【シンガポールニュース】公営住宅中古物件の売買戸数、12月は前月比23.9%減

~The Straits Times 1月3日~

不動産ポータルSRXが3日に公表した最新統計によると、2018年12月の公営住宅中古物件の売買戸数は前月比23.9%減だった。昨年7月に融資限度が引き締められてから5カ月連続の減少となった。

2018年12月は年末休暇により買い手も売り手も活発に動かないこともあり、売買件数がもっとも少ない月となるが、先月は2017年12月の(20.1%減)を大きく下回った。売買件数は前年同月比9.6%減の1,434件。

不動産OrangeTee & Tieのクリスティーン・スン氏は、融資限度の引き締めなど過熱気味の住宅市況を鎮静化する政府の対策や、老朽化した公営住宅の資産価値の下落への懸念が12月の売買件数減少の主因だと分析。

不動産大手PropNexのモハマド・イスマイルCEOは, 2017年はエンブロックセールにより、市場センチメントの改善がみられたが、2018年は融資限度引き下げなど買い手にとって好材料がなくなったことが大きな違いとなって表れたと述べた。

公営住宅中古物件の販売価格は前年同月比0.3%減少した。

【シンガポールニュース】 12月の公営住宅賃貸料は前月比0.6%減

~Channel NewsAsia 1月13日~

Singapore Real Estate Exchange (SRX)の最新の統計によると、12月の公営住宅賃貸料は前月比0.6%減だった。

公営住宅の賃貸料は前年同期比4%減で、2013年8月のピーク時との比較では8.6%下がった。 

タイプ別では3ルーム物件が0.6%、4ルーム・5ルーム物件はともに0.8%下がり、Executive Flatと呼ばれる高級物件は横ばいで推移した。 12月の賃貸物件数は、前月の1,790件から1.5%増の1,817件。

一方、12月の土地無し民間住宅の賃貸料はほぼ横ばいの0.1%増で、前年同月比5.4%減だった。 地区別でみると、中央地区と中央地区周辺で1.0%上回ったのに対し、それ以外の地区では0.6%の下落となった。 賃貸件数は前月から7.0%下がり3,093件だった。

【シンガポールニュース】 公営住宅の中古物件、販売件数減少

~Channel NewsAsia 12月3日~

Singapore Real Estate Exchange (SRX)は3日、11月の公営住宅中古物件の販売件数が前月より278件減って1,467件だったと発表した。前年同月比では8.7%増加した。

11月は全体価格で0.4%上昇。4ルーム・5ルーム物件はそれぞれ0.5%、1.4%と上昇したものの、3ルームとExecutive Flatと呼ばれる高級物件がそれぞれ0.7%、0.2%下落した。 全体価格は前年同月比で1.9%減だった。

不動産大手PropNexのモハマド・イスマイルCEOは、2015年通年の公営住宅中古物件の販売件数に注目。 販売件数はこの3年間でもっとも多く、1月から11月までの販売件数は19,000件に達する。

2013年の販売件数は18,000件、2014年は17,300件で、今年はすでに過去2年を上回ったことになる。

【シンガポールニュース】 民間住宅賃貸料、9ヶ月連続で下落

~Channel NewsAsia 11月11日~

Singapore Real Estate Exchange (SRX)の最新の統計によると、土地なし民間住宅の10月の賃貸料は前月から0.4%下落し、9ヶ月連続で下がった。 前年同月比では5.7%下落した。

10月の賃貸料を地区別でみると、中央地区と中央地区周辺で0.8%下回ったのに対し、それ以外の地区では0.4%の下落となった。 賃貸件数は前月から2.7%下がり3,448件だった。

一方、公営住宅の賃貸料は前月より0.5%下落した。前年同月比では5.7%下落。

タイプ別では、3ルーム、4ルームがそれぞれ0.5%、1.2%下落したが、5ルームとエグゼクティブはそれぞれ0.1%、1.1%上昇した。 賃貸件数は前月から3%下がり1,602件だった。

【シンガポールニュース】 9月の民間住宅市場は引き続き低迷

~Channel NewsAsia 10月13日~

Singapore Real Estate Exchange (SRX)が13日に公表した最新の統計によると、9月も民間住宅市場は低迷が続いた。

土地なし民間住宅の中古物件販売数は446件で、8月の499件を下回った。9月の同中古販売物件販売数は前年同期比4.7%減だった。

9月の販売価格は8月より0.1%落ち込んだ。セントラル地区(コア・セントラルを除く)とセントラル地区周辺における販売価格がそれぞれ1.4%、0.9%下落したことが大きく響いた。一方、コア・セントラル地区では前月比2.8%増だった。

