【シンガポールニュース】公営住宅中古物件の売買戸数、1月は前月比8.8%増

~The Straits Times 2月7日~

不動産ポータルSRXが7日に公表した速報値によると、2019年1月の公営住宅中古物件の売買件数は前月比8.8%増の1,560件だった。販売件数は昨年7月に融資限度が引き締められて以来、初めて前月比でプラスに転じた。

販売価格は前月よりは0.5%上昇したが、前年同月比では1.1%減となり、ピークだった2013年7月と比較すると13.9%安かった。

市場価格と比べて、取引額がどれだけ上乗せされたかを示す「Transaction over X-value (TOX)」額の中央値は先月より1,000Sドル上がり、マイナス1,000Sドルだった。

TOX額を住宅タイプ別でみると、5部屋タイプとエグゼクティブ・コンドミニアム(EC)がそれぞれ1,000Sドル、4,000Sドルと高く、広い住宅や高級住宅はより高いTOX額で取引された。3部屋タイプと4部屋タイプでは市場価格以上の取引とならず、TOXはそれぞれマイナス4,000Sドル、1,600Sドルと低調だった。

TOX中央値が最も高かったエリアは東部Pasir Risで8,000Sドルで、ついで北部Woodlandsが4,000Sドル。一方で成熟した居住区のClementiやToa Payohではマイナス8,000Sドルだった。

【シンガポールニュース】HDB中古物件価格、9月は0.1%上昇

~Channel NewsAsia 10月6日~

10月6日にSRX Propertyが発表した最新の統計によると、9月の公営住宅中古物件価格が前月より0.1%とわずかに上昇したが、前年同月では0.4%下落したことがあきらかになった。 

タイプ別では、5ルーム物件が1.2%、4ルーム物件が0.8%と上昇した一方で、Executive Flatと呼ばれる高級物件が0.4%、3ルーム物件が1.4%とそれぞれ下落した。

9月の販売件数は前月の1,879件から減少し1,666件だったが、前年同月よりは162件増加した。

購入額の中央値からSRXの評価額を差し引いた額(TOX)は、前月のー1,000Sドルから2,000Sドルに上昇。販売件数10件以上の地区でTOXが最も高かったのはゲイラン地区で14,500Sドル。一方、アンモ―キヨ地区は最も低く-8,500Sドルだった。

【シンガポールニュース】 民間住宅中古物件、4月は販売件数が増加

~Channel NewsAsia 5月10日~

SRX Propertyの最新の統計によると、民間住宅(アパート、コンドミニアム)の中古物件の4月の販売件数は前月比17.6%増の689件で、2013年5月以来の最多を記録した。

4月の販売価格は前月比0.5%増。コア・セントラル地区とそれ以外のセントラル地区ではそれぞれ0.7%、1.2%上昇した。郊外では逆に0.2%下落した。

前年同月との比較では、販売価格が0.5%減で、販売件数は28.1%増加。

購入額の中央値からSRXの評価額を差し引いた額(TOX)は、3月から1,000Sドル上昇して-9,000Sドルとなった。販売件数10件以上の地区でTOXが最も高かったのはDistrict 20で25,000Sドル。一方、District 22は最も低く-25,000Sドルだった。

【シンガポールニュース】 9月の民間住宅市場は引き続き低迷

~Channel NewsAsia 10月13日~

Singapore Real Estate Exchange (SRX)が13日に公表した最新の統計によると、9月も民間住宅市場は低迷が続いた。

土地なし民間住宅の中古物件販売数は446件で、8月の499件を下回った。9月の同中古販売物件販売数は前年同期比4.7%減だった。

9月の販売価格は8月より0.1%落ち込んだ。セントラル地区(コア・セントラルを除く)とセントラル地区周辺における販売価格がそれぞれ1.4%、0.9%下落したことが大きく響いた。一方、コア・セントラル地区では前月比2.8%増だった。

SRXの評価額に対して、購入価格が多かったか少なかったかを算出するTransaction Over X-Value (TOX) では、この6ヵ月ではじめて評価額を平均1,000Sドル上回った。