は最も低く-8,500Sドルだった。

【シンガポールニュース】 民間住宅中古物件、4月は販売件数が増加

~Channel NewsAsia 5月10日~

SRX Propertyの最新の統計によると、民間住宅(アパート、コンドミニアム)の中古物件の4月の販売件数は前月比17.6%増の689件で、2013年5月以来の最多を記録した。

4月の販売価格は前月比0.5%増。コア・セントラル地区とそれ以外のセントラル地区ではそれぞれ0.7%、1.2%上昇した。郊外では逆に0.2%下落した。

前年同月との比較では、販売価格が0.5%減で、販売件数は28.1%増加。

購入額の中央値からSRXの評価額を差し引いた額(TOX)は、3月から1,000Sドル上昇して-9,000Sドルとなった。販売件数10件以上の地区でTOXが最も高かったのはDistrict 20で25,000Sドル。一方、District 22は最も低く-25,000Sドルだった。

【シンガポールニュース】 民間住宅と公営住宅の賃貸料は3月も引き続き下落

~Channel NewsAsia 4月13日~

SRX Propertyの最新の統計によると、民間住宅(アパート、コンドミニアム)と公営住宅の賃貸料は3月も引き続き下落した。 

民間住宅の賃貸料は前月比で1%(前年同月比では5.3%)下落。 特に市内周辺の賃貸料は前月比マイナス1.9%ともっとも大きく下がった。市内中心部と郊外の中心部はそれぞれ0.8%、0.4%下落した。賃貸契約件数は前月比35.5%上昇し、4,331件となった。

公営住宅の賃貸料は、前月比0.1%(前年同月比では3.9%)下落した。ピーク時だった2013年8月との比較ではマイナス9.1%と大きく落ち込んだ。

タイプ別では3ルーム物件が0.8%、4ルームと高級物件はそれぞれ1.0%、0.1%下がり、・5ルーム物件は1.5%上昇した。 公営住宅の賃貸契約件数は前月比44.3%増の、2,214件だった。

【シンガポールニュース】 公営住宅の中古物件価格, 2月は0.2%上昇

~Channel NewsAsia 3月3日~

SRX Propertyの最新の統計によると、公営住宅の中古物件価格は1月から2月は0.2%上昇した。 

2月は3ルーム・4ルーム物件でそれぞれ0.2%、0.8%と上昇したものの、5ルームとExecutive Flatと呼ばれる高級物件がそれぞれ0.1%、0.7%下落した。

販売件数は前月比で6.7%減の1,200件にとどまったが、前年同月比では4.5%増加した。 しかしながら、販売額は前年同月比で0.6%減少した。

購入額の中央値からSRXの評価額を差し引いた額(TOX)は、-2.000Sドルで、引き続き評価額を下回った。

地域別のTOXで、評価額を大きく上回った地域がKallang/Whampoa(19,000Sドル)とSengkangとYishun(ともに5,000Sドル)。 評価額を大きくしたまわったのがChoa Chu Kang(-16,000S)とToa Payoh (-10,000Sドル)だった。

【シンガポールニュース】 公営住宅の中古物件価格が8ヵ月連続で下落

~The Straits Times 10月10日~

9日に公表されたSRX Property速報数値によると、公営住宅の中古物件価格が8ヵ月連続で下落したことがわかった。

9月の中古物件価格は8月から0.5%下落。前年比でも7.5%下落し、2012年1月以来、最も低水準だった。

関係者によると、昨年にローン規制が厳格化されたのが影響して、今後も価格の下落は続くとみられている。

一方で、中古物件の販売件数は1,469件と4月以来、もっとも多く、8月から10.7%増、前年同月比でも19.9%増えた。

価格が下がったことで、購入者を市場に呼び寄せた結果となったが、先月より販売件数が増えた主因としては、先月は中元節により売買が活発でなかったことが考えられる。