SRXの評価額に対して、購入価格が多かったか少なかったかを算出するTransaction Over X-Value (TOX) では、この6ヵ月ではじめて評価額を平均1,000Sドル上回った。

【シンガポールニュース】 公営住宅の中古物件価格は7月から8月は0.3%上昇

~The Straits Times 9月3日~

Singapore Real Estate Exchange (SRX)の最新の統計によると、公営住宅の中古物件価格は7月から8月は0.3%上昇した。

8月は4ルーム・5ルーム物件でそれぞれ1.4%、0.9%と上昇したものの、3ルームとExecutive Flatと呼ばれる高級物件がそれぞれ0.7%、0.2%下落した。

販売件数は前月比6.8%減の1,447件にとどまったが、販売額は前年比9%増となった。しかしながら、販売額は2010年5月のピーク時との比較で60%減だった。

専門家は、公営住宅の中古物件市場は「なべ底」不況の様相が続くことから、回復には時間がかかると予想している。

【シンガポールニュース】 公営住宅の中古物件価格、予想より早く上昇

~The Straits Times 6月9日~

Singapore Real Estate Exchange (SRX)の最新の統計によると、公営住宅の中古物件価格が予想より早く上昇している。

下落が続いた中古物件価格は、3月から4月に0.2%増とプラスに転じた。4月から5月も横ばいで推移。市場関係者のあいだでは、価格は底を打ったとの見方が強い。

販売件数も、今年になって増加傾向にあり、3月を除いき、前年同月比で上回った。5月の販売件数は19%増の1,575件だった。

不動産仲介業ERA Realityのユージン・リム氏は、価格の下落傾向はまだまだ続くと予想していたが、販売件数の増加したことは、買手が市場に戻ってきていることを表すと述べた。

今後の見通しとして、OrangeTreeのウォン・シャンヤン氏は、売り手による大幅な値下げはなくなり、価格はより大きく上昇すると分析した。

【シンガポールニュース】 公営住宅の中古物件価格、10ヵ月連続で下落

~The Straits Times 12月05日~

Singapore Real Estate Exchange (SRX)が4日に発表した速報数値によると、11月の公営住宅中古物件価格は、10月から0.8%下落し、10ヵ月連続で下落した。

11月の価格は過去40ヵ月で最安値となった。価格が最も下落したのはExecutive Flatと呼ばれる高級物件の2.2%減。次いで4ルームの物件が1.2%減だった。

販売件数は9月、10月と2ヵ月連続で上昇したが、11月は1,350件と下落に転じた。 市場関係者は、今年通年での販売件数も過去最も少ない17,000件と予想。

来年の見通しとして市場関係者は、価格は引き続き低水準で推移するが、販売件数は増加すると予想した。

【シンガポールニュース】 公営住宅中古物件価格、今年初めて上昇

~The Straits Times 11月07日~

Singapore Real Estate Exchange (SRX)が6日に発表した10月の公営住宅中古物件価格は、9月から0.1%上昇した。中古物件価格は今年に入り8ヵ月連続で下落しており、初めて上昇に転じた。

専門家は上昇率がごくわずかであり、市場回復と呼べる水準ではないとみている。R’ST Researchのオン・カセン氏は価格が安定化していることを強調し、SLP International Property Consultantsのニコラス・マック氏も発表された価格上昇率は統計上一時的なものだとし実感としては価格は横ばいで推移しているとコメントした。

ERA Realtyのユージン・リム氏は、昨年にローン規制が厳格化されたのが未だ尾を引いており市場回復には悲観的にみている。

事実、高級物件は9月から0.8%上昇したものの、4ルームの物件では横ばい、3ルームの物件と5ルームの物件では、それぞれ0.4%、0.1%下落した。また、10月の公営住宅中古物件価格は前年同月比では6.1%減だった。

【シンガポールニュース】 公営住宅、新築供給数を縮小へ

~The Straits Times 7月11日~

国家開発省(MND)は、需要減少を理由に公営住宅の新築供給数を縮小すると発表した。

需要減少の背景には、公営住宅の中古物件価格が5ヶ月連続で下落し、中古公営住宅の需要が高まっていることがある。

Singapore Real Estate Exchange (SRX)が10日に発表した6月の中古物件価格は、5月から0.6%下落し、前年同月比6.1%減だった。

6月の中古物件の販売件数は1,315件で、5月の1,320件、昨年6月の1,325件と比較しても安定している。

これらを受け、今年の公営住宅の新築供給数は当初予定された24,000戸から22,100戸と縮小される。特に寝室が3つ以上ある比較的広い住宅の供給戸数は18,600戸から16,700戸となる。

一方で新築供給数の縮小に対しての国民の不安に、MNDは、新公営住宅の供給戸数が、年間に新しく生まれる家族数15,000を上回っていることを強調した。